無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 無念 | トップページ | 出資馬次走予定 »

2017年9月15日 (金)

キャロットクラブ様第1次募集応募結果

第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

52.シーザリオの16              1口   一括   ○    

※左より「募集馬名」「お申込口数」「お支払方法」「当落」「キャンセル待ち番号」となります。
「当落」は○が出資可能となります。(×は落選となります。)
「キャンセル待ち番号」は対象者のみ表示しております。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


無事シーザリオの16が当選しまして、1頭に対しての過去最高出資額となりました。
ペイするには2億前後、出資金のみを回収とする場合でも1億4千万ですから、OPクラスで長く活躍するか大きいところを取らない限りは難しい金額ですよね。末永く現役で活躍してくれることを祈ります。


出資の検討に関してですが、まずはディアデラノビアの16は個人的には好きな馬でしたね。小さい身体なのに動かすとそう感じなかったところがなによりプラスで、成長が追いつけばコツコツと走ってくれそうな素質に血統背景も魅力的でした。

ピースエンブレムの16は1月生まれで既に500kg超とこれから育成していく中で苦労しない馬格の持ち主は良いところですよね。芝ダートどちらもいけそうなのも将来的には強みにみえました。

チェリーコレクトの16と最後に浮上してきたリッチダンサーの16は、最初から体格に心配ない点はディープ牝馬にとってそれだけで強力な武器になります。ディープ産駒自体1歳夏と2歳夏で大きく変わりますので、この時点での完成度問うのは難しいんですけどね…。逆にトレセン入ってから急に身体が萎んでしまった仔もいましたし(汗)

ジュモーの16も良い馬だとは思うのですが、パワー系キンカメ産駒で過去に感じたキンカメ良血馬の圧倒的威圧感までは感じられなかったのが…ですね。これは個人的好みの問題でもあるのですけど。


ただこう検討していく中で、どうしてもシーザリオの16のイメージに他馬のツアーでの姿がかき消された、これだけなんですよね、今回決めた理由って。
そして、シーザリオの16が今後の一口競馬に対してのスタンスを決める重要な一頭になりそうです。

これ以降、今年度・来年度の出資に関しては基本的には無しの方針です。例外は来年度にノルマンディーさんの貯まっているポイントである程度充当できる格安馬のうち、良さげのが募集馬がいたらですね。

« 無念 | トップページ | 出資馬次走予定 »

シーザリオの16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2007581/71721525

この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様第1次募集応募結果:

« 無念 | トップページ | 出資馬次走予定 »

カテゴリー

ウェブページ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30