無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

カテゴリー「グルメ・クッキング」の4件の記事

2015年9月 3日 (木)

キャロットクラブ様ツアー前検討 グルメ編再掲+3

昨年のシルクホースクラブ様に記載したものの再掲に3店追加したものです。


新千歳空港 日帰りや1泊ツアー来道されて、その日に帰られる方向けです。

ラーメン道場内
「えびそば一幻」
そのお店の名前の通りえびスープが特徴です。スープの味そのまま味わいたい方向けは「塩のそのまま」、豚骨醤油に慣れてて一癖欲しい方(私がそうです)には「塩のあじわい」でしょうか。ちなみにデフォでトッピングされている天カスは海老と紅生姜ですので、私は無理です…。

「ラーメン次郎長」
ここは空港内の時ではなく前身の手稲区時代に訪れたことがあります。
その時の感想は札幌の平均以上だなですね。強烈な個性がある訳ではないのですが、ある意味北海道の味噌ラーメンの王道タイプですね。

「白樺山荘」
札幌で最近勢力を拡大させてきたチェーン店ですね。本店は豊平区にありましてここは美味しいですね。他の店舗はブレがあるケースも…ですね。店の看板はやはり味噌でこってり系のこれまた札幌の王道系です。ちなみにユニークな特徴で、一部店舗を除いてゆで卵食べ放題というサービスがありまして、何個食べるんだ貴方はという猛者を一度見かけましたね…。

「梅光軒」
厳密に言えば「札幌では」食べた事ありません。只、出身地に本店があるので当時は食べていました。正直に申し上げますと、なんでいつの間にか旭川ラーメンの代表格になったんだ…ですね。地元民だとふ○き・蜂○・つ○や等だよなぁと思う訳でして。特徴はアベレージヒッターですね。癖のない醤油味で仮に「美味しい・普通・美味しくない」の3択のアンケート取った場合、悪い評価は入れる方少ないと思われる子供からご年配の方までの味です。その分、大のラーメン好きには物足りなく感じるのも確かでしょう。


スイーツ編

「ルタオ」
白い○人やバターレー○ンサンドを追う第三勢力のエース格と言いますか追いついている感がある、代表作ドゥーブルフロマージュですが、新千歳空港店では限定のケーキが販売されています…が、人気商品なので夕方には売り切れている可能性大でして…。どうしてもの方には到着早々の空輸をオススメいたします。

「ペイストリー スナッフルス 」
ここも第三勢力に属してまして函館発祥ですがじわじわと人気が高まってきたスイーツですね。
首都圏勤務当時の帰省のお土産として同僚に購入してきた際は好評でした。
代表作はチーズオムレットで次いでショコラ味のスフレでしょうか。両方ともに要冷蔵品ですので、帰りの飛行機の前の購入をオススメします。


札幌中心街(札幌駅・大通)

「一粒庵」
材料北海道産に拘るお店で、単品で頼む場合コスパはやはり札幌駅前ということもあり気持ち高めですがそれでも十分満足できる味に仕上がっています。ここもこってりで系味噌ですが、若干甘めで優しい感じですね。平日ランチタイムセットは逆にお得で行列が出来るのも納得です。

「新洋食 KAZU」
ここは事前予約を強くオススメすると共に、首都圏・近畿圏から来道される方は洋食行くのかなと疑問もありますが、ランチタイムでは最高でも2000円強、大抵は1500円前後と2000円でおつりが来るお値段ながら、東京在住時に食べた洋食に勝るとも劣らないレベルで、夫婦もしくは親子での来店に向いてます。場所は雑居ビルの地下なので若干見つけ難いですが、地下鉄大通駅から近いですのでアクセスはいいですね。

「GARAKU(ガラク)」
まず注意点が1つ。恐らく土日ですと、早い時間に行きませんと数量限定スープカレーは売り切れます。場所自体は地下鉄すすきの駅・大通駅共に近いのですが、ここも微妙な店構えでして縦に細長い階段の2階ですので注意しないと見落としますね(苦笑)

私が訪れた時はまんまその状況で、限定カレーほぼ売り切れでオーソドックスなチキンカレーを頼みましたが、好みはあると思いますが十分水準以上のレベルは達してますので、アクセス面含めて強みはありますね。


「豚ソバ Fuji屋」
地下鉄すすきの駅すぐそばと好立地に移転した、元北区にあったラーメン屋です。特徴は札幌ラーメンじゃない魚介系豚骨醤油ダブルスープのネギだくラーメンで、率直に申し上げますと東京でよくあるタイプのラーメンです(笑)
ただ美味しいのは確かでしたし、すすきのに移転してからは立地上味噌味も提供しているようで、新店舗で食べたことないのですが、やはり旧店舗時代のレベルの高さから上質なものが出てくるかなと推測しています。


NEW
「スープカレー suage+」
スープカレー屋さんの中では比較的男性客の比率が高いお店ですね。
オリジナルはトマトベースのスープで、100円プラスでイカスミベースに変更できなんとなくラーメンの風味が(笑)
スープカレーの定番チキンから牡蠣、ホルモン、ラム炭焼き等他のお店では味わえないメニューも豊富です。
ただ、ここも入り口分かり難かった記憶ありますので、グー○ル先生が頼りになります。


札幌市電乗り継ぎ

「奥芝商店」
地下鉄大通駅乗り継ぎ市電切符を購入し、市電西4丁目駅から西線9条まで乗り下車後ちょっと歩いた場所にあるお店で事前予約を強くオススメします。私が来店した際は予約出来るのを知らないで土曜に行きましたので一時間待ちでした。特徴は何と言ってもエビスープで、店内に貼られていたミニペーパーでは7割近くがエビスープをチョイスしているとのことです。以前は違うお店が自分の中ではNO.1でしたが、ここを知ってからは順位変動しました。夫婦で来道される方には一度札幌のスープカレーを体験するのにピッタリかもしれません。


地下鉄

「麺屋 彩未」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「美園駅」下車後5~10分程度徒歩で行ける、ラーメン好きなら知らない方はいないであろう札幌ラーメンの横綱です。何時いっても行列の超人気店ですが皆さんの接客好感度も高いお店で悪い噂は聞かないですね。やはり一番人気は味噌で、醤油・塩は地元の方や営業の外回りの方といったヘビーローテーションの方が選択される傾向があります。味は札幌王道味噌ながらも優しい味で、私の家族曰くこってり味噌は苦手だけどここのは味噌汁みたいに美味しくスープが飲めるでした。アクセントの生姜をスープに溶かすことで食感が変わり、以後この味を参考にするお店が出てきていますね。

こぼれ話ですが、味噌の大盛りと普通はスープの濃さが若干違うと噂があったのですが、家族で試した結果微妙に違うとの結果でした(笑)


「ふくや」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「大通」下車、東西線宮の沢行乗り換え「二十四軒」下車後5分前後で行ける立地です。特徴は良質な旭川ラーメンがワンコイン(500円)で食べれる事ですね。メニューは醤油・塩の2つのみという直球勝負ですが、あっさりながらも絶妙な旨味という懐かしい故郷の味と言えますね。まぁ、「ななし」のスープの温度を上げたらこうなりましたとも。ななしを息子さんに譲って開店だった…筈ですので(笑)


NEW
JR乗り継ぎ
「麺や けせらせら」
桑園(札幌競馬場最寄の駅)乗り継ぎ学園都市線から徒歩で行けそうなのでアップします。
一番人気は鳥白湯スープの塩ですね。鳥白湯の南の横綱が「菜々兵衛」なら北の横綱はけせらけせらでしょう。
ただ、北海道に来てこのテのタイプを食べたくなるのか若干疑問ですが、札幌市民なら一度来店する価値はあります。白湯が濃厚でクリーミーな感じですので、もう少しさらっとした味わいを求める場合は醤油の方が…でしょうか。味は個人的には気に入ってますので、百合が原公園に訪れる際は行きたくなりますね。


「あらとん本店・北大駅前店」
本店は桑園より徒歩、北大駅前店は地下鉄南北線北14条駅が最寄り駅です。
大変個性的な味ですのでハマる人はハマりますし、ダメな人ははっきりとマ○イと言えます。
文章にするの難しいんですけど、魚介煮干・トンコツのダブルスープにニンニクのパンチを効かせた濃厚なスープで、スープ割りをお願いしますと更に魚介度が増しますね。


「信玄 南6条店」一部では石○の本店より上と囁かれており、市電使うと比較的近いです。


レンタカー編

「菜々兵衛」
白石区の住宅地ど真ん中に位置するレンタカー使わないとツラく、使っても駐車場3台なのでこれまたツライという立地ですが、あっさり系や鳥白湯スープが好みの方だと、店名だけ載せた「けせらせら」と並ぶ札幌トップクラスですね。行列必至の人気店ですが並ぶ価値は十分にある味だと思います。

「Soup Curry SAMURAI. 西野店」
札幌市内に5店舗あるお店で、私は西野店来店済みですのでこちらに載せました。中心部に近い店舗ですと「さくら店」が地下鉄すすきの駅に近いですので、こちらが良いかもしれませんね。
特徴はトマトベースのスープと野菜ですね。何と申しますかスープカレーらしからぬとろみがあるので好みは分かれるかもしれませんが「トマト大好き」「沢山野菜を食べたい」に当てはまる方だと満足するかもしれません。
加えて、苦手の野菜があった場合は注文の段階で交換出来るサービスは地味にポイント高いですね。


番外編
「そば哲」
場所 新千歳空港からノーザンファーム早来に向かう道の途中にあるおそば屋さん

恐らく牧場見学後の昼食で一度は耳する名店ですね。一口競馬の世界に入る前は遠い事もあり来店したことなかったのですが、この世界に入ったのでお店に訪れる事ができました。新そばの時期は過ぎていたので鴨そばをオーダーしたのですが、絶妙なダシとそばの食感が最高でございました。、同じ敷地内で道産小麦を使った手打ちうどん店も経営されていたのですが、そちらは昨年閉店していました…。

2014年9月23日 (火)

シルクホースクラブ様ツアー前検討グルメ 公共交通機関・レンタカー編

今回は日程に都合のある方向けの札幌市内の公共交通機関で行けるお店・レンタカー向けのお店をピックアップします。


札幌中心街(札幌駅・大通)

「一粒庵」
材料北海道産に拘るお店で、単品で頼む場合コスパはやはり札幌駅前ということもあり気持ち高めですがそれでも十分満足できる味に仕上がっています。ここもこってりで系味噌ですが、若干甘めで優しい感じですね。平日ランチタイムセットは逆にお得で行列が出来るのも納得です。

「新洋食 KAZU」
ここは事前予約を強くオススメすると共に、首都圏・近畿圏から来道される方は洋食行くのかなと疑問もありますが、ランチタイムでは最高でも2000円強、大抵は1500円前後と2000円でおつりが来るお値段ながら、東京在住時に食べた洋食に勝るとも劣らないレベルで、夫婦もしくは親子での来店に向いてます。場所は雑居ビルの地下なので若干見つけ難いですが、地下鉄大通駅から近いですのでアクセスはいいですね。

「GARAKU(ガラク)」
まず注意点が1つ。恐らく土日ですと、早い時間に行きませんと数量限定スープカレーは売り切れます。場所自体は地下鉄すすきの駅・大通駅共に近いのですが、ここも微妙な店構えでして縦に細長い階段の2階ですので注意しないと見落としますね(苦笑)

私が訪れた時はまんまその状況で、限定カレーほぼ売り切れでオーソドックスなチキンカレーを頼みましたが、好みはあると思いますが十分水準以上のレベルは達してますので、アクセス面含めて強みはありますね。


「豚ソバ Fuji屋」
地下鉄すすきの駅すぐそばと好立地に移転した、元北区にあったラーメン屋です。特徴は札幌ラーメンじゃない魚介系豚骨醤油ダブルスープのネギだくラーメンで、率直に申し上げますと東京でよくあるタイプのラーメンです(笑)
ただ美味しいのは確かでしたし、すすきのに移転してからは立地上味噌味も提供しているようで、新店舗で食べたことないのですが、やはり旧店舗時代のレベルの高さから上質なものが出てくるかなと推測しています。


札幌市電乗り継ぎ

「奥芝商店」
地下鉄大通駅乗り継ぎ市電切符を購入し、市電西4丁目駅から西線9条まで乗り下車後ちょっと歩いた場所にあるお店で事前予約を強くオススメします。私が来店した際は予約出来るのを知らないで土曜に行きましたので一時間待ちでした。特徴は何と言ってもエビスープで、店内に貼られていたミニペーパーでは7割近くがエビスープをチョイスしているとのことです。以前は違うお店が自分の中ではNO.1でしたが、ここを知ってからは順位変動しました。夫婦で来道される方には一度札幌のスープカレーを体験するのにピッタリかもしれません。


地下鉄

「麺屋 彩未」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「美園駅」下車後5~10分程度徒歩で行ける、ラーメン好きなら知らない方はいないであろう札幌ラーメンの横綱です。何時いっても行列の超人気店ですが皆さんの接客好感度も高いお店で悪い噂は聞かないですね。やはり一番人気は味噌で、醤油・塩は地元の方や営業の外回りの方といったヘビーローテーションの方が選択される傾向があります。味は札幌王道味噌ながらも優しい味で、私の家族曰くこってり味噌は苦手だけどここのは味噌汁みたいに美味しくスープが飲めるでした。アクセントの生姜をスープに溶かすことで食感が変わり、以後この味を参考にするお店が出てきていますね。

こぼれ話ですが、味噌の大盛りと普通はスープの濃さが若干違うと噂があったのですが、家族で試した結果微妙に違うとの結果でした(笑)


「ふくや」
JR札幌駅下車後、地下鉄東豊線福住行「大通」下車、東西線宮の沢行乗り換え「二十四軒」下車後5分前後で行ける立地です。特徴は良質な旭川ラーメンがワンコイン(500円)で食べれる事ですね。メニューは醤油・塩の2つのみという直球勝負ですが、あっさりながらも絶妙な旨味という懐かしい故郷の味と言えますね。まぁ、「ななし」のスープの温度を上げたらこうなりましたとも。ななしを息子さんに譲って開店だった…筈ですので(笑)


他、JR等で行けるが徒歩10分程度の店名のみ記載「麺や けせらせら」「あらとん本店・北大駅前店」

「信玄 南6条店」一部では石○の本店より上と囁かれており、市電使うと比較的近いです。


レンタカー編

「菜々兵衛」
白石区の住宅地ど真ん中に位置するレンタカー使わないとツラく、使っても駐車場3台なのでこれまたツライという立地ですが、あっさり系や鳥白湯スープが好みの方だと、店名だけ載せた「けせらせら」と並ぶ札幌トップクラスですね。行列必至の人気店ですが並ぶ価値は十分にある味だと思います。

「Soup Curry SAMURAI. 西野店」
札幌市内に5店舗あるお店で、私は西野店来店済みですのでこちらに載せました。中心部に近い店舗ですと「さくら店」が地下鉄すすきの駅に近いですので、こちらが良いかもしれませんね。
特徴はトマトベースのスープと野菜ですね。何と申しますかスープカレーらしからぬとろみがあるので好みは分かれるかもしれませんが「トマト大好き」「沢山野菜を食べたい」に当てはまる方だと満足するかもしれません。
加えて、苦手の野菜があった場合は注文の段階で交換出来るサービスは地味にポイント高いですね。


番外編
「そば哲」
場所 新千歳空港からノーザンファーム早来に向かう道の途中にあるおそば屋さん

恐らく牧場見学後の昼食で一度は耳する名店ですね。一口競馬の世界に入る前は遠い事もあり来店したことなかったのですが、この世界に入ったのでお店に訪れる事ができました。新そばの時期は過ぎていたので鴨そばをオーダーしたのですが、絶妙なダシとそばの食感が最高でございました。加えて、そば一人前では足りぬという猛者向けに、同じ敷地内で道産小麦を使った手打ちうどん店も経営なさっていまして、ここでかけか盛りうどんも一緒に食べるという事も可能です。


2日間に分けたグルメネタは以上です。需要あるか甚だ疑問ではございますが自己満足企画ですので、ご容赦いただければ幸いです。

2014年9月22日 (月)

シルクホースクラブ様ツアー前検討グルメ編

今回はタイトルの通りの企画でございます。正直に申し上げますと、私の相馬や血統知識レベルですとレビュー出来ませんので、一口競馬の先輩の方々に勝っているのは、首都圏に住んでいた時期はあったとはいえ、人生の中ではやはり道内在住の方が長いですからこの部分で勝負です(笑)

私自身がやはり外食はラーメン・スープカレーが多いこと、道民なのに残念すぎる体質とよく言われる「酢が苦手」なことから海産系は外し、一度食べた事があるお店のみ取り上げます。


新千歳空港 日帰りや1泊ツアー来道されて、その日に帰られる方向けです。

ラーメン道場内
「えびそば一幻」
そのお店の名前の通りえびスープが特徴です。スープの味そのまま味わいたい方向けは「塩のそのまま」、豚骨醤油に慣れてて一癖欲しい方(私がそうです)には「塩のあじわい」でしょうか。ちなみにデフォでトッピングされている天カスは海老と紅生姜ですので、私は無理です…。

「ラーメン次郎長」
ここは空港内の時ではなく前身の手稲区時代に訪れたことがあります。
その時の感想は札幌の平均以上だなですね。強烈な個性がある訳ではないのですが、ある意味北海道の味噌ラーメンの王道タイプですね。

「白樺山荘」
札幌で最近勢力を拡大させてきたチェーン店ですね。本店は豊平区にありましてここは美味しいですね。他の店舗はブレがあるケースも…ですね。店の看板はやはり味噌でこってり系のこれまた札幌の王道系です。ちなみにユニークな特徴で、一部店舗を除いてゆで卵食べ放題というサービスがありまして、何個食べるんだ貴方はという猛者を一度見かけましたね…。

「梅光軒」
厳密に言えば「札幌では」食べた事ありません。只、出身地に本店があるので当時は食べていました。正直に申し上げますと、なんでいつの間にか旭川ラーメンの代表格になったんだ…ですね。地元民だとふ○き・蜂○・つ○や等だよなぁと思う訳でして。特徴はアベレージヒッターですね。癖のない醤油味で仮に「美味しい・普通・美味しくない」の3択のアンケート取った場合、悪い評価は入れる方少ないと思われる子供からご年配の方までの味です。その分、大のラーメン好きには物足りなく感じるのも確かでしょう。


スイーツ編

「ルタオ」
白い○人やバターレー○ンサンドを追う第三勢力のエース格と言いますか追いついている感がある、代表作ドゥーブルフロマージュですが、新千歳空港店では限定のケーキが販売されています…が、人気商品なので夕方には売り切れている可能性大でして…。どうしてもの方には到着早々の空輸をオススメいたします。

現在のオススメは来年の1月中旬まで限定オープンの2号店でのソフトクリームで、代表作のフロマージュ等味が3種類ありますが、こちらが個人的にはオススメの一品ですね。問題点は、前回のキャロットさんのツアーの時のように大雨で寒くて食べる気にならないというケースですが、間にラーメンか空港内での温泉施設を挟むと改善されるかと。


「ペイストリー スナッフルス 」
ここも第三勢力に属してまして函館発祥ですがじわじわと人気が高まってきたスイーツですね。
首都圏勤務当時の帰省のお土産として同僚に購入してきた際は好評でした。
代表作はチーズオムレットで次いでショコラ味のスフレでしょうか。両方ともに要冷蔵品ですので、帰りの飛行機の前の購入をオススメします。


次の更新(恐らく明日)は、前泊・後泊される方向けの、市内JR・地下鉄編とレンタカー編の予定です。

2014年5月 6日 (火)

久々のスープカレー

結婚した姉がGW期間中に帰郷していましたので、久々に外でスープカレーを食べました。道外の方には馴染みの薄いスープカレーですが、単純に説明するとトマトや和風だしをベースにカレースパイスをブレンドして出来たスープの中に丸ごとや大きめのカットの野菜と、カリカリに焼いたチキンモモ肉が入ったものですね。

札幌といえばラーメンの印象が強いのですが、私が前職で北海道から離れていた頃に急激に勢力を広げて、現在はちょっと小休止中といったところでしょうか。

考えられ理由はやはり回転率の悪さで、調理時間もそうですが食べる時間もやはりラーメンと比べるとかかるので、時間単位の利益は低いですね。ラーメン屋だと黙々と食べた後すぐに会計ですが、スープカレーの場合だと会話しながらゆっくり食べてのケース多いですね。

さて、肝心の味については札幌市西区の某店舗は、トマトベースで食べやすく美味しかったですね。ただ、辛さが通常の辛口の2倍である「5」を選んだのですが、食べて二口目でいきなり唐辛子直撃という自爆付きでした(笑)