無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討血統字面編 | トップページ | 足踏み »

2015年7月25日 (土)

監督交代

バリバリッチ前監督、昨年チームが難しい状況の中監督を引き受けて守備の構築をしていただきありがとうございました。そして1年間という短い期間でしたが、コンサは色々な面で厳しい環境ですが監督業を続けていただきお疲れ様でした。


ただ、今ここで書くと後出しジャンケンになってしますのですが、実はツール観戦と募集馬検討を優先して書くことが出来ませんでしたが、チーム状況考えると選択肢は2つかなと当時考えていました。


1つはFW補強です。あの時点でコンサは3-4-2-1の1トップ2シャドーのみで試合に臨み、トップに一度当ててからという攻撃が多いデータで、ナザリトをトップに置いても相手CBが好き放題パス繋げれるだけでしたので、結果攻撃時間が少なくなり都倉に取って代わられるのは必然だったかもしれません。

そして彼のような得点感覚が優れていて、ハイボールが収まりチェイシングもかけ続けられる選手はJ2で滅多にいませんが、彼が負傷やコンディション不良で離脱した時とシャドーの位置に入った時の攻撃の停滞感が酷かったのでバルバリッチ前監督はターンオーバーに積極的ではありませんでしたけど代わりの選手は必要だったと思います。

上記の3つの要素を兼備えた選手をシーズン中の移籍ウインド期間中で探すのはほぼ無理でしょうから得点感覚には目を瞑り、ターゲットマン色を濃くした具体的には鳥栖の山崎選手や松本の棗選手みたいな出場機会に乏しいJ1の選手のローン移籍は個人的にはアリだったかなと。


そして、もう1つが強化部と一致しましたが監督解任でした。バルバリッチ監督は守備の構築に優れて手腕も確かなのですが愛媛時代から言われていた就任前半は良いが慣れられると打開の引き出しが少なくなるのが現実になった格好ですね…。

本人は元々攻撃志向だったのですが、昨年就任直後にオーソドックスの4-4-2試してボコられたのが根っこに突き刺さったのか、DF出身としてのリアリストでもありますので3バックで上手くいった結果キャンプでも1つの戦い方に偏ってしまったのかな? と。
2節前の讃岐の監督にブロックで遅攻引っ掛けてカウンター狙いの完勝と断言されちゃいましたからそういうことでしょうね…。


さて、後任の四方田監督ですがコンサのリーサルウェポンと言えるでしょう。サッカーの取り巻く環境はどう足掻いても関東圏・関西圏のチームには負ける(獲得できる選手の範囲と練習試合相手の豊富さ)中、高円宮杯U-18準優勝1回・プレミアリーグEAST第1回優勝・Jユースカップ優勝(北海道勢全年代で初の全国優勝)まで引き上げたユース世代日本屈指の名将にして、元日本代表岡田監督のスカウティングも務めたコンササポには一度トップで見たいという方が多かったでしょうし、駄目だったら…なんて想像したくない禁断の果実でもありますね。

シーズン途中の就任で難しいのは確実ですが、2011~2013年にトップチームVSUー18が4勝5敗2引き分けというトップチームが混成チームとはいえ笑うしかない戦績叩き出したメンバーが今のトップに多数在籍していますので、ゆくゆくは彼等が慣れしたしんだ4-4-2のボックス型でのユースっ子黄金パターンに都倉・前俊が絡めば…と信じたいですね。特に前俊。

« シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討血統字面編 | トップページ | 足踏み »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは
バルバリッチ監督、シーズン前半は良かったんですがね…。嫌いな監督じゃなかったんで頑張ってほしかったんですが、成績を考えると仕方ないですね。
四方田監督は私も見たかった監督なんですが、彼にはまだまだ札幌で力を発揮してほしいので、成績が振るわない→解任、という流れで札幌を去ることにはなってほしくないですね。監督交代後の初戦は残念でしたが、これからどう立て直すのか手腕に期待したいです。

picotさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
バルバリッチ監督の速攻思考は、私もコレクティブカウンター好きですので嫌いじゃなかったのですが、結果的には都倉頼みでそのルートをブロックで遮断された際、同時に上がったWBのスペースを突かれる欠点が浮き彫りになったのを修正出来なかったことと、強化部が挙げていた人材を生かしきれなかった=固定化しすぎていたのは否定出来ません…。

四方田監督は例え結果が着いてこなくてもなんとかチームに残してほしい札幌の宝ですね。願わくば都倉とナザリトの併用という誘惑には軽く試す程度で深入りしないことを祈ります。まさかあそこまで合わないとは(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監督交代:

« シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討血統字面編 | トップページ | 足踏み »