無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

広島戦短文感想とブログ更新放牧明け

かなり時間空いたので思い出しつつ。

・ポゼッションは握られサイドも前半は防戦一方でしたが、相手の攻撃が中央で交通渋滞引き起こしていた結果、いつもの中央の最後の部分ではやられないコンサドーレのペースで終わりましたね。

・ミンテは守備ではDFの基本のディレイよりチャレンジでボールカットもあった一方、やはりそこを狙われて裏取られたのもあり、ぶっちゃけWBの選手は神経すり減らすわなぁと。ただ、セットプレーから綺麗にマーク外してフリーで折り返せるセンスは、やはりシャドータイプとしてジュリーニョ・ヘイスに7月合流のチャナティップと競わせたいと評価上昇かなぁ。結果次第で、その時期には欧州の移籍ウインドーも開いてますので、どう見ても層が薄く柱になる存在も欲しいCB獲得してほしいところですが。

・都倉J1仕様のFWに変貌しましたねぇ。足元で綺麗に収まるとまではいきませんが、あれだけエアバトルで勝てるとチームとしては助かります。これで後は相方がヘイスになるか金園になるかは分かりませんがそこがフリーになって得点力向上すれば目標達成も見えてきます。


肩の注射も終了し、後はまだ残る痛みを許容しつつ少しずつ更新速度上げる予定です。
一口今年まだ未勝利なんですよねぇと涙を拭いつつ。

2017年3月17日 (金)

ホーム開幕戦C大阪戦感想

最近肩の可動域が広くなってきましたので、後1回か2回の注射で終わると良いなぁと。

・前半45分間は3戦の中では最悪の出来かと。初戦・2戦目はJ1のチームでしたが、今回は残留争いという立場の同じチーム同士でしたので必要以上に慎重になることはなかったかな?

・今回は中央よりサイドの攻防がチームの勢いを鮮明にしたかもしれません。コンサドーレの左サイドは松田選手に対して田中・兵藤・福森のトライアングルが完全に攻略していたので、田中のあと少しの精度次第でもっと楽な展開だったかも。

・逆に右サイドは丸橋選手にボコボコにやられていました。柿谷選手が消えていたのに、かなりポジショニングが怪しくてハラハラしっ放しのミンテに集中力奪われていたのか、謙伍にとってのBAD DAYでしたね。ただ、マセード投入後は逆に丸橋選手が押し返されてドリブルは奪われる気もしませんでした。クロスの精度も相変わらず高いですので、コンディション戻った今なら右サイドのファーストチョイスは彼でしょう。

・悩める都倉を解き放ったゴールは見事。反則っぽいのはアレですが、そこに笛吹かれたら終盤のエリア内のチャージも決定機阻止でPKモノでしたから、流す傾向な審判ということで。

・兵藤獲得できなかったらぞっとすると言いきれるレベルでチームに欠かせないピースになりました。兵藤・宮澤がチャレンジして深井がカバーもしくは二次プレスで奪いきり、そこから兵藤の動きがスイッチとして攻撃に転じますので現時点で深井と共に変えの利かない存在です。


・悩ましいのは菊池の負傷具合。開幕前の戦力補強でDF一枚足りないといったのが現実になってしまいました。個人的な感想ですがミンテはDFだと怖すぎて使うならFWとしてと判断しています。自信失い気味なのかもしれませんがCHとしては深井・兵藤・宮澤が不動で、菅君もルヴァン杯でこのポジションで結果出して荒野・前と駒数揃っていますので厳しいですね。厳しい言い方ですが、昇格組やJ1下位のチームは「通称外国籍選手ガチャ」で当たり引かないと落ちる確率上がりますので、ローン移籍で枠を開けて一次移籍ウインドー閉まる今月末までに獲得するのも手かもしれません、リストアップは一年中しているでしょうし。

・現時点では進藤・永坂についてもカップ戦で経験を積んでからじゃないと少々心もとないですので、福森・河合・横山の組み合わせが安心できそうな組み合わせでしょうか。

2017年3月10日 (金)

横浜M戦感想

注射が効いているうちに。

・福森も負傷交代でこれで昨年のDFレギュラー全員が離脱かと思わず頭を抱えたが、菊地・福森間に合いそうなのは朗報。
・内容はスコア自体はボロボロですが、前半はコンサペースであのポストに阻まれた一撃が入っていたら結果が変わっていた可能性もあったかな?

・横浜Mがボール回している際は恐ろしさは感じず、こちらが持っている時のハイプレスからのショートカウンター狙いに気を付けるのと共に戦術は斎藤学とも言えたので、エリア内に人数揃えた状態で、中を切り縦に行かせてクロス上げさせれば脅威半減でしたが…。

・後半入りの2失点は自滅。突出した2枚の個を持つ相手に、どちらも不用意すぎる低い位置でパスミスやボールロストからショートカウンターさせた時点で…でしょう。1点目は素直にバブンスキーのゴラッソを称えるべきですが。J1ではあの位置でのミスは即失点危機コースなので、判断のスピードに慣れないといけないでしょう。

・攻撃は後半は見どころなかったですね(苦笑) まぁ、疲れてもセットプレイは武器にはなるのでパターンを増やしながら辛抱強く磨きをかけるべきかと。流れの中では、深井がアンカーの位置でボール奪ってからキム・ミンテと兵藤をテンポ早めに前線に走らせたり、サイドに散らせて良い形でクロスやフィニッシュまで行けていたので、後数試合で試合の中でコンディション高めていけば大丈夫そうですね。

・ジュリーニョと都倉は…う~ん。現時点で2人の力で打ち破るのは厳しそうです。センターハーフ3枚の陣形は横浜M戦では機能しているように感じましたので、都倉外してジュリーニョ・ヘイスの2トップか中盤3枚固定だと他にはクリスマスツリー型しか思いつかいないですね…。マセードがコンディション回復しているならピンポイントのアーリークロスという昨年お世話になった武器も復活しますが、そうなると枠問題も。


キム・ミンテ
○キャンプも順調にこなしコンディションは良い。
中盤から前に飛び出す推進力の高さに試合中にCBにポジション変更できるユーティリティーさ。
×センターハーフとして雑に感じる事があり、テンション上がった時に赤紙配給されそうな荒さを持つ。寧ろFW向きのような…。

マセード
○クロスやサイドチェンジの精度の高さは福森と並び双璧。選手片方に寄せた後にサイドチェンジ受けて、そこから上げたクロスボールに複数人が飛び込む四方田監督ユース時代サッカーにはハマる選手。
×ブラジル国籍のSBの宿命なのか守備は弱さも。キム・ミンテと反対でノーマークで打てる場合でも、もっと確実に決めれるポジションにFWがいればプレゼントパスする程得点に拘りはなさそう。

2017年3月 3日 (金)

開幕カード仙台戦感想短文

注射を打った後じゃないと書き込みできませんねぇ…。

・思ったよりはやれていた。昨年J2でチームの特徴だった、エリア内での勇気を持ったスライディングでのシュードブロックが今回も出せていたはプラス。しかし課題だったバイタルエリアが埋め切れずに、跳ね返った際のセカンドボールが拾われて二次三次攻撃許したのは改善できず。

・失点シーンはガス欠により深井・宮澤の注意力が下がっていたこと、キム・ミンテの軽い対応が原因かな?
スコアレスドローが見えていたので勿体なかったのも本音。

・攻撃陣はジュリーニョ・マセード・兵藤が全体練習復帰から3日程度、深井も怪我明けで開幕を迎えたという明らかに準備不足なので出来は止む無し。無事に消化出来た都倉・内村の2トップに変更するか、ヘイス・金園も2日前復帰したのでいっそのこと後1・2戦はコンディション上げたい選手を起用して、得点はセットプレイに賭けるという博打もありか?

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31