無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« 7月の更新頻度 | トップページ | 一週目終了 »

2015年7月 6日 (月)

週末の結果は共に着外

レオパルディナ

7/5  高橋康厩舎
5日の中京競馬では好スタートから先行争いを制してハナに立つ。3番手以下は離したが、やや絡まれたこともあって直線半ばで苦しくなり14着。

「いいスタートを切ってくれ、50キロと軽量でもありましたし、他の馬もあまり行かなかったのでここで下げるよりはと思い、ハナへ行かせました。ただ、2番手の馬にずっと来られてかなり厳しい展開になってしまいましたね。有力馬に後ろから行く馬が多かったので、できれば3~4コーナーで早めにスパートしていきたかったのですが、この馬場でずっとノメっていて反応が鈍く、思ったほど引き離すことができなかったです。坂路では馬場が悪くても上手に走ってくれていましたが、本質的にはキレイな馬場の方が合っていると思います。それでも直線はよく頑張ってくれていますが、坂を上がってから止まってしまったように、理想は平坦コースかもしれません。せっかくこんなにいい馬に乗せていただいたのに、結果を出せず申し訳ありませんでした」(川須騎手)

「北海道からの輸送があっても馬体はキープしていましたし、直前の追い切り内容も良かったので楽しみにしていましたが、今日は雨で荒れた馬場がかなり堪えました。展開が厳しくなったこともありますが、ノメりながら走っていたので、良馬場ならまた違ったと思います。今日は古馬一線級との初対戦ですし、決して悲観することはないと考えています。この後はまず放牧に出してリフレッシュさせてから番組を考えていきます」(高橋康師)

結果は残念でしたが、短距離のスペシャリスト達を相手にスピードのあるところは見せましたし、馬場状態など条件が少し好転すれば前進可能と思わせてくれました。この後はひと息入れて適鞍を検討していく予定です。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ペルセヴェランテ

2015/07/06 <最新情報>  -----------------

ペルセヴェランテ
 4(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。


2015/07/06 <レース結果>  -----------------

ペルセヴェランテ
 7/4(土)福島10R 猪苗代特別 1000万下(混)[D1,700m・15頭]12着[2人気]

まずまずのスタートから前に付け、道中は外目6・7番手あたりを追走、向正面なかばで先行勢の直後までポジションを上げましたが、4コーナーで手応えが鈍って後退し、後方で流れ込んでいます。

戸崎圭太騎手「あの位置取りでは前向き過ぎるところが出てしまいますね。テンから一息で行ってしまって、4コーナーではすでにハミが抜けてしまいました。前回のように砂を被ってフワフワするぐらいの方が脚が溜まるし、この馬の持ち味が活きてくると思います」

国枝栄調教師「スタートをポンと出たのは良いけど、そこから外のロードフォワードと一緒にガツンとハミを噛んでしまったからね。あれでは最後までもたないでしょう。逆に勝ったロワジャルダンはフワッと行けてるから、その違いが出てしまったようです。むしろ出遅れて馬の後ろに入れた方が良かったのかもしれません。能力が高いのは分かっているのですが、真面目過ぎるんですよね。まだキャリアが浅いですし、これから競馬を覚えていってくれればと思います。このあとは直接天栄へ放牧に出し、状態を見ながら次走を考えます」


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


まずは、両馬共に古馬混合戦初ですから、これからキャリア重ねてクラス慣れが必要かと。

レオパルディナは軽ハンデを生かす狙いで前を狙ったのは良いのですが、中京重馬場で3F33.4秒は飛ばしすぎでした(笑)
アイビスサマーダッシュなら持ちこたえていた可能性はありますがスピード能力はある程度通用するのが確認出来たのと無事走りきったのにまず安堵ですね。

リフレッシュでの回復速度次第ではアイビスサマーダッシュもありでしょうし、ゆっくりとふっくらな馬体目指すなら北九州記念か1400の朱鷺S叩いて、10月・11月の京都のOPで賞金加算も面白そうですよね。


ペルセヴェランテはサウスポーなのかなという気もしています。芝未勝利で逃げた時に楽に折り合って完勝含め3戦2勝2着1回で、右回りは今回含めて気性面で2度とも自滅ですから、まずは気性の成長を日々のトレーニングで促すのが第一ですけど、いっそのこと新潟のレパードSか条件戦→府中→中京と巡るのも一つの手かもしれませんね。

« 7月の更新頻度 | トップページ | 一週目終了 »

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)」カテゴリの記事

ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末の結果は共に着外:

« 7月の更新頻度 | トップページ | 一週目終了 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31