無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月26日 (水)

DAZN3連戦

土曜日にレッズ戦、月曜は見逃し視聴でエル・クラシコ、火曜は同じくデポルの試合と立て続けの3試合視聴でしたが何と申しますか最後に落とし穴が待ち受けてましたね。

まずは順番に短文感想を。

コンサドーレVSレッズ
・試合内容は5-2もしくは6-2という大差のゲームになってもおかしくはなかったが、ソンユン大当たりで僅差のゲームに。結果自体は2-2のドローが妥当。J各チームのサポ間で有名なダ○バーの一連の流れを審判は注意して観なければいけないのにまんまとハマってしまったのはやはり不満。
・両サイド共に完全に支配されており、関根選手は本当に怖い存在だった。2点目のあの場面で思いっきり高いコースに蹴りこめる選手はウチにはいませんね。
・菅君のJ1適応の速さには目を見張るしか。171cm69kgというガチムチ体型ですが、J1のDFに当たり負けするどころか吹っ飛ばす芯の強さは、ヘイス・ジュリーニョが戻ってきてもそう簡単にはポジション渡さなさそうな頼もしさを感じます。


レアルVSバルサ
・メッシがいたチームに勝利の女神は微笑んだ。
・試合全般はレアルのペースだったかと。SBが上がってきたところのカウンターがかなり効果的で、特にベイル負傷退場後投入のアセンシオの高速ドリブルは効いており、この日不調のロナウドが1点でもクロスに合わせていれば…でしょう。
・バルサに関してはメッシの大舞台での凄みは変わらずですが、チーム力全般は以前(2・3年前)より落ちている印象。こんなに縦パスをトップに当てられないチームだったっけ? というのが率直な感想。D・アウベスがいなくなってワイドに相手DFを引き付けることが出来なくなり、結果スペース作ることが出来ないのかな?


レアル・ソシエダVSデポル
衝撃の一言。デポルこんな姿になっていたのか…。黄金期が過ぎ去り、チーム破産危機や2部降格も経験等、もうスーペル・デポルではないのは分かっていたのですが、これは…。ボールは繋げない、トップもキープできない、攻撃はサイドからの単発のドリブル突破ぐらいでチームとしての攻撃は成り立たず、守備もプレスがかからないので相手が悠々とプレー出来て90分間サンドバックの、はっきり申し上げると昨年悪かった時のコンサレベルじゃないかなぁと。サラゴサ時代の大久保選手がリーガの下位チームはJ1より弱いとコメントしてましたが、実感しましたね…。

2017年4月19日 (水)

満身創痍

毎週のサッカー視聴が身体にダメージ与えていた模様で体調崩していてやっと病み上がりといったところですね。

タイトルの満身創痍は私のことではなくコンサドーレの選手の方々に対してですね。
FWはヘイス(膝半月板損傷で手術)、金園(肉離れ)、内村(まだ試合見れてないのですが)
MF 深井(膝前十字靭帯断裂・半月板損傷)、ジュリーニョ(肉離れ、実際はFW起用)、マセード(肉離れ)・稲本(膝半月板損傷・膝軟骨損傷)
DF 増川(膝十字靭帯断裂)、菊地(ふくらはぎ痛)

キープレイヤー・主力・準主力とここまで離脱しているのに、7試合で勝ち点8は偉業でしょうウチの現有戦力では。
プレイ可能なFW登録の選手は「戦術都倉」とルーキーの菅君のみという手薄っぷりで、GW中のルヴァン杯どうすんだと遠い目したくなってしまう惨状ですね…。2種登録の藤村怜君にデビュー早くなるかもしれません。

2017年4月 7日 (金)

今季絶望

深井選手の負傷個所は左膝前十字靭帯断裂と左膝内側外側半月板損傷と3箇所に渡り、手術は完了しましたが、一部報道では全治8~10か月とのことで復帰に関しては少なくとも今季は絶望、リハビリも考えると来年もシーズン当初には間に合わないかもしれません…。

移籍ウインドーが閉じた矢先の事態で、現在彼の穴を埋める存在はいませんから、再度ウインドーが開く7月までの3か月間平均失点が上昇する見通しは立てた方がよいかもしれませんね…。
うん、今週は気力湧きませんでしたね。久々のJ1でいきなり最悪のニュースでしたから…。

2017年4月 4日 (火)

負傷具合次第では今季終了?

いつもの感想は省略で、恐れていた深井の離脱が現実のものとなりました。接触ないところで痛めたので、過去と同じ症状なら今季絶望の可能性もあります。これで深井・稲本と現代フットボールで重要なボールゲッターが離脱、特に深井は今のコンサには変えの利かない存在ですから、率直に申し上げると昨季の終盤の失速と同じ現象がここから始まる恐れもあります。

そして、現在の野戦病院っぷりはGK以外で1チーム作れる程に。

         金園

早坂      ヘイス       石井


    深井       稲本


田中   増川    菊地    マセード


うん、甲府戦深井負傷交代後のチームより強く感じるのは私の気のせいでしょうか。
J2なら普通に優勝狙えるとは思うのですが。 

2017年4月 2日 (日)

BAD DAY

ようやくブログ復帰かと思った矢先液晶モニターが天に召されましたが、本日のダゾーンデビューになんとか間に合いました。

そして結果は深井が怪我とは勝敗以上に激痛ですね…。
競馬もブレイクエースがフレグモーネ発症と症状が軽いことを祈るだけですし、オルレアンローズは中団どころか最後方からの競馬になりましたが合わないみたいですねぇ。1200で再度逃げるのも良さそうですし、一度ダートで使ってみるのもアリかもしれません。

最後にツッコミとして、ミンテさんソンユンが早めにタッチラインに出せとジェスチャー付きのコーチングしていたのに意思疎通出来なかったんでしょう…(汗)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

カテゴリー

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30