« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

シルクホースクラブ様2015年度募集馬第一次応募

昨年から合わせて4回のドラフトで一番悩んだ結果が下記の通りです。

9月25日時点までのもの
6 シルキーラグーンの14

1400口以上
2 ブラックエンブレムの14
37 ペンカナプリンセスの14

500口以上
13 シルクユニバーサルの14
44 フサイチエアデールの14


追加馬
900口以上
42 ナスカの14

750口以上
58 クーデグレイスの14

500口以上
62 フィロンルージュの14

300口以上
55 デイトユアドリームの14

250口未満
57 アビの14


以前の記事に掲載した選択肢2つで①の人気牡馬に突貫という結論になりました。
バレバレでしたが、②の最高額馬ミュージカルロマンスの14に8・9割心動いていました。ただ、予算が多くなく来年キャロットさんの×2カードを所持している状態で、早生まれでピッチ走法っぽい身体のディープ産駒がどうしても引っかかってしまい…ですね。育成・先生共に最高レベルなのは分かっているのですが…。


①の血統字面候補本命だったナスカの14が5月生まれの成長と大変厳しい抽選を潜り抜けるのを期待しつつ、抑えとしてツアーで評判で再輸出が決まったエンパイアメーカーの貴重な産駒のアビ14を申し込みました。

他の3頭はダート馬で安めな仔達ですね。クーデグレイスの14・フィロンル-ジュの14は正直厳しい倍率ですが、隠し玉候補デイトユアドリームの14は何とかとおればですね。


抽選対象馬は私の実績ですと抽選枠に回りますから、シルキーラグーンの14とアビの14を確保できて抽選で1・2頭確保できれば目標達成でしょう。

2015年9月26日 (土)

応募馬1頭追加と今後の戦略は…。

超人気馬であるブラックエンブレムの14は昨日応募を済ませており、現時点で5頭となりました。ただ、シルキーラグーンの14以外は実績で外れて抽選濃厚ですから4頭の内取れて1頭で抽選全滅でもおかしくないでしょう。
そして、迷っていたデイトユアドリームの14はダート牝馬という頭打ちになりやすい条件ですが、好みに逆らえないのでこの仔も一次でいく可能性大で、抽選は回避されるでしょうね。

そうなると、牡馬0頭牝馬2頭という昨年以上に牝馬主体かいという声が聞こえてきそうですから、牡馬1頭申し込みたいといきたいのですが、何と言いますか今年のシルクさん牡馬ではアベレージタイプの仔少なそうなんですよね…。安心ブランドのキンカメ・ダイワメジャーが牝馬のみですからね。まぁ、様子見出来そうな馬からぐっと良くなった仔を出資すればある意味確実ではありますが。


現時点は2択です。
①人気牡馬に突貫→血統配合派ですが眼を瞑ってプチノワールの14か、遅生まれの成長に期待の血統字面では本命だったナスカの14どちらか。

②一番高くてマッスルな仔に挑む→以前の記事でダートでもやれそうと書き今でもそれは変わりませんが、距離がマイルまで持つか微妙。スプリント路線1択だと来年カナロア産駒2頭買った方がOPクラス目指せる気も。

募集馬検討会終了後に最終中間発表の情報流れるでしょうからそこでの流れで…でしょうね。

2日連続の…。

ペルセヴェランテ

2015/09/25 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄 調教内容:休養中 次走予定:未定 天栄担当者「左トモの飛節が腫れてきて、歩様にも出すようになったので、レントゲン検査をしたところ、脛骨外顆に骨折が見つかりました。最近はずっと軽めの運動でしたので、それで骨折するとは考えにくく、もしかしたら外傷を負った時にヒビが入っていたのが、今になって寝起きなど何かの弾みで開いてしまったのかもしれません。最初は歩様にも出さず腫れもなかったので、骨折だとは気が付きませんでした。申し訳ありません。改めて詳しい検査を行い、手術が必要かどうか判断します」馬体重521㎏

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


2ヶ月トレッドミル調整した後の検査で骨折発覚は流石に…。
2日連続枕を涙で濡らします。

2015年9月25日 (金)

キャロットクラブ様2015年度1.5次募集結果

この度は2015年度1歳馬 1.5次募集にお申込みいただきありがとうございました。
1.5次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

33.ケイティーズジェムの14          1口   一括   ×    

※左より「募集馬名」「お申込口数」「お支払方法」「当落」「キャンセル待ち番号」となります。
「当落」は○が出資可能となります。(×は落選となります。)
「キャンセル待ち番号」は対象者のみ表示しております。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


売られていく子牛の気持ちで再度枕を涙で濡らせます。
2連敗でコンサドーレのプレーオフ出場ほぼ絶望(残り試合<勝ち点差の為)といい、最近良い事ありませんね。

2015年9月24日 (木)

シルクホースクラブ様2015年度募集馬出資申し込み暫定版+キャロットクラブ様1.5次

現時点で既に申し込みしているのは以下の4頭です。

250口未満
6 シルキーラグーンの14

500口以上
37 ペンカナプリンセスの14

300口以上
13 シルクユニバーサルの14
44 フサイチエアデールの14


うん、下3頭は取れる気がしませんね。ですので、隠れ本命候補を擁立しなければならないのですが、1番高い仔か戦場が狭い牝馬ダートの仔を好みの問題と押し切って突き進むか…うん、金額段違いですね。


そして、最優先落選者の特権であるキャロットさんの1.5次募集は33 ケイティーズジェムの14に。シンボリクリスエス牝馬・早生まれ小柄と別の意味で揃っていますが、BMSディープ牝馬という昨年頼ったパターン。

2015年9月22日 (火)

シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討 関西馬DVD編

今回で過去を振り返る時のメモ代わりに作成していた14年産雑感の終了です。
3歳夏を終えたときどうなっているか、活躍する仔が続出していればですね。


・ミュージカルロマンスの14はやはりディープの柔らかさより力強さ感じますね。お母さんの現役時代のレースを見たことないのですが、ダートのマイル前後で重賞路線参入してもおかしくないような。牝馬に関しては最安馬が小さすぎて様子見出来そうなので変わり身に期待かなぁ。
・ヒカルアマランサスの14は、キンカメ歴短い私でもうんキンカメだねと。予算次第でしょうか。
・ステゴ産駒は両方とも良く見えますよね。父得意厩舎だが過去の配合パターン最悪2つ持ちのプチノワールの14と、母年齢が前者より高く過去のステゴホームラン級配合からは外れているが確実性が高そうなペンカナプリンセスの14、正直申し上げますと好みの問題ですよね(苦笑)


・ハーツクライ牡馬のクレバースプリントの14は上の成績が壊滅的だから1800万という格安価格かもしれませんが、悪いようには見えず…。相馬能力無いので単なる想像ですがBMSサクラバクシンオーのスピードがダートでも発揮出来ればコツコツ頑張りそうな気も。
牝馬の方は良血揃いですのでここから良くなりそうですけど、一次で消えそうですからね…。

・ナスカの14は同価格帯のペンカナプリンセスの14と比べると…になりますが、遅生まれで更にまだ小柄ですから比較はアンフェアかもしれませんね。ただ、250口突破しているので未来を信じる必要はありそうですが。
ルーラーシップ産駒でも牝馬のフサイチエアデールの14は母高齢出産ですが、素人の私が見ても小気味良い歩様に見えますね。ただ、尻尾を振っているのか振り回しているのか素人の私には判別できません…。


・ディーププリランテ産駒のナイキフェイバーの14は、後ろがやはり魅力的ですよね。今回シルクさんは遅生まれの仔が面白い素材集っている印象です。
・ヴィクトワールピサ産駒のベルベットローブの14は写真はSUMOレスラーっぽいですが、歩きはそこまでは。ただ、兄弟の戦績考えてダート進む確率高そうですが。
・ファルブラヴ産駒はちょっと難しいですね。父の特徴の硬いのはよしとして、成長した姿みないと難しいですね。
・ワークフォース産駒のレースドールの14は、意外と脚がもう一伸びするような。ヌレイエフ≒サドラーズウェルズクロスから発生するSpecial5×5×6継続クロスが面白そうですし様子見候補でしょうか。
・ゴールドアリュール産駒のデイトユアドリームの14はもうこれは好みとしか言えないんでしょうね。種牡馬性別実績では逆張り、好馬体とは言えないとマイナス要素が簡単に上がるんですけど、歩きが何となく好き。一次からいくか様子見するかまだ決めてはいませんが候補リスト入りですね。


・ジェイズミラクルは昨年キンカメで今年は地道に走るクロフネに。仔だしはムラがあるので、私には難易度高いので様子見からかと。
・ダービー馬の弟であるアビの14。最近人気急落と思いきや某クラブさんでは最優先抽選とイマイチ読めないエンパイメカー需要。歩様は上品そうに見えるのですが問題は価格。
・ロブロイ牡馬で1800万? の理由が膝の治療関係していそうですね。配合パターンは良さそうでしたが…。
・不人気臭が感じられるタートルボウルですが、欧州では一年目からG1馬排出。一次から申し込むのは…ですが、坂路調教である程度追うまで残ればでしょうか。


・牡馬だったらなと溢したくなるアイルハヴアナザー産駒のフィロンルージュの14.身体も歩きもダート色濃いですから、出資希望者の願いは早い内に勝ちあがって牝馬交流重賞目指すか、地道に上級条件で稼ぐのを希望するかでしょうか?
・フランス1000ギニー馬にフランケルで3000万はオカシイだろと総ツッコミのイルーシヴヴェーヴの14でしたが、写真見て大きすぎだと更にツッコミというオチが。昨年の出資馬と同じ浪漫溢れる配合ですから、日本での走りも期待はしたいのですが。

2015年9月21日 (月)

シルクホースクラブ様2015年度募集馬検討 関東馬DVD編

ラグビーの記事が新聞で出ると何故か無性に見たくなるんですよね、この動画。
ttps://www.youtube.com/watch?v=8eGCsEQ15L4&feature=related
ttps://www.youtube.com/watch?v=bKfJqdxrw98


・エレンウィルモットの14はディープらしくないむっちり感からなのか弾けそうな瞬発力よりSUMOレスラーのイメージが(素人の錯覚です)。ブラックエンブレムの14は正直分からないですが、血統的に変わり身十分ですから人気するのは頷けますね。
・ステゴ牝馬は個人的に一度敗北しましたので、積極的に買いとまではいかない…でしょうか。
・ハーツクライは上位厩舎力を取るか、遅生まれの成長力に賭けるかですね。
・アイルランドフランスの14は面白みありそうなんですけど、一次で攻めるか決心つかないが本音です。
・ルーラーシップ産駒は、関西馬の方が好みです。


・レディドーヴィルの14はダイワメジャーらしさがあってコツコツ楽しめそうなイメージでしょうか。
・ディーププリランテ産駒は牡馬・牝馬とも好印象でした。牝馬の方が人気の盲点になりそうですね。
・キンシャサノキセキ産駒は牡馬がトップクラスの厩舎力で勝負するか、牝馬は牛っぽいイメージですがトモの迫力通りの歩きに賭けるかでしょうか。
・ルシルクの14はダートに向きそうな力強さかなと。一番仔・二番仔がダート進んでますので、種牡馬が内包する血を素直に出すお母さんかもしれませんね。
・ファルブラヴ産駒は育成待ちかなと。
・シャンパンマリーの14もパワータイプでしょうか。ただネックなのが父ワークフォースに対してBMSタニノギムレットでスピード不足に陥るのか、母系のダイナカールが下支えしてオペラハウス産駒の近親5勝馬(OP)ファントムライトのように活躍するか、ちょっと予想は難しいですね。


・ピーチブローフィズの14は大柄ながらパワータイプっぽくない歩きを信じるべきか、ハービンジャー×シンボリクリスエスで使いつつ3歳夏の覚悟のリスクを取るかかもしれません。
・ブロードアピールの14はなんとなくですけど、ガクンガクンと歩いているように感じてしまいますね。私の気のせいだと思うのですが…。
・期待していたエンパイアメーカーの東部門セントルイスガールの14ですが、3200万となるとちょっと考えてしまうかなと。
・ヴァーミリアン産駒のチャイナガールの14はダート馬…じゃないですよね、この動きは。育成待ちでしょうか。
・カンパニー産駒というよりシャルマンレーヌ色なのでしょうか。お姉さんである出資馬も首の付け根や背中が妙に弾んでいたなぁと。
・ダノンシャンティのアンティフォナは、ちょっと某クラブさんの比較対象になってしまうのがマイナスですが、速攻が決まればですね、やはり。


・ローエングリーン産駒は勉強不足ですので、カタログでもそうでしたけどちょっと難しいです。
・東の持ち込みターシャズスターの14は浪漫枠ですね。正直、芝では怖いと思います。3つ上のお姉さんはダートで交流重賞勝ってますがここまで大きくないので、ギリギリまで様子見して仕上がればかもしれません。

2015年9月20日 (日)

シルクホースクラブ様2015年募集馬検討 カタログ雑感

マイアミの奇跡を超える「ブライトンの衝撃」は、ラクビーを少し見たことある方なら想像出来る筈のありえない出来事でしたね。見も蓋もない言い方なんですが、ブックメーカーのオッズが1倍:34倍という元返し状態ですからで察してくださいと。兎も角ラクビーファンの皆さま、今日は休日ですから思う存分美酒を味わってくださいね。


本題に移ってのカタログ一通り見た雑感です。
・ディープ牡馬はらしくないレベルのマッチョさ、牝馬はトモの薄さ感じますが、昨年のタイムレスメロディ(アコーティクスの13)のように夏に一変の可能性ありますので、今回不参加ですがツアーが最終判断ですね。
・キンカメ産駒は一頭ですが、良さそうに見えますね。
・ハーツクライ産駒は気のせいかもしれませんが、高い仔より低価格路線の仔が惹かれるような…。
・ステゴ産駒は関西牡馬が既に250口超えは納得ですね。ただ、片方がHaloクロス・ミスプロ持ちという重い十字架が…。
・マンハッタンカフェは、某クラブさんと同じく三振かホームランの香りが。


・新種牡馬のルーラーシップはアベレージ高いかもしれませんね。
・ダイワメジャーは牝馬のみなのは残念ですが、コツコツ走れそうな印象です。
・ディーププリランテ産駒は某クラブさんより好みの仔が揃っていますね。
・キンサシャノキセキは、なんと申しますか特徴ある馬体ですので、面白みはありそうな。
・ヴィクトワールピサ産駒は…う~ん、ダートかなぁ。


・ファルブラヴ産駒は動きみないとゴツイとしか言えません。
・ワークフォース産駒は、初心者の私には難しいというのが率直な感想ですね。母系にスピード血統入れてからがスタートですし。
・ハービンジャーもちょっと難しいですね。
・ゴールドアリュール産駒は牡馬買いがセオリーですが、今回は牝馬の方が良く見える気がするのですが(汗)
・クロフネは、牡馬でこの値段なのは…でしょうか。


・エンパイアメーカー産駒は好みです。ただ、ステゴ牡馬やディープ牝馬と似た値段ですので悩みますね。
・ヴァーミリアン産駒は値段考えると面白そうですよね。
・カンパニーは白旗です。晩成血統ですし、写真みても難しいとしか。
・シンボリクリスエス産駒は、特徴の馬体○欺色が薄いですのでなんとも。
・ダノンシャンティは速攻が出来そうな印象ですね。

・ローエングリン、タートルボウル共にちょっと初心者泣かせかも。私には判別難しいです。
・ゼンノロブロイ産駒は、何故にこの父で既に250口と思ったら見栄えして1800万ならチャレンジしたくなりますね。
・アイルハヴアナザーは、清々しいまでのダート色が逆に安心かもしれませんね。
・持ち込み2頭は馬体よりその大きさに。ダートで行けそうな雰囲気もしますが、まだトモ高なのはやはり怖いです。


まず、目を引いたのがミュージカルロマンスの14ですね。ディープ牡馬なのに既にこの迫力ですから、セール出したら1億超えそうな印象でした。
他にぱっと見で印象に残った仔は、軒並み250口突破で実績足らずの抽選濃厚なんですよね。フィロンルージュの14はダート牝馬でこの人気は予想外でしたが、1番仔が既に2勝で8歳3番仔という走り頃が1口3万というお値打ち感はやはり魅力的ですし。

ステゴ牡馬の2頭は、プチノワールの14が相性極悪要素2つあるがトモは立派で、ペンカナプリンセスの14はバランス良く見える馬体だが前後にもっとメリハリ出来れば更に…の印象で、予算的にも片方だけですから悩みますね、抽選必至ですけど。


2015年9月19日 (土)

キャロットクラブ様1.5次募集馬候補

全滅の報から一夜明け、ロードアルティスタも5着で中央抹消決定退会カウントダウン1と、一口初心者の不勉強を改めて身に刻みましたが、次に切り替えます。

1.5次募集は候補馬がいまして、ドラフト10番目相当だったのは「シンボリクリスエス牝馬」で躊躇したあの仔です。見学時メンタル面で興味深い話がお聞き出来ましたので、復活戦に賭けたいと思います。


応募ほぼ決定馬
ケイティーズジェムの14

思案中
リュヌドールの14→最優先でハーツクライ牝馬申し込みの為見送り
マイティースルーの14→隠し玉候補とタイプ被る為回避

様子見
クレヨンルージュの14→厩舎人気ないんですかね…。年内は様子見出来そうな気配です。
エンシェントヒルの14→成長待ち。
カスタリアの14→格安の値段で1勝出来れば楽しめそう。後は厩舎のクラブ成績が…。
インパクトゲームの14→格安小柄牝馬カテゴリー。成長次第でしょう。
ヴァリアントレディの14→成長待ち。
キャンパスライフの14→ラストクロップのファルブラヴですが牡馬。配合イメージは○
メジロジョーンズの14→成長待ち。


2015年9月18日 (金)

キャロットクラブ様2015年度募集馬1次結果

結果は以下の通りです。

この度は2015年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

 1.フラニーフロイドの14           1口   一括   ×    
 2.ジンジャーパンチの14           1口   一括   ×    
11.キューの14                1口   一括   ×    
21.スターペスミツコの14           1口   一括   ×    
38.カラベルラティーナの14          1口   一括   ×    
46.リリサイドの14              2口   一括   ×    
66.ウ゛ァイスハイトの14           1口   一括   ×    
68.ベネディーレの14             1口   一括   ×    
79.ブルーメンブラットの14          1口   一括   ×    

※左より「募集馬名」「お申込口数」「お支払方法」「当落」「キャンセル待ち番号」となります。
「当落」は○が出資可能となります。(×は落選となります。)
「キャンセル待ち番号」は対象者のみ表示しております。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


うん、笑おう。
隠し玉候補だったヴァイスハイトの14は抽選落選報告見かけませんので、どの割合の落選カードを引いたのか気にはなりますが、今日は枕を涙で濡らせつつ明日以降のシルクさんの検討に切り替えなければ…でしょうね。

2015年9月15日 (火)

記録的な大逃げ

ロード観戦歴短い私ですら「異常」と言いきれる、プラサの120kmアウターギア(重いギア)のみ使用でアタック1人逃げ後続完封という凄まじいものを見せていただきました。勝利した本人ですらいかれたと言い切ってますから、あの日は神がかっていたとしか表現できません。第20ステージおめでとうございました。

総合争いはマイヨ・ロホが最後1日で勝利の女神が逃げてしまいましたね…。ジャイアント自体がスプリント・TT仕様のチームですから、クライマーのアシスト・エスケープからの合流作戦を取れなかったところで、アスタナとカチューシャの利害一致のフルボッコモードに陥落でした。特に3つ目の下りで何とか粘りきっていたところに、アスタナのアシストが体育座り待機エスケープから降りての合流後の鬼引きで一気に40秒差ついたところで心が折れて、まさかの首位から6位に転落…。デュムラン来期はどうするんでしょうかね。実質アシストなしでここまで戦えたのは事実ですから、シマノが総合系にチームカラー変えるかあくまでキッテル中心のスプリント中心を動かさず結果移籍なのか。


最終日はパレードなので変動なし…と言いたいところですが、ポイント賞がホアキンとバ師匠の差が2しかないので、モビスターガチで狙いそうですね。

2015年9月13日 (日)

終盤戦

キャロットさんの方も一段落着きましたので、終盤戦のみですがブエルタ視聴でまったりとしております。スカイの連日のトレイン集団で押し切った感のあるツールと違い、ブエルタは大接戦で秒を取りに行く動きが熾烈ですよね。正直なところ、シマノの選手が終盤でトップ走っているのことに、ロードレースの世界に疎い私でも違和感が。スプリントとTTに強い印象しかないんですけど…。一日遅れの視聴で録画消化出来るまで後2ステージですが、のんびりと楽しみたいですね。


そして、13試合ぶりの勝利のコンサドーレ。トンネル脱出まで本当に長かったですね。四方田監督就任後、直近の3試合のシュート数、その中でもon targetが4・6・4と何故これで無得点と苦笑いするしかありませんのでしたが、今回の複数得点が1つの峠越えとして突き進んでほしいですね。プレーオフ進出まで残された試合は11しかないのですから。

2015年9月11日 (金)

web公開開始

シルクさんのカタログ電子版が本日より公開されました。が、1頭除いてキャロットさんのドラフト結果後にチェックする予定です。

例外の1頭がフランケル産駒のイルーシヴウェーヴの14ですが、トモの迫力はありそうですね。坂路調教で前が出来上がってくれば面白そうかなと。様子見出来なさそうですが…。

2015年9月10日 (木)

キャロットクラブ様2015年度第1次募集馬出資申し込み馬

今日の検査は以前通院していた東京の病院時の機器と違っていたので、妙に筋肉攣りそうと言いますか。ベッドが回転しないので変に力入りましたね(苦笑)


さて、本題の出資申し込み馬についてですが、以前シルクさんのキャンセル馬の記事を見ていただいた方は想像ついたかもしれませんが、今回も弾幕型です。
最初は少数馬を仕留める狙いでしたが最優先馬が×1なので確率20%強という洒落にならない倍率になりましたので、落ちる馬多数を想定して3頭引っかかればラッキーの方針に。


最優先 46 リリサイドの14
一般   11 キューの14
     21 スターペスミツコの14

これに加えたのが以下の仔達です。
一般
1 フラニーフロイドの14
2 ジンジャーパンチの14
38 カラベルラティーナの14
66 ヴァイスハイトの14
68 ベネディーレの14
79 ブルーメンブラットの14


以上6頭追加です。

フラニーフロイドの14はDVDと牧場見学で評価下げたのは否定しません。そこで「ギャンブルで一般もあり」と書いた通り、カタログナンバー1番ということと血統配合自体はディープ向きのBMSっぽいですから、これからの変化に賭けたいと思ってです。抽選難易度はそこそこ厳しめかな?でしょうか。

ジンジャーパンチの14は、ディープ産駒で一番の好みですので申し込みました。最優先で消える可能性100%に近いですけど。
カラベルラティーナの14は最優先で消えないと思うのですけど大抽選会必至でしょうね。当選確率一桁かと。

ベネディーレの14は最優先で消えるか一桁前半の抽選というまぁ無いなという確率でしょう。
ブルーメンブラットの14は出だしが案外でしたので、元々最優先候補だったことから野球のドラフトの外れ1位という思いで応募しました。その後人気出てきましたが当選確率はリリサイドの14以上フラニーフロイドの14未満辺りですかね。

ヴァイスハイトの14が隠し玉候補でした。今年は牝馬はハーツクライ・ルーラーシップが似た価格帯にいましたので隠れ蓑になってくれたのが幸運でしたね。2次以降も残ってくれればが本音ですが、ここは1頭確保しないと全滅もあり得ると転換し、活力ある母系に4月生まれのノビシロ、関西上位の厩舎と揃いましたので応募しました。


キューの14・ヴァイスハイトの14が当選し、低確率抽選リリサイドの14・フラニーフロイドの14・ブルーメンブラットの14から1頭が当たればほぼ完璧のシナリオでしょうね。極少のスターペスミツコの14・カラベルラティーナの14は私が3Pシュート3連続で決める級の幸運必要でしょうからはこれはもう(笑)

2015年9月 9日 (水)

ノルマンディーオーナーズクラブ様 カタログ雑感

キャロットさん終わったーと思ったらノルマンディーさんのカタログが到着していました。
DVD無しは残念ですが、バインダーに紙媒体を入れ替える形式だと、カラー本を年数回刷り上げるよりコストダウンになりそうですね。

雑感になりますが、40口出資はなしですので100口・400口のみ、そして厳しいですが同時期募集なのでシルクさんの価格帯が比較対象になります。

・キョウエイトルースの14とクイーンナイサーの14は良い馬だと思いますが、1口72000円、64000円だと早期一括使わないなら、前者はハーツクライ牡馬、ヴィクトワールピサ牡馬(兄がG2を2着、姉が2戦目勝ち上がり)、ディープ最安牝馬と、後者はディープ以外の牝馬殆どに牡馬もトップ3種牡馬以外はだいたい購入可能で、ノーザンさんの育成と比較してどうかでしょうね…。

・キタノシラユリの14は綺麗に見えますね。上記と同じく育成は…となりますが、預託先が私が以前から気になっていた高橋義忠先生ですのでかなり気になる存在ですね。

・牡馬、牝馬の安馬比べでは、好みですがマルカデスティニーの14に。しかしメイショウボーラー×SSは9頭中勝ちあがり0AEI0.06、メイショーウボーラー×SS系でも勝ち上がり率22%AEI0.22という凄まじい逆ニックスなので買うのは勇気いりますね(苦笑)

・唯一の北海道デビューになるロージズインメイ産駒のタニノジュレップの14は良く見えます。コロナドズクエストとの組み合わせは0ですけど、ロージズインメイ×ミスプロ系は中央で勝ち上がり率44%でAEI1.67という数値を叩き出しており、100口募集ですので割高ですが早期始動してフレッシュチャレンジで良いレースが出来れば…ですね。

演目終了

以前TVで特集していたマーチングバンドの金賞発表の前という感じの、熱気を帯びたキャロットさんのドラフト合戦が終了しました。

さて、×1最優先で投票した仔の終了日前日最終集計(9月8日17時30分時点)
46番 リリサイドの14 1077口 657口

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


うん、これ最終的に応募総数2倍じゃきかないでしょう。某所で×1抽選の当選倍率5倍前後と囁かれてますので、×2確保だ~と前向き志向にします。
恐らくですがキューの14はそんなにキツくない抽選、追加投入した隠し玉はほぼ確実、その他バラまいた弾薬は1発命中すればいいかなと。

ここで複数クラブ制採用が効きそうですね。ダメならシルクさん→ノルマンディーさん含めて4頭以内に抑えて上位候補獲得なら大成功ですから。

2015年9月 8日 (火)

キャロットクラブ様2015年度募集馬 第一次応募完了

昨日まで悩みに悩みましたが以下の結論となりました。

最優先 リリサイドの14
一般 キューの14
    スターペスミツコの14


最優先は「俺王様」トゥザヴィクトリーの14のサイズリスク、「お転婆娘」リリサイドの14のメンタルリスクと欠点はあるが各性別での一番の素質馬と見込んだ2頭に絞りましたが、金額面でちょっと踏み込めないかなと判断して牝馬としては高めですが、最悪×2貰えると判断して後者を選択しました。

一般のキューの14はお兄さんに続いての戸田先生で個人的に好感持っていること、こちらも大きいですが早めの馴致から、徐々に余裕のある腹回りを絞って緩さのあるトモに芯が入れば夏始動もありそうですから選びました。

スターペスミツコの14は正直一般では難しいと考えています。私自身最優先にもってくるか悩みましたし。ただ、朝の時点では一般候補に回した方多かったのでダメ元で投票しました。夕方の最終発表で最優先決着、もしくは大抽選会必至になった場合、一般応募を追加する予定です。

2015年9月 6日 (日)

キャロットクラブ様2015年度募集日帰りツアー9月4日 ノーザンファームY11&12さん

このステージで終了となります。


46 リリサイドの14

Dscf0190_e

Dscf0191_e

Dscf0221e_e

Dscf0222_e

Dscf0223e_e

Dscf0226e_e

超がつく程の人気馬で一番馬を最初に見るとその後に見ていく馬の判断が難しくなると実感しました。
撮影ミスは、やはり囲まれた状況だとどうしても増えてしまいますね…。

ここでもN氏のお言葉を伺えたのですが、「良い馬は瞳の力でこちらに訴えかけてくる」で、この仔も眼力半端なかったです。
精神面はまだまだ子供ですが、馬群の中をを割って入るレベルの勝ち気さの持ち主とのことでした。
その気性だとやはりマイルまでですかと質問したのですが、これだけの馬ですから何とか育成で教え込んでクラシックに載せたいとの回答で、牧場の期待度は計り知れないですね。

個人的な牝馬一番馬はこの仔ですが、俺王様のトゥザヴィクトリーの14もそうですが素質と危うさの紙一重を踏み込んでいくか…でしょう。


50 ヒストリックスターの14

Dscf0196e_e

Dscf0198_e

カメラ撮影時に眼があったときの瞳がぐるっと見つめてくる感じがステゴの血なのでしょうか。

カタログ時より+10kgの422kgで、トモがまだまだ高いのでもっと大きくなるとのことでした。
精神面は入れ込まない気性で、牧場のスタッフの言葉に対しての理解力が強いとのことですから、賢さは特筆モノかもしれませんね。1つ上のお姉さんとお隣の46番のインパクトが強すぎで人気落としてますが、逆に言うと人気のエアポケットの1頭になる可能性もあり、×なし最優先でもいけるかもしれません。


28番トキオリアリティーの14も大人気で撮影諦めました。最優先で埋まらなければ候補でしょう。

33 ケイティーズジェムの14

Dscf0200_e

Dscf0203e_e

兎に角、担当者の方の笑顔が印象的でした。
カタログ時より+10kg増の425kgと成長していますが、大変興味深かったのが精神面のお話しでした。
神経質ではあるが人の指示をよく聞き、具体的には歩様チェックの為にお願いする際に馬が分かっているのか自ら進んで行く結果足運びが軽くなり、引いている方もとても楽でスムーズに旋回できるこういう馬はあまりいないみたいです。

シンボリクスエス産駒の牝馬はOPへたどり着く馬が僅かなのは事実ですが、低価格帯ですしコンスタントに出走してくれればの抑え候補として面白いかもしれません。


20 リッチダンサーの14

Dscf0205e_e

Dscf0207e_e

全姉を代表に勝ちあがり率100%の大人気なお母さんの仔ですね。
ゼンノロブロイなので重厚さは持っているが、スピードはありそうという印象とのことでした。踏み込みの力強さと460kgに増えてましたが、カタログで確認した脚の長さと体高の低さでもしかするとお姉さんより短いところに適正あるかもしれませんね。


41 レーヴディマンの14

Dscf0209e_e

Dscf0211e_e

9kg増の397kgでA2厩舎予定とのことです。この仔も賢いとのコメントでした。


42 ジャッキーテーストの14

Dscf0215e_e

Dscf0217e_e

現時点での体重は聞きそびれましたが、レース使う時は430くらいで挑めるのではとの見立てでした。適正は芝中距離です。


55 シンハリーズの14

Dscf0230_e

Dscf0232e_e

昨年の盛況ぶりと比較して明らかに人口密度が低くなっていました。正直な感想ではまだまだ変わり身ありそうですから様子見出来れば…でしょうか。


74 メガクライトの14

Dscf0233e_e

Dscf0234e_e

Dscf0235e_e

入り口に近いこの仔で締めです。見学者0いうこのスペースの広さに哀愁が。小柄・今年度デビューした種牡馬・新人の先生(元クラシックジョッキーである渡辺先生)と重なっているので難易度高そうですが…。


5ステージの全ての牧場スタッフ、キャロットクラブの社員の皆さま、当日は貴重なお時間をいただいたのと各馬の見学の為手間をおかけしましたが、この度はありがとうございました。


2015年9月 5日 (土)

キャロットクラブ2015年度募集日帰りツアー9月4日 ノーザンファームY9&10さん

67 シーズアンの14

Dscf0152_e

Dscf0154_e

分かってはいましたが大きかったです。まずお聞きしたのは体重で+9kgの502kgの大台突入でトモ高なのでまだ大きくなるかもと。何と申しますか、昨年のシ○クさんの同じマンハッタンカフェ産駒を彷彿させる三振かホームランタイプでしょうか?

性格は大人しくマイペースとのことです。


75 アビラの14

Dscf0156_e

Dscf0157e_e

このステージから有力牝馬が増えてきますので、直接質問出来ずのコメントメモと写真ポジションミス多くなっています。

精神面は大人しくて賢く、脚の出もスムーズで良いとのことでした。
人気ありましたので、一般だと厳しい争いになるかもしれません。


79 ブルーメンブラットの14

Dscf0160e_e

Dscf0162_e

うん、カメラをアップさせすぎて脚元疎かなのは直さなければいけないですね。

この仔も大人気で、母馬優先枠もありますし最優先じゃないと厳しそうです。
気性は人には大人しく手がかからないのですが、馬に対しては勝ち気な部分を見せるとのことです。
柔らかみがある歩きで、芝で生きるタイプかもしれませんね。


53 インパクトゲームの14

Dscf0163e_e

Dscf0166e_e

左後脚の繋ぎは一目瞭然でしょう。そして10kg増えましたが393kgと400には届かずトモの容量もまだ不十分というマイナス要素は否定できません。ただ小気味良い歩様から伺える運動神経の良さは一つの武器ですから、じっくりと様子見して良くなればの候補ですね。


66 ヴァイスハイトの14

Dscf0170_e

Dscf0172_e

気性も大人しく身体に柔らかみもあるのですが、血統的に活きるのはダートの短いろことで長くてもマイルまでとのことでした。シンボリクリスエス産駒の姉ロスヴァイセがダートで3勝準OPからの降級馬ですから、順調に成長すれば期待できそうです。


2 ジンジャーパンチの14

Dscf0174_e

Dscf0177e_e

縮尺発表時の390kgから+16kgの406kgまで成長しており、来年以降のレースでは430位でいけるのではことでした。
気性は大人しいタイプで見学時は穏やかと言うより半分寝ていましたね。
ただ、歩いている姿は柔らかみがあって綺麗ですので、成長過程な身体を大きくしながら坂路調教で鍛えて体幹
がしっかりしていけば、キレるタイプのディープが見れそうな予感はします。個人的にですが、募集中ディープ産駒の一番手に浮上です。


4 リュヌドールの14

Dscf0179_e

Dscf0183_e

473kg→496kg
全馬見学できた訳ではないのですが、1月生まれの牝馬がこれ以上増えてどうするとツッコミ入れたくなりますね。衝撃の増量聞いてしまった後ですので、どうしても歩きはパワフルに見えてしまうという思い込みは抜けきれませんでした。


10 スナップショットの14

DVDと比べてちょっと何かぎこちないというか違和感あるような…。


16 クレヨンルージュの14

Dscf0186_e

Dscf0189e_e

予定変更して隣の馬に。ルーラーシップ産駒なのは知りませんでした。放牧でアスファルト等硬いものでひっかけたのか爪が少し割れています。気性面は人と接する分は従順だが、この仔も馬同士では気が強くなるそうですね。

前の胸も幅がありしっかりしているので心肺機能が高い可能性はありますね。ルーラーシップのような決め手を持っていれば面白そうな様子見候補です。

キャロットクラブ様2015年度募集日帰りツアー9月4日 ノーザンファームY3さん

コナンの「謎」カバー版が…。


43 トゥザヴィクトリーの14

Dscf0120e_e

Dscf0122e_e

Dscf0124e_e

N氏が「それはもう凄いよあの馬は」とこの一言に尽きた牡馬大注目馬でございます。550超えたとの噂がとお聞きしたところ噂じゃなくてそうとあっさりと。これは目指せヒシアケボノ超のG1記録樹立ですかね。
担当者の方にこれだけ迫力あるとダートですかとお尋ねした回答がダートも出来ると思うけど、まずはやはり芝ででした。ただ菊花賞とかの距離は流石に無理とも。そして池江先生の第一声もデカイで、プロの方もやはり初めに浮かぶのは同じですね。

歩様はその踏み込みの力強さの中に、すっと前に伸びていく可動域が広くて運動神経良さそうな運び。
カメラ構えたりじっと見つめた時に覗かせる眼光の鋭さと他馬と喧嘩すら成立しない「俺王様」気質。
この全ての要素が上手く噛み合ってレースを迎える事が出来たなら、社台RH・サンデーRさんの素質馬に対抗出来るかもしれませんね。

懸念は、制御できるジョッキー少ないかもしれません(苦笑)


40 パーシステントリーの14

Dscf0128e_e

Dscf0130e_e

担当者の方のコメント「隣の馬見学された方がその流れで見学されています」
切ないものがありますが、関西ディープ牡馬ですからこの仔もやはり注目馬ですね。
母系がダート色が濃くて、兄弟3人含めてどの仔がお母さんの色強そうですかと直球の質問したところ、お姉さんは見たことないのですが、お兄さんは非力で細い面があったがこの仔がディープの特色であるお母さんの特徴を出して力強いとの回答でした。

体重は現在470kgで5月生まれのトモ高ですから、ここからどんな変化見せるかですね。


76 キャンパスライフの14

Dscf0132_e

Dscf0133e_e

人気エリアの後はじっくりと見れるスペースでした。血統編ではノーマークでしたが、カタログ到着後担当の先生で注目度UPでこちらに。まず大変失礼な質問ですがこれだけは聞かなければと、ストレートにタ○取る予定ありますか?(笑) たまたまご一緒になった見学されている方驚いてましたけど。
ただ、ファルブラヴは牝馬とセン馬だけが有名ですからね。(賞金上位20位目でやっと牡馬)
当然担当の方苦笑いでしたが、気性も大人しく筋肉もやわらかみあるので今は予定なしでした。

1400万という牡馬最低価格帯でトモの力もありそうでしたので、様子見の穴馬候補として面白いかもしれません。


77 メジロジョーンズの14

Dscf0134e_e

体高が高い仔を産む傾向が強かった為、低めのタートルボウルを種付けした結果丁度良いサイズに生まれて狙い通りだったのと、父がマイルで成績残していますが脚もすらっとして背中も詰まっていないので中距離までいけそうとのコメントでした。メジロの紡いだ血とノーザンテーストとフランスの血の融合が、遅生まれの身体をどう導くか楽しみですね。


80 メジロシャレードの14

Dscf0138e_e

Dscf0141e_e

メジロのジャングルポケット産駒がセールでかなり良さそう→縮尺発表の小柄399kgでテンションダウンの流れでしたが、やはり一目見ようとかなり人気でしたね。直接お伺いするタイミングは逃したのですが、現在+15kgの414kgで筋肉は柔らかいとコメントされていたようです(同伴者談)

5月11日生まれと募集馬中2番目の遅生まれ(1位は前述の77番)で母自身が大きめとのことですからかなり成長しそうな雰囲気ですが、人気また復活してそうですので成長後の様子見狙いは難しいかもしれませんね。


65 エルダンジュの14

Dscf0142e_e

Dscf0144e_e

76番と77番の担当者の方や参加者の方々との談話が盛り上がった結果、写真のみになりました(笑)
写真撮影と短時間の見学でしたがこれは良さそうと感じましたね。上の活躍馬がキンカメ産駒に偏っているのは懸念材料ですが一般候補として人気しそうです。

キャロットクラブ様2015年度募集日帰りツアー9月4日 ノーザンファームY5&6さん

68 ベネディーレの14

Dscf0085e_e_5

Dscf0086e_e_2

Dscf0087e_e_2

見学ご一緒させていただいた方と担当者の方も交えての会話に。歩様や立ち姿見た印象は歩きは芝で身体はダートで一致しました。担当者の方も芝・ダート兼用の短距離~マイルまでという認識で、写真で少々目立つ傷に関しては他牧場(セール)から移ってきた仔の洗礼ということで、現時点は問題なく順応しているとのことです。


52 パーフェクトジョイの14
Dscf0090_e_2

Dscf0092_e_2

写真のみです。


56 アマルフィターナの14

Dscf0096e_e_2

Dscf0097_e_2

Dscf0098e_e_2

写真と見学のみでしたが、大人そうな気性で人懐っこかったですね。雨の中でも馬体整って見えたので、普通に人気しそうです。


1 フラニーフロイドの14

Dscf0098e_e_3

Dscf0100e_e_2

正直に申し上げますと資質が逆ならな…ですね。ツアー時439kgでデープ牡馬では気持ち小柄でしたが、歩いた感じが柔らかくてキレるタイプよりパワー寄りに感じまして、そうなるとやはり大型ディープ馬の方が安心出来ます…。ただ、ディープはキンカメ・ダイワメジャーより分かり難いうえ夏の急成長とかありますので、これからどうなるか予測出来ないが本音ですから、ギャンブルで一般もアリだと思います。


38 カラベルラティーナの14

Dscf0102e_e_2

Dscf0104e_e_2

皆さま周知の通り、ダート短めとのことでした。気性は今は穏やかで、後は兄弟で垣間見える気性爆発が馴致・調教・レースを重ねて出てこないかでしょう。このステージではやはり人気上位でした。


3 ラドラーダの14 

Dscf0105e_e

Dscf0107e_e

ダントツ一番人気の為写真のポジション取りが…ですね。母馬優先枠ありますしこの人だかりですから、母馬枠ない方は最低でも最優先使わないと無理でしょうね。コメント等聞けなかったのですが、現時点二人引きの場合影響あるのかは私の知識だと分かりません。


44 シーザリオの14

Dscf0108e_e

Dscf0110e_e

Dscf0111e_e


有名なN氏のトークに引き込まれますね、やはり。エピファ○イアのダービー後の辺りなんてなんてそれはもう(笑)
そして、アメリカンオークスが無くなった為、日米オークス馬に出資出来るのはシーザリオだけとかもう凄かったですよ。

さて実馬に関しましては、ちょっと見方変わりましたね。同じ父・同じ金額とどうしても43と比較して、あちらの迫力ばかり印象に残っていましたが、雨というコンディションの中普通に良く見えましたね。上の兄弟が健康面で引退している中、全てのパーツが揃っていてバランス良く見えますね。障害は金額面ですから、そこを乗り越えてまだトモ高の成長面に賭けれるかでしょうか。


9 ディアデラノビアの14

Dscf0114e_e

Dscf0115_e

写真のみです。


12 ピューリティーの14

Dscf0116_e

写真のみです。かなり脚元が撮影できなかった写真増えてきてますね。


キャロットクラブ様2015年度募集日帰りツアー9月4日 早来ファームさん

昨日の呟きの通り雨模様の天候で、最後の方だけ雨が上がりました。
昨年と同じく全馬の写真撮影出来なかったこと、繋ぎの部分が写せなかった写真が含まれるのはご容赦ください。


11 キューの14
Dscf0055e_e

Dscf0076e_e

Dscf0078e_e

最初は一気に人が集った影響なのかかなり煩かったです。その後チェック馬一通り回った後に再度見学した際は
落ち着いていました。空港さんのスタッフと担当の方2人にお話伺ったところ、空港さんの方はツアー後来週辺りにすぐに育成牧場移して馴致始めたい程の身体で特段手がかかるタイプでもないそうです。早期からバシバシ育成出来そうで楽しみとのことでした。

担当者の方もやはり早め始動を視野に入れ、新馬後そのまま新潟2歳Sに行ければという青写真みたいですね。適正は芝マイルまで。


21 スターペスミツコの14

Dscf0079_e

Dscf0080e_e

Dscf0060e_e

このグループでは一番人気で直接お話しを伺うことが出来なかったのですが、柔らかい動きと普段は大人しい気性の確実性の高い素質馬とのことでした。個人的には最優先候補の1頭に挙げたいです。


63 ヴァリアントレディの14

Dscf0061e_e

Dscf0064e_e

Dscf0065e_e

写真のみでした。イケメンなので様子見出来て変わり身すれば人気でるかもしれませんね。


70 キスショットの14

Dscf0066e_e

Dscf0068e_e

写真のみです。


57 ペニーホイッスルの14

Dscf0070e_e

Dscf0071_e

写真のみです


57 グレイトフィーヴァーの14

Dscf0074e_e

Dscf0075e_e

4頭続けて写真のみが分かるように雨の日のカメラの扱い方とスタッフの方々にお話しを伺うタイミングの取り方に苦戦していました(汗)

2015年9月 4日 (金)

キャロットクラブ様日帰りツアー9月4日 呟き

昨年に続きまた雨でしたが、スコールなかっただけマシか自分を慰めます。

今回は呟きで写真等は明日以降アップします。
・有名なN氏のエピファネイ○ダービー後ぶっちゃけトーク等ファンになりそうです。
・牡馬一番人気トゥザヴィクトリーの14.牝馬一番人気リリサイドの14ともに風格は別格。…だが牡馬はヒシアケボノが視野に入りそうで、牝馬は他馬の馬群を割る程の勝ち気と幼さが残る気性とのことです(笑)
・ディープ産駒のジンジャーパンチの14は16kg増の406kgに。個人的にはディープ一番手に浮上。
・マニアック的人気の(失礼)ファルブラヴ・タートルボウル・ジャングルポケット牡馬三人衆地味に面白いかも。メジロシャレードの14は+15kg、メジロジョーンズの中距離走れそうな脚の長さ、キャンパスライフの14には、開口一番にタ○取る予定ありますとか?と失礼な質問に、今はおとなしく柔らかみあるので予定はなしとのことです。
・スターペスミツコの14は、サイズ・精神リスク回避の場合、最上位クラスに見えました。


2015年9月 3日 (木)

キャロットクラブ様ツアー前検討 グルメ編再掲+3

昨年のシルクホースクラブ様に記載したものの再掲に3店追加したものです。


新千歳空港 日帰りや1泊ツアー来道されて、その日に帰られる方向けです。

ラーメン道場内
「えびそば一幻」
そのお店の名前の通りえびスープが特徴です。スープの味そのまま味わいたい方向けは「塩のそのまま」、豚骨醤油に慣れてて一癖欲しい方(私がそうです)には「塩のあじわい」でしょうか。ちなみにデフォでトッピングされている天カスは海老と紅生姜ですので、私は無理です…。

「ラーメン次郎長」
ここは空港内の時ではなく前身の手稲区時代に訪れたことがあります。
その時の感想は札幌の平均以上だなですね。強烈な個性がある訳ではないのですが、ある意味北海道の味噌ラーメンの王道タイプですね。

「白樺山荘」
札幌で最近勢力を拡大させてきたチェーン店ですね。本店は豊平区にありましてここは美味しいですね。他の店舗はブレがあるケースも…ですね。店の看板はやはり味噌でこってり系のこれまた札幌の王道系です。ちなみにユニークな特徴で、一部店舗を除いてゆで卵食べ放題というサービスがありまして、何個食べるんだ貴方はという猛者を一度見かけましたね…。

「梅光軒」
厳密に言えば「札幌では」食べた事ありません。只、出身地に本店があるので当時は食べていました。正直に申し上げますと、なんでいつの間にか旭川ラーメンの代表格になったんだ…ですね。地元民だとふ○き・蜂○・つ○や等だよなぁと思う訳でして。特徴はアベレージヒッターですね。癖のない醤油味で仮に「美味しい・普通・美味しくない」の3択のアンケート取った場合、悪い評価は入れる方少ないと思われる子供からご年配の方までの味です。その分、大のラーメン好きには物足りなく感じるのも確かでしょう。


スイーツ編

「ルタオ」
白い○人やバターレー○ンサンドを追う第三勢力のエース格と言いますか追いついている感がある、代表作ドゥーブルフロマージュですが、新千歳空港店では限定のケーキが販売されています…が、人気商品なので夕方には売り切れている可能性大でして…。どうしてもの方には到着早々の空輸をオススメいたします。

「ペイストリー スナッフルス 」
ここも第三勢力に属してまして函館発祥ですがじわじわと人気が高まってきたスイーツですね。
首都圏勤務当時の帰省のお土産として同僚に購入してきた際は好評でした。
代表作はチーズオムレットで次いでショコラ味のスフレでしょうか。両方ともに要冷蔵品ですので、帰りの飛行機の前の購入をオススメします。


札幌中心街(札幌駅・大通)

「一粒庵」
材料北海道産に拘るお店で、単品で頼む場合コスパはやはり札幌駅前ということもあり気持ち高めですがそれでも十分満足できる味に仕上がっています。ここもこってりで系味噌ですが、若干甘めで優しい感じですね。平日ランチタイムセットは逆にお得で行列が出来るのも納得です。

「新洋食 KAZU」
ここは事前予約を強くオススメすると共に、首都圏・近畿圏から来道される方は洋食行くのかなと疑問もありますが、ランチタイムでは最高でも2000円強、大抵は1500円前後と2000円でおつりが来るお値段ながら、東京在住時に食べた洋食に勝るとも劣らないレベルで、夫婦もしくは親子での来店に向いてます。場所は雑居ビルの地下なので若干見つけ難いですが、地下鉄大通駅から近いですのでアクセスはいいですね。

「GARAKU(ガラク)」
まず注意点が1つ。恐らく土日ですと、早い時間に行きませんと数量限定スープカレーは売り切れます。場所自体は地下鉄すすきの駅・大通駅共に近いのですが、ここも微妙な店構えでして縦に細長い階段の2階ですので注意しないと見落としますね(苦笑)

私が訪れた時はまんまその状況で、限定カレーほぼ売り切れでオーソドックスなチキンカレーを頼みましたが、好みはあると思いますが十分水準以上のレベルは達してますので、アクセス面含めて強みはありますね。


「豚ソバ Fuji屋」
地下鉄すすきの駅すぐそばと好立地に移転した、元北区にあったラーメン屋です。特徴は札幌ラーメンじゃない魚介系豚骨醤油ダブルスープのネギだくラーメンで、率直に申し上げますと東京でよくあるタイプのラーメンです(笑)
ただ美味しいのは確かでしたし、すすきのに移転してからは立地上味噌味も提供しているようで、新店舗で食べたことないのですが、やはり旧店舗時代のレベルの高さから上質なものが出てくるかなと推測しています。


NEW
「スープカレー suage+」
スープカレー屋さんの中では比較的男性客の比率が高いお店ですね。
オリジナルはトマトベースのスープで、100円プラスでイカスミベースに変更できなんとなくラーメンの風味が(笑)
スープカレーの定番チキンから牡蠣、ホルモン、ラム炭焼き等他のお店では味わえないメニューも豊富です。
ただ、ここも入り口分かり難かった記憶ありますので、グー○ル先生が頼りになります。


札幌市電乗り継ぎ

「奥芝商店」
地下鉄大通駅乗り継ぎ市電切符を購入し、市電西4丁目駅から西線9条まで乗り下車後ちょっと歩いた場所にあるお店で事前予約を強くオススメします。私が来店した際は予約出来るのを知らないで土曜に行きましたので一時間待ちでした。特徴は何と言ってもエビスープで、店内に貼られていたミニペーパーでは7割近くがエビスープをチョイスしているとのことです。以前は違うお店が自分の中ではNO.1でしたが、ここを知ってからは順位変動しました。夫婦で来道される方には一度札幌のスープカレーを体験するのにピッタリかもしれません。


地下鉄

「麺屋 彩未」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「美園駅」下車後5~10分程度徒歩で行ける、ラーメン好きなら知らない方はいないであろう札幌ラーメンの横綱です。何時いっても行列の超人気店ですが皆さんの接客好感度も高いお店で悪い噂は聞かないですね。やはり一番人気は味噌で、醤油・塩は地元の方や営業の外回りの方といったヘビーローテーションの方が選択される傾向があります。味は札幌王道味噌ながらも優しい味で、私の家族曰くこってり味噌は苦手だけどここのは味噌汁みたいに美味しくスープが飲めるでした。アクセントの生姜をスープに溶かすことで食感が変わり、以後この味を参考にするお店が出てきていますね。

こぼれ話ですが、味噌の大盛りと普通はスープの濃さが若干違うと噂があったのですが、家族で試した結果微妙に違うとの結果でした(笑)


「ふくや」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「大通」下車、東西線宮の沢行乗り換え「二十四軒」下車後5分前後で行ける立地です。特徴は良質な旭川ラーメンがワンコイン(500円)で食べれる事ですね。メニューは醤油・塩の2つのみという直球勝負ですが、あっさりながらも絶妙な旨味という懐かしい故郷の味と言えますね。まぁ、「ななし」のスープの温度を上げたらこうなりましたとも。ななしを息子さんに譲って開店だった…筈ですので(笑)


NEW
JR乗り継ぎ
「麺や けせらせら」
桑園(札幌競馬場最寄の駅)乗り継ぎ学園都市線から徒歩で行けそうなのでアップします。
一番人気は鳥白湯スープの塩ですね。鳥白湯の南の横綱が「菜々兵衛」なら北の横綱はけせらけせらでしょう。
ただ、北海道に来てこのテのタイプを食べたくなるのか若干疑問ですが、札幌市民なら一度来店する価値はあります。白湯が濃厚でクリーミーな感じですので、もう少しさらっとした味わいを求める場合は醤油の方が…でしょうか。味は個人的には気に入ってますので、百合が原公園に訪れる際は行きたくなりますね。


「あらとん本店・北大駅前店」
本店は桑園より徒歩、北大駅前店は地下鉄南北線北14条駅が最寄り駅です。
大変個性的な味ですのでハマる人はハマりますし、ダメな人ははっきりとマ○イと言えます。
文章にするの難しいんですけど、魚介煮干・トンコツのダブルスープにニンニクのパンチを効かせた濃厚なスープで、スープ割りをお願いしますと更に魚介度が増しますね。


「信玄 南6条店」一部では石○の本店より上と囁かれており、市電使うと比較的近いです。


レンタカー編

「菜々兵衛」
白石区の住宅地ど真ん中に位置するレンタカー使わないとツラく、使っても駐車場3台なのでこれまたツライという立地ですが、あっさり系や鳥白湯スープが好みの方だと、店名だけ載せた「けせらせら」と並ぶ札幌トップクラスですね。行列必至の人気店ですが並ぶ価値は十分にある味だと思います。

「Soup Curry SAMURAI. 西野店」
札幌市内に5店舗あるお店で、私は西野店来店済みですのでこちらに載せました。中心部に近い店舗ですと「さくら店」が地下鉄すすきの駅に近いですので、こちらが良いかもしれませんね。
特徴はトマトベースのスープと野菜ですね。何と申しますかスープカレーらしからぬとろみがあるので好みは分かれるかもしれませんが「トマト大好き」「沢山野菜を食べたい」に当てはまる方だと満足するかもしれません。
加えて、苦手の野菜があった場合は注文の段階で交換出来るサービスは地味にポイント高いですね。


番外編
「そば哲」
場所 新千歳空港からノーザンファーム早来に向かう道の途中にあるおそば屋さん

恐らく牧場見学後の昼食で一度は耳する名店ですね。一口競馬の世界に入る前は遠い事もあり来店したことなかったのですが、この世界に入ったのでお店に訪れる事ができました。新そばの時期は過ぎていたので鴨そばをオーダーしたのですが、絶妙なダシとそばの食感が最高でございました。、同じ敷地内で道産小麦を使った手打ちうどん店も経営されていたのですが、そちらは昨年閉店していました…。

キャロットクラブ様2015年募集馬 集計編

昨日の大荒れとはうって変わって本日は気温上昇。最高気温27度予報って…。

ドラフトの指名馬の最終決定はまだですが、後日の記録として血統配合編・カタログ編・DVD編の3つの内複数選出されたのをリストアップしておきます。
血統配合→血、カタログ→写、DVD→動


全て選出
リッチダンサーの14 牝 父ゼンノロブロイ 関東 2600万
スターペスミツコの14 牡 父ゴールドアリュール 関東 3600万
カラベルラティーナの14 牡 父スマートファルコン 関東 1800万
トゥザヴィクトリーの14 牡 父キングカメハメハ 関西 12000万
アビラの14 牝 父ドリームジャーニー 関西 2400万


2つ選出
関東牡馬
フラニーフロイドの14 父ディープインパクト 血・写 8000万
ラドラーダの14 父キングカメハメハ 写・動 6000万
キューの14 父ダイワメジャー 写・動 3200万
モンプティクール 父ダノンシャンティ 血・写 1800万


関東牝馬
ジンジャーパンチの14 父ディープインパクト 血・動 6000万
リュヌドールの14 父ハーツクライ 写・動 2800万
スナップショットの14 父ハービンジャー 写・動 1600万
トキオリアリティーの14 父ダノンシャンティ 写・動 1800万
ケイティーズジェムの14 父シンボリクリスエス 写・動 1400万
クリンゲルベルガーの14 父トーセンホマレボシ 血・写 1200万


関西牡馬
シェアザストーリーの14 父ステイゴールド 写・動 4000万
パーフェクトジョイの14 父ハービンジャー 血・写 2400万
マチカネボレルナヨの14 父ゴールドアリュール 血・写 1800万
エルダンジュの14 父クロフネ 写・動 3600万
ベネディーレの14 父ダノンシャンティ 写・動 2000万
キャンパスライフの14 父ファルブラヴ 写・動 1400万


関西牝馬
リリサイドの14 父ハーツクライ 写・動 3000万
ココシュニックの14 父ハーツクライ 血・写 2400万
インパクトゲームの14 父ハービンジャー 血・動 1200万
ヴァイスハイトの14 父クロフネ 血・写 1800万
キスショットの14 父ダノンシャンティ 写・動 1200万
ブルーメンブラットの14 父エンパイアメーカー 写・動 2800万


ドラフトパターン① 牡馬重賞制覇を目指して
トゥザヴィクトリーの14に×1の威力を託す。

ドラフトパターン② 貴重なダート牡馬確保
スターペスミツコの14を×1で確保して、一般枠でギリギリ抽選にならない牡馬+安めの短距離馬の計3頭取りを狙う。

ドラフトパターン③ 若干高めの有望牝馬を確保
リリサイドの14かブルーメンブラットの14を狙い、他は牡馬2頭を。


最優先決着濃厚の為リスト外に
ラドラーダの14・リッチダンサーの14・カラベルラティーナの14・ジンジャーパンチの14・アビラの14

最優先決着か一般抽選になるか微妙なライン?
フラニーフロイドの14・トキオリアリティーの14・シェアザストーリーの14

一般抽選か?
キューの14・エルダンジュの14・ココシュニックの14


以下上記リスト外も含む様子見浪漫枠
メジロジョーンズの14・メジロシャレードの14


2015年9月 2日 (水)

キャロットクラブ様2015年募集馬検討 DVD関西編

先日コメント返信で晴れたら北海道はまだ暖かいと書いておきながら、今日の大雨で一気に気温下がりました。念のために1枚羽織るもの持参をオススメします。
千歳・苫小牧方面が悪天候で札幌ー新千歳空港間の電車不通、空の便も一部欠航出てますが、明日曇り予報に変わりましたので参加者の方に影響が無いと思うのですが…。


それでは本日なんとか関西編に移ります。今日は鎮痛剤併用ですので、この状況で良く見えた馬は自分的にはかなり好みだと思います(笑)

・ディープ産駒は、関西に関しては正直昨年の方が上かなと感じました。
・キンカメのトゥザヴィクトリーの14は、動画でやっとでかさを実感しました。ただ踏み込みの力強さと脚の稼動範囲?は眼を見張るモノでやはり一番評価はこの仔ですね。サイズのリスクとお値段・人気で判断でしょうか。
・ハーツクライは比較するとリリサイドの14が好みですね。ただ、某新聞POGブログで早速記事が掲載されましたので、最優先決着必至かと。
・ステゴ産駒は良さそうに見えたんですけど、同時になんかダートっぽい予感が。母の影響恐るべし。
・ハービンジャー産駒は、血統編で挙げた2頭が即出資はなさそうですが様子見候補でキープの方針。
特に牝馬のインパクトゲームの14は動きが軽く見えましたので、坂路調教で鍛えながら遅生まれ分のノビシロに期待ですね。


・ルーラーシップは関東と同じく半分白旗なんですけど、勝ち上がり出来れば末永く楽しめそうですしこれはツアーの感触次第でしょうか。
・ゴールドアリュールは、やはり関東のスターペスミツコの14と比較すると…ですね。まぁ、お値段半額ですので当たり前ですが。
・クロフネは最優先にはちょっとですが、一般候補だと地道にコツコツ走れそうな印象です。ヴァイスハイトの14は出来れば坂路調教開始まで残ってくれれば…が本音です。
・マンハッタンカフェ産駒は、昨年のシルクさんの某募集馬と同じように三振かホームランの気配が…。
・ダノンシャンティはお買い得で数も揃った印象です。フジキセキの後継をキンシャサノキセキと争いそうな勢いですね。


・ドリームジャーニー産駒のアビラの14は、母と厩舎の人気考えると最優先決着になりそうという考えは変わりませんでした。
・ファルブラヴ産駒のキャンパスライフの14は、レオパルディナでお世話になっている高橋康之先生という事もあり個人的な注目度上がりましたが、ホント牝馬だったらなと。力はありそうでしたので、ファルブラヴの庭である函館専用機として割り切れるなら…でしょうね。
・タートルボウル産駒のメジロジョーンズの14は、新種牡馬で未知数ですがやはり遅生まれで浪漫要素ありですから、ひっそりと様子見候補に。
・エンパイアメーカー産駒のブルーメンブラットの14は母と厩舎人気ですから一般だと厳しそうですね。母優先あるのなら行使したくなる好みの1頭です。
・セール購入のジャングルポケット産駒メジロシャレードの14は小柄なだけあって素早く見えましたが、後は成長度ですよね。最優先行使は正直ギャンブル要素高めですが…。


以上の結果となり、本命馬トゥザヴィクトリーの14となりました。
次点グループはリリサイドの14、エルダンジュの14、ブルーメンブラットの14となります。
ただ本命馬に×1行使すると予算的に1点突破濃厚ですから、牡馬クラシック戦線を夢見て初志貫徹でいくか、次善の戦略で最優先スターペスミツコの14orリリサイドの14orブルーメンブラットの14を確保して、一般でキューの14と安めの仔をツアー参加で物色の路線に転換するかは現時点では決めれませんね…。

2015年9月 1日 (火)

キャロットクラブ様2015年募集馬検討 DVD関東馬編

体調不良後のキャロットカタログ到着で完全にど忘れしてしまいました。すまぬ、ミリオンウィッシーズの14改めピュアウィッシーズorz


懺悔を済ませ、キャロットさんの関東馬と現時点本命馬はチェックしました。
本命馬は関西編で登場しますが、今回はカタログ1~39までの気になった仔を。過去の記事でも書いてますが私は相馬能力0に近いですので、良い馬じゃなく気になる馬だったり○○そうといったただの感想ですね。


・ディープは、血統編・カタログ編で高評価だったフラニーフロイドの14が若干低下で変わってジンジャーパンチの14に興味が。ディープは小柄の方が好みなんですかね…。
・キンカメ産駒ラドラーダの14は良い馬だと思うんですけど、価格・母優先枠を考えると最優先じゃないとキツイかな…。
・ハーツクライ、ハービンジャー産駒は、最終日近くの他の一般枠候補次第で。
・ダイワメジャー産駒のキューの14は動画確認して確かに大きいですねと。それに伴う力強さに加えて、意外に脚が伸びるというか可動域広そう?で府中マイル前後が楽しみな次点グループです。
・ルーラーシップは私の知識だと白旗で、ディーププリランテはカタログで感じたパワータイプを見誤っていたかもしれません…。


・ロブロイ産駒のリッチダンサーの14は全姉走って動画でも良さそうですからこれも最優先で消えそうですね。
・ゴールドアリュール産駒のスターペスミツコの14も確認してこれはすぐに次点グループ入りでしたが、これも最優先じゃないと取れないでしょうね。
・関東のクロフネ産駒は様子見できそうですので、坂路調教確認してからでしょうか。
・ダノンシャンティ産駒のトキオリアリティーの14は、カタログでラストを匂わし煽る(当歳はセール売却の為)コメント分かる出来だわ~と頷くとともに一般だとキツそうかなと。
・馬体○欺常習犯ことシンボリクリスエス産駒で鬼門とされる牝馬のケイティーズジェムの14は、お値段も一口35000円と絶妙な値段設定。性別逆なら倍でも一般抽選だったかもしれませんね。


・スマートファルコン産駒のカラベルラティーナの14は動きパワフルに厩舎傾向からダート路線一直線で、最優先にはし難いけど一般枠では確保したいと考える方多数…と言いたいところですが、昨年サウスヴィグラス産駒が最優先決着となり、会員の皆さまの「何だと…!?」という事態が再びでも不思議ではありませんね。


以上の結果、DVD視聴では
キューの14、スターペスミツコの14、カラベルラティーナの14が同率で次点グループを形成しています。
ただ、キューの14は確率低そうですが他2頭は最優先決着の可能性結構高いと踏んでます。ダート牡馬は世代で1頭確保したい方多いとのことでしたので。
そういう意味では一般枠候補探しにはなってませんね(笑)
もしかすると、フラニーフロイドの14がまさかの一般枠狙いになるかもしれません。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31