無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 守備の文化 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 簡易メモ »

2016年8月30日 (火)

キャロットクラブ様15年産募集馬検討

まだ一口開始してから日が浅い身ではありますが、過去の募集馬より高額馬に良い馬が多くて格安馬は残り福を掴めるよう2歳以降の成長まで見極めたい傾向を感じます。


血統字面の好みTOP5
①43 アドマイヤキラメキの15
②5 ラドラーダの15
③40 コスモチェーロの15
④41 ヒルダズパッションの15
⑤17 ペルレンケッテの15

カタログ・動画見てのインスピレーションTOP5
①40 ヒルダズパッションの15
②53 トゥザヴィクトリーの15
③52 シンハリーズの15
④44 アヴェンチュラの15
⑤78 シシリアンブリーズの15


馬体見れない私でも今回は中価格~低価格帯の掘り出し物は争奪戦だろうなと。ヨハネスブルグ産駒のシシリアンブリーズの15は父産駒早熟傾向・早生まれから出来は明らかに違いましたが、後は成長しないとも何とも…ですね。密かに期待しているノヴェリスト産駒の17ペルレンケッテの15と59ケイティーズジェムの15は早生まれで小さいのが無念。エイシンフラッシュ・ヘニーヒューズ・ロードカナロア(トゥザヴィクトリーの15を除く)産駒ももう一化けしてくれればなというのが率直な感想です。

シンハリーズの15は現時点で400kg以下で人気落としそうな雰囲気ですけど、バランス良くて細マッチョに見えますのでツアーの時に20kg前後増えていたらまた人気復活してもおかしくないかと。

最優先候補は現時点では牡馬ならヒルダズパッションの15かトゥザヴィクトリーの15、牝馬ならアヴェンチュラの15・アドマイヤキラメキの15・クリソプレーズの15ですね。折角の×2で積極策出ないでどうするという思いがありますし。

« 守備の文化 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 簡易メモ »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2007581/67261182

この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様15年産募集馬検討:

« 守備の文化 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 簡易メモ »

カテゴリー

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30