無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 開幕カード仙台戦感想短文 | トップページ | ホーム開幕戦C大阪戦感想 »

2017年3月10日 (金)

横浜M戦感想

注射が効いているうちに。

・福森も負傷交代でこれで昨年のDFレギュラー全員が離脱かと思わず頭を抱えたが、菊地・福森間に合いそうなのは朗報。
・内容はスコア自体はボロボロですが、前半はコンサペースであのポストに阻まれた一撃が入っていたら結果が変わっていた可能性もあったかな?

・横浜Mがボール回している際は恐ろしさは感じず、こちらが持っている時のハイプレスからのショートカウンター狙いに気を付けるのと共に戦術は斎藤学とも言えたので、エリア内に人数揃えた状態で、中を切り縦に行かせてクロス上げさせれば脅威半減でしたが…。

・後半入りの2失点は自滅。突出した2枚の個を持つ相手に、どちらも不用意すぎる低い位置でパスミスやボールロストからショートカウンターさせた時点で…でしょう。1点目は素直にバブンスキーのゴラッソを称えるべきですが。J1ではあの位置でのミスは即失点危機コースなので、判断のスピードに慣れないといけないでしょう。

・攻撃は後半は見どころなかったですね(苦笑) まぁ、疲れてもセットプレイは武器にはなるのでパターンを増やしながら辛抱強く磨きをかけるべきかと。流れの中では、深井がアンカーの位置でボール奪ってからキム・ミンテと兵藤をテンポ早めに前線に走らせたり、サイドに散らせて良い形でクロスやフィニッシュまで行けていたので、後数試合で試合の中でコンディション高めていけば大丈夫そうですね。

・ジュリーニョと都倉は…う~ん。現時点で2人の力で打ち破るのは厳しそうです。センターハーフ3枚の陣形は横浜M戦では機能しているように感じましたので、都倉外してジュリーニョ・ヘイスの2トップか中盤3枚固定だと他にはクリスマスツリー型しか思いつかいないですね…。マセードがコンディション回復しているならピンポイントのアーリークロスという昨年お世話になった武器も復活しますが、そうなると枠問題も。


キム・ミンテ
○キャンプも順調にこなしコンディションは良い。
中盤から前に飛び出す推進力の高さに試合中にCBにポジション変更できるユーティリティーさ。
×センターハーフとして雑に感じる事があり、テンション上がった時に赤紙配給されそうな荒さを持つ。寧ろFW向きのような…。

マセード
○クロスやサイドチェンジの精度の高さは福森と並び双璧。選手片方に寄せた後にサイドチェンジ受けて、そこから上げたクロスボールに複数人が飛び込む四方田監督ユース時代サッカーにはハマる選手。
×ブラジル国籍のSBの宿命なのか守備は弱さも。キム・ミンテと反対でノーマークで打てる場合でも、もっと確実に決めれるポジションにFWがいればプレゼントパスする程得点に拘りはなさそう。

« 開幕カード仙台戦感想短文 | トップページ | ホーム開幕戦C大阪戦感想 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2007581/69877088

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜M戦感想:

« 開幕カード仙台戦感想短文 | トップページ | ホーム開幕戦C大阪戦感想 »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31