無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

キャロットクラブ様15年産募集馬検討

まだ一口開始してから日が浅い身ではありますが、過去の募集馬より高額馬に良い馬が多くて格安馬は残り福を掴めるよう2歳以降の成長まで見極めたい傾向を感じます。


血統字面の好みTOP5
①43 アドマイヤキラメキの15
②5 ラドラーダの15
③40 コスモチェーロの15
④41 ヒルダズパッションの15
⑤17 ペルレンケッテの15

カタログ・動画見てのインスピレーションTOP5
①40 ヒルダズパッションの15
②53 トゥザヴィクトリーの15
③52 シンハリーズの15
④44 アヴェンチュラの15
⑤78 シシリアンブリーズの15


馬体見れない私でも今回は中価格~低価格帯の掘り出し物は争奪戦だろうなと。ヨハネスブルグ産駒のシシリアンブリーズの15は父産駒早熟傾向・早生まれから出来は明らかに違いましたが、後は成長しないとも何とも…ですね。密かに期待しているノヴェリスト産駒の17ペルレンケッテの15と59ケイティーズジェムの15は早生まれで小さいのが無念。エイシンフラッシュ・ヘニーヒューズ・ロードカナロア(トゥザヴィクトリーの15を除く)産駒ももう一化けしてくれればなというのが率直な感想です。

シンハリーズの15は現時点で400kg以下で人気落としそうな雰囲気ですけど、バランス良くて細マッチョに見えますのでツアーの時に20kg前後増えていたらまた人気復活してもおかしくないかと。

最優先候補は現時点では牡馬ならヒルダズパッションの15かトゥザヴィクトリーの15、牝馬ならアヴェンチュラの15・アドマイヤキラメキの15・クリソプレーズの15ですね。折角の×2で積極策出ないでどうするという思いがありますし。

2016年8月19日 (金)

守備の文化

2週連続で札幌競馬場に応援に行ったのですが、うん体力落ちてますね~。
特に14日は日光にやられてもう。どこの吸血鬼だと(苦笑)
と言う訳ですので、撮影した写真等のアップは大幅に遅れる予定です。

皆さんそわそわしているであろうこの時期がやってきましたね。私も今月の請求書に同封されたキャロットさんのリストを確認しましたが、まさかのオルフェーヴル産駒(シンハリーズの15)1億2千万を筆頭に高いわ~としか。
カタログ届くまで間に合うかは不明ですが、血統字面チェックはしておかねば。


さて、タイトルの守備の文化ですが、今年のコンサドーレの大躍進は守備あってこそでしょう。強化費がJ2の中では恐らく6位~8位ですので、効率よく投資するには後ろとFWからです。昨年の活躍でソンユンと金山は計算できる存在でしたから、そこに増川と移籍ウインド開けてから獲得の菊池がフィットしたのが大当たりでした。

一部ではボールゲーム放棄と言われてますが、まずは深井を中心とした積極的なチャレンジでボールカットし、相手のDFラインが上がりすぎているなら迷わずそこを通せば、ボールを追いかけあう展開が生まれやすいので決定機の確率上がりますから。地味にヘイスやジュリーニョを起点としたワンツーでの中央突破や、右サイドのマセードのピンポイントクロスで結構チャンス作っているのですが、やはりとっくんの泥くさくゴリゴリしたプレイが目立つからですかねぇ。

J1? その舞台で普通に戦う為には今の強化費に最低でも4億積み上げないとムリゲーですから、今のままでは通用しないと言われても…ね(苦笑)

2016年8月 2日 (火)

ロードサラブレッドオーナーズクラブ様退会

調子が徐々に改善してからは溜まっていたツールの録画消化中です。う~ん、山岳ステージの一部観客が○った状態なのは視聴者には周知の事実ですが、道塞いで中継バイク動けなくなりリッチーポートがそこに突っ込んでしまい、フルーム他選手も多重クラッシュって…。しかも、フルームバイク壊れたから走るって前代未聞だよねぇ…。


さて、本題に移りますがロードデスティニーがレース中に骨折発症して競走馬登録抹消し、出資馬が0になりましたのでロードサラブレッドオーナーズクラブ様退会となりました。高額ディープ牝馬未勝利、勝ち上がり率高いダイワメジャー含む牡馬2頭が故障と個人的な相性が悪いのかなと判断してですね。他クラブ様の勝ち上がり率がそれぞれ40%・40%・100%と標準ラインを突破していますので、会費等の費用考えてもやむを得ないかなと。

今年度の募集リストは未チェックなのですが、本来の予定だったキャロットさん×2一本釣りから、ノルマンディーさんのオルレアンローズがもう少しで回収率100%を超えますので、感謝の念でもう一頭出資に変更するかもしれません。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »