無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月21日 (火)

向かう視線は既に来季へ

16年ぶりのJ1残留。決まった瞬間は泣きました。岡田監督時代に一度だけ残留したことはあっても、どうして年間4勝で為す術もなく一年で落とされたのが2度もあり、昇格できるのが4~6年に一度ですからどうしても叩きのめされた記憶の方が強い訳で。

そんな中、今年の強化費が恐らく最下位でサッカーライター・解説者も軒並み最下位候補に挙げていたのを覆す2試合残しての残留を自力で決めるのですから、これ以上何を望めと。


しかし、喜んでいられるのはその日までで翌日からはコンサドーレのような資金力がないチームは来季に向けての陣容と言うか具体的に言うと補強を考えなければいけませんし、野々村社長も既に動き始めているようですね。
寂しいことですが、0円契約提示者の人件費で浮いた分で新たにJ1クラスの選手を獲得することを続けることで、徐々に定着する為の戦力が整います。

日本人に関しては、今年までの契約の選手に積極的に声をかけ、なるべく違約金のかからない選手獲得を目指すことがコスパ的にも良いでしょう。
そして外国籍選手は1人は恐らく契約満了かなと思っていますし、来季4バックに移行せずに5-2-3(5-4-1)を継続するならもう1人も厳しいかもしれません。
ジェイ・ソンユン・ヘイス・チャナティップは来季も重要な戦力ですから何とか残ってほしいですね。


気になるのはソンユンの兵役問題で、来年アジア競技会があるのでそこで金メダル取れば免除されますが、敗退するとKリーグ一年プレイ後入隊になります。この点に関しては日本に勝ってほしいですが韓国が負けると退団ほぼ決定ですので、心境複雑ですね。

チャナティップに関しては一部報道で、プレミアリーグのレスターのオーナーがタイの方で、自国のスーパースターであるチャナティップ獲得を狙っていると報じられており、こちらはローンで借りている以上保有権を持っているムアントン・ユナイテッド次第では話が纏まる可能性もある訳で…。


河合さんの怪我で益々CBの層が薄くなってしまいましたので、最優先はJ1レギュラークラスのCBの獲得、次いで兵藤が離脱中、本職がセカンドトップ・ウイングの荒野が宮澤キャプテンの相棒を勤めていましたのでここも1枚欲しいです、深井の復帰時期がまだ未知数ですので。

他には4バックなら左SBは石川・福森・田中、右SBはマセード・進藤・早坂といるのですが、WBだと1人で相手ウイング・SBを見なければいけない性質上、独力突破かつ守備力の高さが必要条件(ウイング的能力に、SHとしてのトータルバランス能力、SBとしてスペースカバー能力)ですので、そう簡単には人材転がっていませんね。

マセードはサポの間で評価低いのですが、元々の持ち味がクサビからサイドにフリーで叩いて受け取ったボールのクロッサーとしての能力とその駆け上がるタイミングの良さだと個人的には思っていますので、現在の攻撃は左サイド一辺倒で、右サイドわたる頃にはとっくに相手が2人以上戻ってスペース無くなっているパターン多数ですから、個人的には不憫だなと。

週末のレース結果

マカレア

11/18  西村厩舎
18日の福島競馬ではスタートで出遅れて道中は最後方でレースを進める。終い勝負にかけると直線ではジリジリ脚を使うが7着まで。「終いはしっかり脚を使えていただけに、今日はスタートに尽きます。申し訳ありませんでした。危ない態勢だったので、ゲート内で微調整をかけていましたが、タイミングが合いませんでした。スムーズに運べていれば勝負になったと思うだけに本当に悔しいです」(中谷騎手)

二走前の走りからも現級で通用する力はありますが、今日に関してはスタートを決められなかったのが大きいでしょう。終いはキッチリ脚を使えていただけに悔しい限りです。今後については栗東トレセンに戻ってからの状態次第で検討していきます。


ブレイクエース

11/18  戸田厩舎
18日の福島競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。勝負どころから仕掛けていくが、肝心のところで前をカットされるとそれ以降は脚を使えず14着。「本来ならもう少しポツンとした位置で競馬をさせてもいいのかもしれませんが、具合が良いのもあるのか、ある程度馬群に取り付いて進めることができました。その分、促していく際の手応えは以前騎乗した時の方が良かったのですが、今日に関しては勝負どころで進路をカットされたのが、全てだと思います。参考外の競馬と考えていいでしょうし、次で巻き返したいですね」(丸山騎手)

「今日は東京競馬場に臨場していたのでモニターでレースを見ていたのですが、勝負どころで上がっていきたいなと言うタイミングで画面が切り替わり、次に映った時には一気に最後方にさがってしまっていたので、状況が良く分からず、何が起きたのかと不安な気持ちでした。レース後にスタッフと電話で話すと、前をカットされた影響が強かったようですね。実馬を見ている訳ではないのですが、気持ちの面で難しさを出すことがある馬ですし、不利を受けたことで気持ちが切れてしまった可能性もあるでしょう。まずはトレセンでしっかりと心身の状態を確認させていただきます。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(戸田師)

前回の競馬が如何にも休み明けという形だっただけに今回は大幅な前進に期待しました。しかし、肝心の勝負どころで進路を塞がれてしまい、参考外のレースとなってしまいました。今日の悔しさは何とか次走で晴らしてもらいたいと思います。今後については美浦トレセンへ戻ってからの状態を見た上で検討していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/20 <レース結果>
 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕2着[2人気]

五分のスタートを切るも行き脚付かず、最後方からの追走となります。縦長の展開の中、最後方のまま直線を向き、外に進路を取りながら懸命に前を追いますが、先に抜け出した勝ち馬には及ばず2着でゴールしています。

R.ムーア騎手「初めて乗せてもらいましたが、いい馬ですね。まだキャリア2戦目の馬ですし、子供っぽいところがありますから、今日は競馬を教えるつもりで騎乗しました。スムーズに無理のない競馬ができたと思います。勝ち馬が強かったので2着はしょうがないですが、ルーカスもよく頑張っていると思いますし、今後に向けていい経験になったと思います」

堀宣行調教師「勝ち馬には差をつけられてしまいましたが、ムーア騎手の話すように、まだまだこれからの馬ということを考えれば頑張ってくれていると思います。現状の力は出してくれたと思いますし、何より負担の少ない競馬で賞金を加算できたことは大きいと思います。今後も一つ一つ課題をクリアしながら育てていきたいと思います。今後の予定はレース後の状態を確認した上で検討したいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


短文感想

マカレア 致命的な出遅れはあったが新たな一面を見せた。
ブレイクエース 酷すぎる不利で参考外。最後体力の消耗を抑えてくれた丸山騎手に感謝。
ルーカス 幼さ全開だったが、次善はキッチリ確保。勝ち馬に現時点で勝てないのは仕方がない。

2017年11月17日 (金)

大一番

競馬の方では比較的心に余裕がありますが、サッカーに関しては残留が決まるまで胃が痛くなりそうな日々ですね(苦笑)

残りが清水(A)・G大阪(A)・鳥栖(H)で勝ち点2積み上げれば自力で決めることができますが、この3戦で清水・鳥栖に引き分けか、清水に勝利が現実的なシナリオでしょう。

札幌の強みであるセットプレーとクロスで失点した清水・鳥栖の割合ですが、
清水 セットプレー15(31.3%) クロス8(16.7%)
鳥栖 セットプレー11(28.9%) クロス10(26.3%) となっております。
割り合いは鳥栖の方が高いですが失点数自体は清水の方が上で、鹿島のような守備の鉄壁さはありませんね、データ上では。

明日のゲームで決めることが出来れば選手も残り落ち着いてプレーできますし、他にも野々村社長のスポンサー様獲得活動、契約が今年までの選手に対して早く獲得に動けるのは昨年にないプラス要素ですから、強い気持ちで清水戦での決着を。

週末の出走予定

マカレア

11/16  西村厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「当初は牝馬限定戦を予定していたのですが、節の兼ね合いで想定の段階から出走は厳しそうでしたので、同日の牡馬混合の方へ回ることにしました。鞍上はそのまま中谷騎手にお願いしてあります」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・芝1200m)に中谷騎手で出走いたします。

11/15  西村厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝もCWコースで追い切りを行いました。先週の時点でキッチリと負荷をかけていますから、レース当該週となる今日は終い重点にサッとです。帰厩当初は毛ヅヤがもうひと息かなとも感じたのですが、それも徐々に解消されてきていますし、調教ではしっかりと動くことができていて体調面の問題もありません。前走は本調子を欠いていた分、いいところなく終わってしまいましたが、立て直してこの馬の力さえ出し切ればいい競馬ができるはずですよ」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に中谷騎手で出走を予定しています。


ブレイクエース

11/16  戸田厩舎
18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走いたします。

11/15  戸田厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒9-40秒4-13秒3)。「先週に続いて今朝の追い切りも元気に跨ってもらいました。ウッドチップコースで終いを伸ばすようなイメージでしっかり動かしてもらいましたが、リズムよく駆けることができていたように思えます。元気がエースのことをよく理解してくれているからかしっかり動けていたように思え、ここまで順調に来たなと感じますよ。予定通り伊達特別へ向かうつもりでいますが、登録頭数だけを見ると結構多かったですね…。おそらく入るだろうとは思っていますが、最終的なことは蓋を開けてみないとわかりません。状況によっては他へ移ることになるかもしれないので、その時は改めて相談させてください」(戸田師)出馬状況次第になりますが、18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/16 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで15日に時計
次走予定:今週土曜の東京・東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔R.ムーア〕

堀宣行調教師「1週前追い切りを行った後、右の背腰を中心に疲れが見られる状況だったので、先週末にしっかりとしたケアを行いました。脚元に関しては、大きな不安なく調整を進めることが出来ています。先週の追い切り後から飼い葉の量を増やしているのですが、それでもしっかりと完食できており、馬体重は現在496㎏です。15日にはレースで騎乗してもらうムーア騎手に跨ってもらい、南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の最後方を追走し、直線は最内に入れて脚を伸ばし、最後は同入しています。チークピーシズを着けなくても自分からハミ取って走れていましたし、その中で終始乗り手ともコンタクトが取れていました。また初戦は少しスタートが良くなかったですし、ジョッキーにも感触を確かめてもらいたかったため、追い切り後にゲート練習を行いましたが、特に問題は見られませんでした。まだ全体的に子供っぽいところがありますので、先々のためにレースを教えるという意味でも内容を重視してあげたいと考えていますが、能力を出せる仕上がりでレースに挑むことが出来ると思います」


2017/11/16 <出走情報>

 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕55 R.ムーア 発走15:30

2017/11/15 <調教タイム>

 ムーア 11.15南W稍 53.1- 38.0- 13.1[5]馬なり余力
  マローブルー(古1600万)強目の内を0.4秒追走同入

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは前走の敗戦から一度立て直しての一戦になりますね。福島だと1400や1600がなくいきなり500m延長の1700だとギャンブル性強くなりますから、このレース選択は妥当だと思います。枠は最内1番ですので、経済コースで上手く前につければあるいは…でしょうか?

ブレイクエースは前回のレース調教後、今まで結果を残してくれていた丸山騎手が2週調教で追いきってくれました。福島は外枠差しも決まるコースでエース君に合ってますし、当日の馬場状態で更にキレが増す舞台なら一発あるかもしれませんね。


ルーカスが出走する東京スポーツ2歳Sは怪物ワグネリアンが出走する影響で7頭立てという一口馬主視点では出走するだけで出走奨励金獲得のある意味美味しいレースとなりました。当日は雨予報ですが、これがレースにどう影響するかははっきり言うと分からないですよね、特に2歳戦ですし。

なんとか2着確保して収得賞金積んでほしいのは本音ですが、この仔の場合は古馬になってからが本番と思っていますので、まずはそれまで怪我せず無事にというのが第一です。
ただ、今回も大外枠で揉まれる経験が出来なさそうのは、折角レース出るのに勿体なく感じてしまいますね…。

2017年11月 6日 (月)

大健闘の3着入線

セダブリランテス

017/11/06 <レース結果>
 11/5(日)東京11R アルゼンチン共和国杯(GⅡ)〔芝2,500m・16頭〕3着[3人気]

五分のスタートを切ると3,4番手の内でレースを進めます。3,4コーナーをそのままの隊列で回ると直線は馬群の間を割って脚を伸ばしますが、先に抜け出した上位2頭には及ばず3着でゴールしています。


戸崎圭太騎手「久々のせいかレース前はかなり気負いがありましたが、競馬ではリラックスして走っていました。3コーナー付近で一度手応えが怪しくなったのですが、促すとまた上がっていくことができました。その辺りは若さが出た感じでしたね。直線は最後まで頑張って脚を使っていたので、この距離でも長いということはないでしょう。まだキャリアの浅い馬ですから、それを考えると良く頑張っていると思います」


手塚貴久調教師「帰厩してからコンスタントに長めから調教を行っていましたし、飼い葉は食べていたものの、馬体重はマイナス10㎏と減っていました。ただそれが走りに大きな影響を与えるほどではなかったと思います。前走もそうでしたが、少し3,4コーナーで手応えが甘くなる部分があるものの、そこから促して行けばまたハミを取って頑張ってくれるんですよ。やはり重賞を勝っているだけに、根性がありますね。勝った馬は強かったですが、久々の競馬で初めての距離、そして初めての古馬との対戦と、決して楽な条件ではなかった中での3着という結果は、決して悪いものではなかったと思います。この後はレース後の状態を見てどうするか決めていきたいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


今回メイチの仕上げではなかったので前走程の出来には見えなかったのですが、勝ち馬のキャリアが7戦で府中経験済みに対して、こちら4戦目で距離延長700mの初府中と経験値の低さを跳ね返して頑張ってくれましたね。この条件では優勝馬を逆転できる気はしませんが、地道にレース経験積んで古馬でも成長重ねていけば中距離戦線で楽しる存在になりそうです。

GⅡ3着は賞金加算は出来ませんけど、馬主さんや一口馬主目線では実入り良いので案外嬉しかったりも。


次走は、反動無ければチャレンジCか中日新聞杯。今回出走まで必ずしもスムーズとは言えませんでしたので、一息つくなら中山金杯がターゲットでしょうか?

2017年11月 4日 (土)

アルゼンチン共和国杯出走へ

セダブリランテス

2017/11/01 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで1日に時計
次走予定:今週日曜の東京・アルゼンチン共和国杯(GⅡ)〔戸崎圭太〕

手塚貴久調教師「1日に南Wコースで時計を出し、併走馬を追走から内に併せて最後はやや遅れました。前半が予定より遅めだったことから、ゴール板を過ぎてからもしっかり追っておきました。引き続き蹄の状態は問題ないですし、いい状態で競馬に向かえると思います。実際、セントライト記念の時よりも状態はいいかもしれません。この距離は未知数ですが、血統的にもこなせないことはないと思っていますので、何とかいい競馬を期待したいですね」


2017/11/01 <調教タイム>
 助 手 11. 1南W良 68.1- 53.4- 39.7- 13.1[6]強目に追う
  バトルマイスター(新馬)馬なりの内を1.7秒追走0.3秒遅れ

2017/11/01 <出走情報(確定)>
 11/5(日)東京11R アルゼンチン共和国杯(GⅡ)〔芝2,500m・16頭〕54 戸崎圭太 発走15:35

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


古馬初挑戦がGⅡで距離も700m延長と不安要素盛り沢山ですが、適正を見極める為にまずは頑張って走ってほしいところですね。明日伸びを欠いたら1600~2000がこの仔の適性距離と判断出来るかもしれず、そのカテゴリーだと芝・ダート共に番組は充実していますので選択肢に困らないでしょう。
ステイヤーとして来年戦える目途がつくのが個人的な本音ではありますが。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

カテゴリー

ウェブページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30