無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス

« 明日は長期療養明け2頭の出走。 | トップページ | 部分復旧 »

2018年6月27日 (水)

先週のレース結果

マカレア

6/23  函館競馬場
23日の函館競馬では発馬後スッと行き脚がついて3番手より進める。そのまま前を狙っていきたかったが、コーナーに入ったあたりから手応えが徐々に怪しくなり出し、直線でも脚を使えず11着。
「真面目でとても前向きな性格で、ゲート裏の雰囲気も悪くなく、ゲートが開くとスッと楽に前へ行けました。あの出だったので変に引く必要もなく、無理せず前から進められたのですが、3コーナーに差し掛かったあたりから手応えが怪しくなりだして…。スピードがあって良いのですが、理想を言えばもう少し力強さが備わってくれたらと思いました。また、少しでも時計がかかったほうがいいのだと思います。力になれなくて申し訳ありません」(北村友騎手)

休養の効果から体を増やしてレースへ臨めたので、なんとかいい走りを見せて欲しいと期待しました。しかし、残念ながら早々に脚色が鈍り出してしまい、最後に踏ん張ることはできませんでした。悩ましい状況が続いていますが、昨夏のレースで好走したことがある馬なので何とか巻き返して欲しいと願っています。今後についてはレース後の状態をもとに判断していきます。


6/27  NF空港
24日にNF空港へ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。スムーズに先行できていましたから、もう少し手応えがいいまま直線を向けると思っていたのですが、早々に苦しくなってしまいました。このあたりは久々の分もあるのかもしれません。権利が取れればそのまま使っていきたいところでしたが、優先出走権がない状況なので、いったん放牧に出させていただいています。出走状況を見て再度北海道開催中に使っていければと思います」(西村師)


ラプトレックス

6/23  函館競馬場
23日の函館競馬ではゆっくりとしたスタートになり後方から促しながら追走する。直線外から差を詰めてくるが7着まで。「乗せていただく前に気難しさがあることを聞いていましたが、稽古に跨らせてもらってそのことを掴めていました。正直、難しい面が目立ち、肩ムチだけでなく見せムチも、そして舌鼓でも乗り手に促されると耳を絞って反抗しようとするんです。ゲートは練習の段階からおそらくこうなるかなと察しがついていたので慌てませんでしたが、この条件への慣れがないのでそのままにしていると離れてしまうと思い、ハンドワークだけでなんとか流れに乗せました。後ろ向きさを出さないように終始ノーステッキで立ち回りましたが、それでいて2着以下とはさほど差のないところに来るので力があるのは間違いないんです。この条件を一度使ったことで少しでも前向きさが増してくれれば良いのですが、忙しいという印象が強いままなら距離を見直さなければいけないかもしれません。気持ちが続くかと言われると悩ましいので、函館だとどちらの条件がいいと言い切れないのですが、背中のいい馬なのでなんとかしたいという気持ちです」(川島騎手)

「今日は阪神競馬場に臨場していて、レースはモニターで見ていましたが、画面越しでも気の難しさが伝わってくるような走りっぷりでした。去勢効果が現れるには少し時間が必要ですし、すぐに結果を求めるのは厳しいのかもしれませんが、その中で川島もなんとか気を損ねないように乗ってくれていたと思います。現地のスタッフとも話をしましたが、『乗り手に反抗する面を出さなければしっかり脚を使えるのは分かったし、条件うんぬんではないと思う』とのことでしたので、このまま在厩で調整して出走できるレースを使っていくことにします」(宮本師)

滞在と去勢の効果で落ち着いて集中して走ってくれたらと期待していましたが、未だに難しさは残るようです。鞍上が稽古の段階からコンタクトを取り、馬の機嫌を損ねないように上手く接してくれたことで最後に差を詰めてくる走りを見せてくれましたが、ちょっとしたこと前向きさを欠くので今後もこの課題と付き合っていくことになります。鞍上を含めた陣営がなんとかしたいと思って接してくれていますので、少しずつでもいい方へ向かってくれることを願っています。今後につきましてはレース後の状態と番組を見ながら検討していきます。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ホマレ
6月24日(日)東京・3歳未勝利 ダ1400m 津村明秀騎手 1着

津村騎手のコメント
・ゲートをしっかり出れたので強気な競馬が出来た。
・前2走と比べてテンションはやや高めで、抜け出してからもフワフワしていたが余裕があった証拠でもあり、良い内容で勝ってくれた。

上記のテキストはノルマンディーオーナーズクラブ様許可のもと抜粋させていただきました。


マカレアに関しては関係者の皆さまが懸命に取り組んでくれているのですが、ちょっと結果に結びついていません…。得意の舞台である札幌の結果次第では…と覚悟だけはしておきます。

ラプトレックスの川島騎手のコメントはもう壮絶の一言ですね。もう関係者の皆様の苦心ぶりを思うと…。
俺様のレースしかしたくないならツインターボやシルポートばりの大逃げしか活路見いだせなさそうではありますが、そもそもゲート難なのでそれも無理と(苦笑)

ホマレは3戦目で見事勝ち上がりを果たしてくれました。4コーナーの手ごたえでこれは勝ったかなと思い、そのまま抜け出してあっさりかなと見ていたらソラ使ったのは焦りましたね…。経験不足なので改善できる点は沢山ありそうなうえ、5月28日生まれという遅生まれでまだまだ身体的成長も見込めそうですからこれから楽しめそうです。

« 明日は長期療養明け2頭の出走。 | トップページ | 部分復旧 »

ホマレ(ドゥオナーの15)」カテゴリの記事

マカレア(ワイオラの13)」カテゴリの記事

ラプトレックス(レックスレイノスの15)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2007581/73759440

この記事へのトラックバック一覧です: 先週のレース結果:

« 明日は長期療養明け2頭の出走。 | トップページ | 部分復旧 »

カテゴリー

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30