無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« バンディエラとの別れ | トップページ | 監督交代 »

2015年7月23日 (木)

シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討血統字面編

アルプス4連戦もまだ始まったばかり…。気合で乗り切ります。
血統字面のみを睨めっこしてのシルクさんのリストを。


◎抽選枠覚悟
○一次で埋まらなければ…。
▲惑星枠
△価格や預託先により一般候補へ
*大穴

ディープインパクト産
△ミュージカルロマンスの14 牡馬
母は7FのBCフィリー&メアスプリントを主に短距離G1を2勝。スプリンター・マイラーとディープは相性が良いが、ノーザンダンサーを全く持たないダート血統なので実馬を見てからが本音です。

○スペリオルパールの14 牝馬
ラストインパクトの全妹。母高年齢に差し掛かってきましたがシルクさんのディープ産駒では優先度最上位かも。

△ブラックエンブレムの14 牝馬
現2歳新馬2着の兄を除いて勝ち上がって重賞馬も出しているのは魅力的。全兄は500万・1000万条件を連勝。問題は価格と実績。


ハーツクライ産
△アドマイヤテレサの14 牝馬
亡き全兄が海外G1制覇。牡馬向きの晩成血統で開花する頃には牝馬特約の6歳春を迎えそうな気もしますが…。

○スーパーバレリーナの14 牝馬
ご存知ウインバリアシオンの全妹。母20歳とかなりの高齢ですがやはり外せないかな…?
ハーツクライ×ストームバードは3頭中勝ちあがり2頭AEI17.21、ハーツクライ×ストームバード系でも19頭で勝ちあがり率47%AEI4.01と首位打者レベルのニックス。


ルーラーシップ産駒
◎ナスカの14 牡馬
姉にキンカメ産駒のアロマティコがいるので相性は良さそう。ドゥラメンテからノーザンテーストとガーサントを強調した形で一代代替えさせた、社台さんの初期血統を凝縮させたイメージですね。カタログ届くのが待ち遠しい1頭です。

△アフリカンピアノの14 牝馬
ルーラーシップ×ディープは逆配合のケースだと相性の良い要素を抱えているので、牝馬ならこの馬が面白そうです。


ディーププリランテ産駒
△シルクユニバーサルの14 牡馬
ディープ後継ではなくブラックタイドに近いと仮定するならば、ダート寄りの母系はプラス。実馬のトモに迫力あればアリ。募集馬4頭共通して母系がダートタイプというのが…。


ファルブラヴ産駒
*アンソロジーの14 牡馬
ノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン共にクロス効果が平均値よりAEIを170%・229%押し上げる(それでも最高で0.94)。ただ、どちらかのクロスを持たない場合は過去5世代で重賞勝ち馬いませんので、三振覚悟でも一発狙いなら必須かも。

ファルブラヴ×サクラバクシンオーはサンプル0ですが、同じFairy King系エリシオ×サクラユタカオーでドールリヴィエールが障害OP勝ちで7000万弱を獲得。牝馬の募集馬が母21歳と躊躇する年齢なので、価格安・セン馬条件の大穴なら。


ヴァーミリアン産駒
*チャイナドールの14 牝馬
絶賛爆発中のヴァーミリオン産駒のSS3×3クロス。当たる確率は低いが初年度産駒でG3勝ち馬を排出しており破壊力はありそう。


エンパイアメーカー産駒
△アビの14 牡馬
ディープスカイの半弟だが母の産駒は以降下降の一途。アメリカンファラオの歴史的快挙で来年以降人気が上がることが予想されるので実馬を早く見てみたいですね。


キングカメハメハ産駒
△ヒカルアマランサスの14 牝馬
良血キンカメ産駒は黙って買いがセオリーですが、キンカメ×アグネスタキオンは勝ち上がり率36%AEI0.59とキンカメ平均値を大幅に下回る逆ニックスに近いかも…。実馬の出来と価格次第で。


ゼンノロブロイ産駒
▲クーデグレイスの14 牡馬
コスパが悪い種牡馬ですが、ロブロイ×ホワイトマズルは3頭中2頭勝ちあがりAEI2.41、現4歳のオメガヴェンデッタが京王杯スプリングC3着と少ないサンブルですが走っている印象です。トニービン×リアルシャダイ×ノーザンテーストもスピード持続力・パワー・底力を生み出す一流の血統ですから、価格によりますが面白い存在だと思います。


Frankel産駒
△イルーシヴウェーヴの14 牝馬
母はフランス1000ギニー(G1)を含む重賞4勝と活躍した名牝にフランケルですから期待するなというのは無理な話ですが、ミスプロの4×5は良いとして、レイボウクエストの3×4、ダンチヒの4×5クロスは私の某出資馬並みの重厚さ。牝馬にこの配合はどう出るかちょっと実馬次第ですね。


Medaglia d'Oro産駒
△ウィラビーオーサムの14 牡馬
いつもの某米国サイトを活用。評価はA+でした。
母はサンタアニタオークス(G1)を含む重賞2勝。
しかし私の知識が足りないのですが、母系の累代が清々しいまでの無名種牡馬のような…?
ただ、そのマイナーの血の奥底にはナスルーラやプリンスキロにトムフール、ウォーアドミラル・バックパサー等のメジャーな血が潜んでますので、ノーザン育成でどこまで伸びるか楽しみではあります。

一応Medaglia d'Oro×フォーティナイナー系ではレイチェルアレクサンドラがいますが流石に類似配合とは言いたくないですね(苦笑)


« バンディエラとの別れ | トップページ | 監督交代 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討血統字面編:

« バンディエラとの別れ | トップページ | 監督交代 »