無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月24日 (木)

出資馬近況抜粋+雑感とフットボール二行感想

キャロットクラブさん出資馬

ブレイクエース
ムラセFさんで暑さを避け放牧中。このペースだと次走10月くらいになりそうですねぇ。

レオパルディナ
前走後しがらきさんへ放牧に。これは6歳3月まで走るのかな?

マカレア
土曜の牝馬限定を戸崎騎手騎乗で出走確定。抜けた馬は不在で混戦でしょうか。

カラドゥラ
天栄さんでじっくり動かしていますね。理想は秋デビューで来春勝ち上がりですかね。

ラプトレックス
しがらきさんで乗り込み中。今月入厩出来れば9月下旬~10月上旬デビューでしょうか。


シルクホースクラブさん出資馬

タイムレスメロディ
9月3日小倉牝馬限定に出走予定です。筋肉固くなりやすい体質ながら、デビュー時より徐々にタフになってきてますね。

ウィッシュノート
9月10日阪神牝馬限定で昇級戦を迎える予定です。まずはタイムをどれだけ縮めれるかでしょう。

サーブルノワール
焦らず治療ですね。

インペリオアスール
すぐに引退させずに治療継続していますから、完治して地方競馬で出直し出来れば…でしょう。

ラグナアズーラ
天栄さんで調教ペースが徐々に上がってますので、秋に復帰できればですね。

セダブリランテス
23日に帰厩しました。外傷のケアも含めて、手塚先生お願いいたします。

セドゥラマジー
現在脚元に疲れが出た状態でペースダウンしています。無理せず進めることは夏の暑さを避けることにもなりますので、一度仕切り直しで秋~冬に再度目標設定が良いかもしれませんね。

ルーカス
22日に早来さんへ放牧となりました。個人的には強さしか見えないレースだったのですが、堀先生は課題を挙げて秋の東京開催以後を迎える予定とのことです。

リベラメンテ
腹袋が昨年より絞れながら、全体は徐々にマッスルになってきていますね~。今月入厩予定とのことで、まずはゲートに早く慣れるかですね。


ノルマンディーオーナーズクラブさん

オルレアンローズ
16日に松風馬事センターさんへ移動しました。前走はちょっと高木先生も納得いかなかったようなコメントですね。個人的には一度上位騎手でのレースを見てみたいなぁと。着火具合をどれだけコントロール出来るかという部分で。

ファントムメナス
最近強めに負荷を掛けても絞れないって、どんだけ食べてるor汗かかない体質なんですかね?

ホマレ
比較的夏に強い牝馬のこの仔が若干夏バテに挫石と、ペースダウンですね。仕上がりをじっくりと待ちましょう。


フットボール二行感想
川崎フロンターレVSコンサドーレ札幌
可変システム(5-2-3からWB一枚下げる4-3-3か、2シャドーをセンターハーフまで降ろす5-4-1)は機能した部分もありましたが、ライン下げすぎるとJ1にはやはり最後まで持たないなぁと。


デポルティーボ・ラ・コルーニャVSレアル・マドリード
デポルの開始早々2つの決定機をどちらかだけでも決めていればまた違った展開になった…のかな?
セルヒオ・ラモスまた退場かいと思いつつも、1枚目は一発レッドで2枚目はあれイエローじゃないよねぇ(苦笑)

2017年8月22日 (火)

週末のレース結果

レオパルディナ

8/20  小倉競馬場
20日の小倉競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団後方を追走。徐々に動かして進出を試みるも、直線は手応えなく12着。「前走と比べるとスタートから行き脚がつかず、道中はハミを取ってくれませんでした。滞在で輸送はなかったのに馬体が減っていたあたり、ちょっと本調子ではなかったのかな、とも思います。続けて乗せていただいたのにいい結果を出せず申し訳ありません」(中谷騎手)

前走後は小倉競馬場に滞在させじっくり調整してきましたが、馬体重はマイナス10キロと予想外に減ってしまいました。自分からハミを取って行かなかったというジョッキーの話もありましたし、暑い時期で多少疲れも出ていたのかもしれません。この後はトレセンに戻して馬体を確認してから検討します。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/08/21 <レース結果>
 8/20(日)札幌5R メイクデビュー札幌〔芝1,800m・9頭〕優勝[2人気]

調教時から着用していたチークピーシズを本番でも着用して出走しました。道中は後方を追走し3コーナー手前から徐々に進出を開始します。直線入り口では先頭にならびかけ、そこからさらにもうひと伸びして、大歓声の中デビュー戦を勝利で飾っています。

J.モレイラ騎手「デビュー戦とは思えないくらいとても落ち着きがありました。返し馬を行なってからもいい精神状態でした。レースでは折り合いが付きましたし、前の馬の手応えやペースを見ながら追走しました。緩やかなペースでしたし直線の短いコースで瞬発力勝負は避けたかったので、早めに動いて行きましたが反応が良かったです。そのまま勢いを付けて直線に向いて、追ってからさらに伸びてくれました。現時点でモーリスと比べるのは難しいですが、ルーカスもかなり高いポテンシャルを持った馬だと思います。チークピーシズについては今後つけるかは調教師の判断となりますが、今回に関して言えば着けておいて良かったのだと思います」

D_02680319

今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


レオパルディナの方は私が過去視聴したレースの中でもしかすると一番意図がつかめない展開でしたね。
以前レースで接触してからだと思うのですが、馬群で揉まれてしまいますと走る気を無くすのが素人目からでも分かっていましたから、単騎逃げに徹するか4歳夏より覚えさせてそこそこ形になっていた後方待機で直線に賭けるという極端なレースに持ち込むと思ったら…ですね。

ここで放牧になるでしょうから、残り2戦か3戦走らせるか早期引退で無事繁殖上がれるか…ですかね。


ルーカスで出資馬の新馬勝ちは4頭目になるのですが、過去見たことない圧巻のパフォーマンスでした。
調教タイムやコメントでは身体が出来上がるのはまだまだ先で今回はレース経験の為の出走と思っていたところに、パドックやレース道中での落ち着きと鞍上の指示通りに動ける操縦性、捲りながらも一度溜めてそこから優位に進めていた先行勢を力で捻じ伏せてますからね…。

ただこれで1つ勝てたことで、本格化するであろう古馬以降にどれだけやれるか楽しみになってきました。
皆さん期待のクラシック戦線は、身体がもし早めに出来上がれば参戦もありかなぁと。

2017年8月15日 (火)

シルクホースクラブ様抽選結果

Photo

実績でギリギリ取れたのか定かではありませんが、キーオブライフの16は無事確保出来て、それ以外の極悪抽選確率馬達はは下手な鉄砲全弾回避されてとお約束の結末となりました。

通常募集のインターネット申込みも募集馬個々のところまではいくのですが、肝心の申込み画面には辿りつかずちょっと白旗ですね。

この後行われるキャロットさんにまずは全力で挑んで、それでもダメならノルマンディーさんという流れになりそうですね。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

カテゴリー

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30