無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ノルマンディーオーナーズクラブ様 カタログ雑感 | トップページ | web公開開始 »

2015年9月10日 (木)

キャロットクラブ様2015年度第1次募集馬出資申し込み馬

今日の検査は以前通院していた東京の病院時の機器と違っていたので、妙に筋肉攣りそうと言いますか。ベッドが回転しないので変に力入りましたね(苦笑)


さて、本題の出資申し込み馬についてですが、以前シルクさんのキャンセル馬の記事を見ていただいた方は想像ついたかもしれませんが、今回も弾幕型です。
最初は少数馬を仕留める狙いでしたが最優先馬が×1なので確率20%強という洒落にならない倍率になりましたので、落ちる馬多数を想定して3頭引っかかればラッキーの方針に。


最優先 46 リリサイドの14
一般   11 キューの14
     21 スターペスミツコの14

これに加えたのが以下の仔達です。
一般
1 フラニーフロイドの14
2 ジンジャーパンチの14
38 カラベルラティーナの14
66 ヴァイスハイトの14
68 ベネディーレの14
79 ブルーメンブラットの14


以上6頭追加です。

フラニーフロイドの14はDVDと牧場見学で評価下げたのは否定しません。そこで「ギャンブルで一般もあり」と書いた通り、カタログナンバー1番ということと血統配合自体はディープ向きのBMSっぽいですから、これからの変化に賭けたいと思ってです。抽選難易度はそこそこ厳しめかな?でしょうか。

ジンジャーパンチの14は、ディープ産駒で一番の好みですので申し込みました。最優先で消える可能性100%に近いですけど。
カラベルラティーナの14は最優先で消えないと思うのですけど大抽選会必至でしょうね。当選確率一桁かと。

ベネディーレの14は最優先で消えるか一桁前半の抽選というまぁ無いなという確率でしょう。
ブルーメンブラットの14は出だしが案外でしたので、元々最優先候補だったことから野球のドラフトの外れ1位という思いで応募しました。その後人気出てきましたが当選確率はリリサイドの14以上フラニーフロイドの14未満辺りですかね。

ヴァイスハイトの14が隠し玉候補でした。今年は牝馬はハーツクライ・ルーラーシップが似た価格帯にいましたので隠れ蓑になってくれたのが幸運でしたね。2次以降も残ってくれればが本音ですが、ここは1頭確保しないと全滅もあり得ると転換し、活力ある母系に4月生まれのノビシロ、関西上位の厩舎と揃いましたので応募しました。


キューの14・ヴァイスハイトの14が当選し、低確率抽選リリサイドの14・フラニーフロイドの14・ブルーメンブラットの14から1頭が当たればほぼ完璧のシナリオでしょうね。極少のスターペスミツコの14・カラベルラティーナの14は私が3Pシュート3連続で決める級の幸運必要でしょうからはこれはもう(笑)

« ノルマンディーオーナーズクラブ様 カタログ雑感 | トップページ | web公開開始 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。
先程はコメントありがとうございました。
やはり追加しましたか。
しかしフラニーフロイドに行くとは思いませんでした。
自分も迷いましたがジークカイザーとタイプは同じなのであちらにしました。
カラベルラティーナは大抽選だと思いますのでお互いに取れれば最高ですね。

パパディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
あの票の上昇率考えると、動かないと昨年の二の舞になりそうでしたので追加しかなかったですね。
フラニーフロイドの評価下げてたのに…ですよね。キンカメ牡馬今年は一般ではノーチャンスですから、リスクありでもノーザンさん育成のディープ牡馬に賭けてみたいかなと。

カラベルラティーナの大抽選会でもぎ取れば、まだ育成始まってないのにゴール決めた心境になりそうです。お互いの幸運を祈りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様2015年度第1次募集馬出資申し込み馬:

« ノルマンディーオーナーズクラブ様 カタログ雑感 | トップページ | web公開開始 »