無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月23日 (水)

J2リーグ2・3節と週末のレース結果

踏むなよ、絶対に踏むなよ じゃなかったwiz系でお馴染みの漢探知敢行した結果のダウンは置いといてまずは週末のレース結果を。


オルレアンローズ 3歳500万下 6着
3か月の休みあけ初戦でハナに立ち、最後粘りきれませんでしたが混合戦でコンマ4秒差の結果は近いうちにチャンス回ってきそうな印象でした。たられば論ですが、牝馬限定で先頭立つまでにすんなり運べる展開(稍重でハイペースという厳しい条件)ならすんなりいけたかもしれませんね。

レオパルディナ 千葉S 15着
ちょっと難しい状況ですね。ダート替わり初戦でスタートすんなりハナ取れたのに何故あんなに下げたのかと疑問だった理由が重発表なのにダートのキックバックに戸惑ってですからねぇ。

考えられる選択肢は3つでしょうか。
・5月新潟開催OP1000m韋駄天から函館・札幌の1200mで滞在競馬
・リフレッシュも兼ねて北海道に早めに戻してそこから滞在競馬
・母胎休養期間を長く与える為に早期引退

クラブさんの判断次第でしょうね。


岐阜FCvs北海道コンサドーレ札幌

何と申しますかあちゃ~でしょうね、岐阜さん。3節以後は立て直しているようですが、リスペクトしなくていけないと分かっていても、守備陣のハイプレスと共にライン上げる訳でもない、ブロック作ってスペース埋める訳でもない微妙な距離感だったなと。個の力そのまま通用する舞台でしたからジュリーニョ大暴れするのは必然でしたね。

コンサドーレは4点取ったこと事より祝クリーンシート達成ですね。
私の個人的な意見なのですが、今の選手の特徴に戦術だとパスサッカーは難しいと思っていますので、まずは0点で締めることが大切でしょうか。

もしパスサッカーに拘るなら、3バックの中央を若手起用・センターハーフ1枚が状況に応じて後ろに下りながらパスも組み立てれることが出来れば、J1でも胸を張って貫けれそうですが人材が(笑)
期待値込みならセンターハーフは深井、センターバックは櫛引か福森。


北海道コンサドーレ札幌vs愛媛FC

最悪クラスの鬼門清水平に次ぐクラスのニンジニアスタジアムを要する愛媛さん。今回はホーム開幕戦でしたが、嫌な印象そのままの結果になりましたね。石井故障離脱が痛すぎます。開幕前は負傷明けでコンディション上がっていませんでしたから予想から外してましたが、彼がピッチにいるとサイド90分変わらぬ力で任せれるのは大きいのですが…。

失点シーンは福森と上原のお見合いシーン。ミスとしか言えませんし、次は無いようにねとしか表現できないんですよね。選手層が厚いチームなら繰り返せばポジションなくなるだけですから。
中盤に関しては前節面白いように機能していた上里・深井・宮澤のトライアングルに、フォルスナインと言いますかフリーロールのジュリーニョの連動が、中盤部分が潰された事で結果個人打開力だけでもこじ開けるまでのレベルはまだないのでしょうね。

最後にコータさん、ジュリーニョに助っ人なんだからあの場面で決めないとのコメント、気持ちは大変分かるのです。ですが、皆さんお忘れかもしれませんがジュリーニョは元々SB入団ですから、クロスからファーサイドに流れて劇的ヘッドまで決めれば来年個人昇格果たしそうなので(笑)

2016年3月 4日 (金)

明日のレース予定と今週のコンサドーレ

最近臥せっていた影響で皮膚がかぶれてしまい、診療後同病院内の皮膚科へ。昔(小学生くらい)から色素薄かった箇所が一斉に白くなったこともそうですし、更新前の運転免許証と別人ですね(笑)


ブレイクエース 3枠4番 ハンデ55kg
56kgのトップハンデ馬が回避で繰り上がりトップハンデタイとなりました。上級条件で馬券内経験馬より2kg重いのは正直厳しいですが、エース君の力を信じたいですね。


北海道コンサドーレ札幌ネタ
開幕戦は当然見れませんでしたが、ボロボロに叩かれてますねぇ。
・ライン下げすぎ
・走れないし、ヘルプも全然ない
・それならとボールを走らせることもおぼつかない

うん、比較的甘めのコンサのUSでもブーイング出るわ、これ。
スポーツは年齢で判断してはいけないのですが、スタメン11人中4人がover35の構成だと近年のクイックネス・ロングスプリント重視のフットボールの流れに逆行してるかもしれませんね。

日曜のゲームは小野が別メニュー調整中で前節ライン間延びとの報告でしたから、OUT小野・河合 INヘイス・櫛引 3-4-2-1ジュリーニョを実質0トップフォルスナインとして起用なんてのもサッカーゲームだったら面白そうだったり。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31