« シルクホースクラブ様第一次募集馬応募(ほぼ)完了 | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集応募結果+α »

2016年10月 3日 (月)

ギラヴァンツ北九州戦雑感

昨日はスカパー無料日でしたので久々の視聴。
コンサドーレは今シーズンウノゼロで勝利するというある意味セリエスタイルでしたので、首位のチームがアウェーで下位チームに引いてブロック作られそのままスコアレスドローというサッカーあるあるネタの一戦でした。


まず感じたのが深井の穴がかなり大きい。彼の持ち味は積極的なチャレンジで一発でボールを奪いきる点ですが、その他にもパステンポが早いですし、精度は改善中ですが縦へトライするパス、ボールを奪ってからそのまま相手ペナルティボックス付近まで一気に自ら運んでいくBOX TO BOXと、昨シーズン宮澤の役割そのものだったのが今年は深井が担っている印象でしたので。

CHの序列が、深井>宮澤>稲本>上里>前寛之と序盤終わり辺りで定まった感がある中、3列目から効果的な飛び出しでゴール狙えないのが、怖さのないポイント1つかなと。


他には、WBに入っている謙吾は良い選手なのですが、前所属クラブで馬車馬タイプに目覚めた影響からか、更にシュート精度や攻撃意識が落ちているような…。クロスの精度はまぁ…ですから、出来ないなら元FWという強みを生かして一度中に叩いてからカットインして侵入して落としてもらったボールをシュートへという動きを積極的に出来れば脅威度が出てくるような気も…。

ジュリーニョはサイドの守備が怖すぎで、明らかに相手もマークの受け渡しが必要なナナメの動きや背後のスペース狙ってきてますので、相手のサイドの選手が明らかに攻撃で押し込めるタイプじゃないと厳しいかな…。というか、ブラジルの全国4部リーグだとサイドバックは守備しなくても良いのかと錯覚。


ダイナミックな攻めあがりなし、マセード離脱によるサイドからクロスの供給も途絶え、荒野も負傷中なのでFW出きるのが上原のみという現状から、前線のプレスからショートカウンター仕掛けるのと、都倉・内村・ヘイスのトライアングルのパス交換で攻めきるが、今の攻撃パターンでしょうね。中原・神田辺りが前で勝負出来てない現状から、来年J1かJ2なのかまだ分かりませんが、FW2枚とOMFでシンプルにパス捌きながら動けるタイプの選手は必要かもしれません。稲本が来季間に合わないなら、CHも。

« シルクホースクラブ様第一次募集馬応募(ほぼ)完了 | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集応募結果+α »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギラヴァンツ北九州戦雑感:

« シルクホースクラブ様第一次募集馬応募(ほぼ)完了 | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集応募結果+α »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31