無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« キャロットクラブ様15年産募集馬検討 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 早来ファームさん »

2016年9月 1日 (木)

キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 簡易メモ

ノーザンファーム有名スタッフ様談(ノーザンファームY11&12にて)
・大物感がある馬なら 4クリソプレーズの15 41ヒルダズパッションの15 44アヴェンチュラの15
・15ヴィートマルシェの15も良い馬。人気も出そうなので…ということから最優先決着?

ノーザンファーム空港有名スタッフ様談(ノーザンファームY3にて)
・×2活用し古馬までじっくり待てて確実性取るならディープ牝馬4クリソプレーズの15 42ココシュニックの15 43アドマイヤキラメキの15
・53トゥザヴィクトリーの15は母高齢出産だが出来は良い。脚元もしっかりしていて体重も1つ上の兄より軽いのでバランス良く、ロードカナロア産駒のエース格。

スタリオンステーションスタッフ様談
・新種牡馬ではロードカナロアとノヴェリストよりエイシンフラッシュの牝馬の質が少し…。今回の募集馬にはエイシンフラッシュでお馴染みの馬体詐欺的な素質は受け継いでいない。ただ、日高産駒もチェックしている中ではやはり有望な仔もいる。
・ノヴェリスト産駒はカタログやDVDより実馬の方が良く見える傾向。ルイ・ヴィトンというより無銘の実際に触り使ってみてのタイプ。産まれた仔達はノヴェリスト自身が一歳時小柄だった部分を受け継いでる。

・現時点での日本の血統勢力図考えるとテコ入れしたいとは思っているが、現実問題ヨーロッパではクールモアグループが権利を半分押さえていること、アガ・カーン殿下もエース格はやはり手放さないので、どうしても手のひらからこぼれてくる種牡馬しか買えない。まぁ、オーストラリア級の種牡馬は買えませんよね(苦笑)


オルフェーヴル産駒で人気の14クルソラの15と52シンハリーズの15は狂気を父から受け継いでる模様。個人的な主観ですが三振かホームランタイプ。父・祖父共に狂気の血を濃縮して結果出していますので、これで正解なのかもしれませんが…。

格安帯の一般候補穴馬は17ペルレンケッテの15 64レックスレイノスの15でしょうか。ペルレンケッテの15は大きさに目を瞑ればフィジカル面は優れているように感じました。配合のLagunas・Surumuの強調クロスは狙ったとのことで、翌年もノヴェリスト付けたかったのが却下されたとのことでした。

レックスレイノスの15はなんでこの仔4万なんですかの問いに社台ファームの産駒が最近走っていないので思いきって値下げしましたとの泣きの回答でした。周囲の他牧場スタッフさんもこの値段はおかしい・価格破壊とツッコミ多数でしたね。前述のスタリオンステーションの方は、母がG1入着なのに上の兄弟不振なので、ダイワメジャー産駒のこの仔はお買い得でもあるしこの父でダメなら繁殖牝馬の資質として…と試金石にもなる1頭でもあるとのコメントでした。

« キャロットクラブ様15年産募集馬検討 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 早来ファームさん »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 簡易メモ:

« キャロットクラブ様15年産募集馬検討 | トップページ | キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日(木) 早来ファームさん »