« 終戦のち天国 | トップページ | エクディス引退 »

2016年9月27日 (火)

ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集馬雑感

うん、動画で馬引いている方の方に悉く寄っていっているような気がしないでもないので、正直難易度高いです。
加えて募集馬中9/15が遅生まれですので(目玉のあの馬なんて限りなく6月に近い)、未来図を予想しなければいけない作業が追加されハード→ベリーハードモードに上がり、毎度の如く血統字面では見栄えしないので難易度ルナティックに近いですねぇ。

3 オークルームの15は1月生まれということもありやはり見栄えするし、カルヴァリオが大活躍なので一番人気かな?

5 ホリデイトウショウの15に関しては、遅生まれでまだまだ完成途上の身体、特にトモが薄いように感じますが、立ち姿は一番好きですね。これは様子見?

8 メルセダリオの15の父はルーラーシップで良い馬だとは思うのですが、これ買うならキャロットさんでそこそこの抽選倍率の馬かなぁと。ただ、この素材をどうノルマンディー色に染めるか興味はありますね。

11 トーセンリリーの15についてはキャロットさんで募集額1800万父ハーツクライのカニョットの15を出資しているうえ、それより若干高額と多少疑問符はありますが、あちらはストームバード系、こちらはノーザンダンサー強調系と出来も含めて面白い1頭かなと。

13 メロークーミスの15は牝馬で安価なのに勝ち上がり率がそこそこのパイロ産駒ですね。程よい大きさにトモも逆さの「て」の輪郭が見えて良さそうですが、某検討会で背中がガチガチという表現から、乗り出してから疲れ出やすくならないか心配で(汗)

14 ルーシーショーの15の第一印象は牛。12番のブリュメールの15もそうでしたが、これから乗り運動始めてシェイプアップして、体の部位にメリハリがついてパワーアップすれば面白そうな感じもします。敵は更なる体重増加による育成の遅れ。


今回は残念ながら、ノルマンディストの通過儀礼であるゴッホへの投資は見送りの公算大。2次以降で出てくることを待ちます。

« 終戦のち天国 | トップページ | エクディス引退 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

フィルさん
ノルマンディーは血統から馬の出来を予測できない面があるので、難易度高いですね。
この中ならやはりメルセダリオの15になっちゃうかなぁ。でもシルクの出資後だと銭闘力は0に近そうですので、早めに埋まっちゃうときつい…

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ノルマンディーさんは、ノボジャック産駒で回収率1000%という快挙達成してしまうクラブですからねぇ…。1000万未満の仔は買いという謎の格言もありますし。

ダリ男さんは4月生まれでこれだけ動けますから楽しみですよね。現時点では人気トップ5に入ってませんので、様子見出来ることを祈ると。と言いますか、遅生まれ多すぎなのでこのクラブくらいは様子見させてください…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集馬雑感:

« 終戦のち天国 | トップページ | エクディス引退 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31