無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ヴィーヴル引退していました+カウントダウン | トップページ | シルクホースクラブ様2015度募集馬厩舎・価格発表 »

2015年8月 8日 (土)

一歩前進?

今月のスカパー無料の日で再放送されていた京都戦を見ずに、本日の結果をオフィシャルで確認したのですがこれだけ(20本)もシュート撃って0点、内2本はバー・ポスト選手のブロックというある意味切ないですね。
ただ、今までのデータで気になっていた1トップの都倉へのハイボ-ル跳ね返され続けると即終了の状態から、今回の2トップで前線の関係性が徐々に良い方向に流動化しているのは一歩前進でしょう。

しかし、開幕前のスタメンメンバーと四方田監督就任後のメンバーの変わりっぷりは、野戦病院化したとは言え凄まじいですね。飛躍したのはソンユンで1.5軍参加とはいえまさかA代表選出は予想された方誰もいないでしょう。残ったのが彼と福森・稲本・内村・都倉と半分以下で、残りは道産子高卒とユースっ子が枠を奪う(奪い返す)のは予想外でした。


堀米はルーキー時代に副キャプテンに選ばれる位の期待値はありましたが、謙伍の怪我で不動の存在になりましたね。前兄弟も兄貴之は右WBで荒野とポジション争いの予想をしていましたが、彼の代表遠征で代役勤めてからはそのポジションでも右CBでも使える事を示したのはチームにとって大きいです。弟の寛之も初スタメンでゴールを決めてから完全に主力の一員となり、兄弟の特徴であるU-18時代にCMFとして磨いたFKも蹴れるレベルのキック精度の高さは飛び道具としても、サイドチェンジの発射台としても期待が高まりますね。

最後に蛇足かもしれませんが、奈良…早く帰ってきたほうが良いよ…。J1シーズン中にU-22選抜4試合出場、CB序列がSB兼任選手も入れて5番手な現状だから、ブーイング覚悟でも出戻って一からCBのポジションを奪いとって試合勘を取り戻したほうがいい。

« ヴィーヴル引退していました+カウントダウン | トップページ | シルクホースクラブ様2015度募集馬厩舎・価格発表 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一歩前進?:

« ヴィーヴル引退していました+カウントダウン | トップページ | シルクホースクラブ様2015度募集馬厩舎・価格発表 »