無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

スポーツ呟き

・全世界が熱狂したロジャーVSラファエルことフェデラー選手対ナダル選手の一戦。伝説対伝説はやはり伝説の一戦だった…と表現するしかないですね。ファイナルセット第6ゲーム、ナダルサービスゲームでのラリー戦で、このゲーム取った方が優勝するなと素人の私が感じた位凄まじい気迫のぶつかり合いに年間最優秀試合挙げるならもうこれだろうなぁと。

・シクロに続き今度はロードでもメカニカルドーピング疑惑。現時点ではゴシップの域を出ませんが、ちょっと嫌なニュースが続いてますね。

2017年1月29日 (日)

サーブルノワールのダート転向は?

サーブルノワール
東京2R 3歳未勝利 D2,100m 3着

蛯名正義騎手は「やはりダートの方が合いますね。3コーナーからずっと絡まれる厳しい形でしたが、よく3着に踏ん張ってくれたと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。

逃げで積極的にレース絡んだのはこの仔にとって初ですね。展開の幅が広がるのは歓迎ですので、素晴らしい騎乗だったと思います。後続から突かれて厳しい経験をするのも当然初めてですから、今後には生きるでしょうしメンバーレベル次第では勝ち負けも見えてくるかもしれません。


余談ですが、現時点での土日のレースで勝った2頭はC・ルメール騎手騎乗なんですね。関東の一般レースでルメール騎手やデムーロ兄弟が騎乗だと勝負気配感じますし、何よりあの宗像先生がT騎手ではなくC・デムーロ騎手だと更に…ですね。

2017年1月22日 (日)

スポーツ呟き

・フェデラー選手、半年のブランクもなんのその強すぎですね。錦織選手はよくフルセットまで持ち込んだわ…。
・取り組み見ていませんが、綱取り場所明言なしの初優勝で何故に横綱に…? 小錦・魁皇が泣きそう。
・レバンガ連勝で降格プレーオフ圏脱出は仙台との争いに。連敗だとかなり厳しい立場だったのでまずは一息。

2017年1月21日 (土)

2017年シーズン北海道コンサドーレ札幌補強総括

年前の補強ポイント中間診断では30%と厳しいオフシーズンを戦っていましたが、キックオフイベント直前に一気に盛り返しましたね。

FW 金園英学(ベガルタ仙台) 
FW チャナティップ・ソングラシン(ムアントン/タイ) ローン移籍

MF キム・ミンテ(ベガルタ仙台)
MF 早坂良太(サガン鳥栖)
MF 兵藤慎剛(横浜M)
MF 横山知伸(大宮アルディージャ) ローン移籍

DF 田中雄大(ヴィッセル神戸) 

ユース昇格
FW 菅大輝
DF 濱大耀


私的補強ポイント
①CHのレギュラー格・サブクラス1人ずつ補強
②J1で戦えるDF出来れば最低1枚
③堀米移籍の穴を埋める選手
④前線でプレスが出来るFW
⑤得点能力を持ったシャドーストライカータイプのOH

現状
①シーズン序盤は恐らくCB起用と思われるがJ1で136試合出場の横山加入は大きい。兵藤も2012年シーズンにこのポジションで16試合出場しており深井復帰後コンビを組むのも面白いか。20%達成。
②横山が加わることで序盤復帰が厳しい増川の穴は埋められる。中央は横山・河合を軸に増川がチーム完全合流でポジション再び奪えるかサポとしては楽しみである。10%達成。
③J1の壁には跳ね返されているがJ2では主力級の田中獲得に加えてまさかの早坂も加入。このポジションは謙吾・荒野・上原・ジュリーニョもプレー可能なので一気に最激戦区に。20%達成。

④プレスもかけて身体も張れるファーストトップは都倉だけだったのでこのポジションの補強が急務だったが、フィニッシャー寄りだが泥臭い仕事も出来る金園なので期待できそう。20%達成。
⑤兵藤は30歳前後で移籍してきた日本人歴代NO.1プレイヤーと言えるかもしれない。一人で打開するタイプではない典型的なリンクマンだが、マセード・ヘイス・早坂・福森と上手く絡んでの攻撃が出来ればチームとして1ランク上にいける。20%達成。

総計 90%


CBがもう1人獲得できれば100%だった、コンサドーレというチーム規模では素晴らしい補強だったと思います。玄人好みというかネームバリューがある選手ではないかもしれませんが、チャナティップ・横山以外は完全でしかもJ1経験値が高い選手をよく集められたなと。後はキャンプやトレーニングマッチでチーム戦術落とし込みながら、仮に負けが込んできても下を向かずすぐ切り替え出来るチームに持っていければJ1でも戦えるはずです。

2017年1月16日 (月)

オルレアンローズ直線見事な逆噴射で10着入線

HAHAHA 1頭だけスプリント戦みたいに道中ぶっ飛んでいきましたね~。
距離に柔軟性を持たせることが出来るかという実験は失敗に終わり、スプリント路線に舵を切った方が良いという回答でした。

今回はスタートが抜群とも言えず、いつも通りにあっさりハナを奪うことは出来ませんでしたが、スピードに乗ってしまえば早いラップを維持出来ていますので、このクラスの短距離戦でも十分戦えそうな資質を感じ取ることは出来ました。坂も堪えない特性からベストは中山1200で、ローカルの1200~1400も直線短い競馬場なら有利に戦えそうで、ペースはスローよりハイかミドルの単騎逃げで後続の脚を使わせながら粘りこむのが向いているのかも。

2017年1月14日 (土)

本日の出走予定

オルレアンローズ
土曜中山10R初富士S(1600万下) 1800m混合戦

個人的には中山だと守備範囲がマイルまでと予想していますので、距離は1F長いと思っています。枠も外ですが少頭数ですのでスタートが綺麗に決まってすんなりハナに立つことがまず第一でしょう。そのままハイペースで逃げて後続に脚を使わせたらそのままぐたぐだな展開で乱戦に持ち込むか、スローペースに持ち込んでこの距離で使える最低限の目途を図る教育的なレースにするか陣営次第でしょうね。

2017年1月 6日 (金)

今週のレース予定

ウィッシュノート

2017/01/05 <出走情報(確定)>
ウィッシュノート
 1/7(土)京都2R 3歳未勝利〔D1,200m・16頭〕54 松若風馬 発走10:40
2017/01/04 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、3日に坂路で追い切り
次走予定:京都1月7日 ダート1200m(牝)〔松若風馬〕

安田隆行調教師「3日に坂路で追い切りました。前走後も状態は変わりなく、当初は中京開催まで待つことを考えていたものの、やはり牝馬限定戦の方が相手関係も楽になるでしょうし、この中間はすこぶる状態が良いので、予定を前倒しして1月7日の京都ダート1200mを松若騎手で使うことにしました。もう少しレース経験は必要かもしれませんが、確実に良化しているのがレースを見ていても分かりますから、前走以上の走りを期待しています」

2017/01/03 <調教タイム(12/27~1/3)>
ウィッシュノート
  助 手 12.29 栗坂重 57.1- 41.8- 27.0- 13.4 馬なり余力
  助 手  1.3  栗坂良 55.4- 40.3- 25.7- 12.5 馬なり余力
   マナープリンセス(三未勝)末強目を0.9秒追走同入


サーブルノワール

2017/01/05 <出走情報(確定)>
サーブルノワール
 1/8(日)中山5R 3歳未勝利〔芝2,200m・16頭〕56 蛯名正義 発走12:15
2017/01/04 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで4日に時計
次走予定:1月8日の中山・芝2,200m〔蛯名正義〕

小島太調教師「4日に坂路コースで追い切りを行いました。終いまでしっかり反応していましたし、良い動きでした。帰厩後も順調に調整できましたし、久々となりますが仕上がり具合は良好です。テンからグッとハミを取って行けるタイプではないので、ゆったりと行ける距離の方がいいと思います。馬はだいぶしっかりしてきて、成長が窺えるだけに、前進に期待したいですね」

2017/01/04 <調教タイム>
サーブルノワール
  助 手 1.4 南坂良 53.8- 39.2- 25.9- 12.7 馬なり余力

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ウィッシュノートは予定前倒しで牝馬限定戦での出走となりました。未勝利戦の場合、中央馬場の牝馬限定とローカルの混合を比較してどちらがメンバー手薄になるかは私には分からないのですが、スピード指数は上位ですし展開次第でなんとか…でしょうか。

サーブルノワールは一週前追いきり4F52.6ラスト12.3等調教では走るイメージなのですが、肝心なのは実戦。前2走はまだまだ幼く競馬になっていないように見受けられましたから、この放牧で古馬と一緒に入念に乗り込んでどれだけ大人になれたか確認の為の一戦と個人的には位置づけています。

2017年1月 4日 (水)

今年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2017年度はコンサドーレが5年ぶりのJ1復帰ということで、競馬ブログながら競馬とサッカーの話題が半々になってしまうかもしれません。今年の強化費11億と大幅増額ですが、例年J1チームの強化費平均15億から今年度は明らかにアップしていますので、苦戦は免れないことはある意味いつものことと割りきって最後まで応援していきたいですね。

身体が調子良いときに視聴したくなりますので、ダ・ゾーンは契約しておかないとダメですかねぇ…。
そしてコンテンツ確認してみたところ、確か今年のツール配信予定だった筈がひっそりと消えてるよorz
ジロが見れそうなのは魅力的なんですけどね。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31