無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

カテゴリー「一口馬主 募集馬検討」の122件の記事

2019年7月31日 (水)

シルクホースクラブ様2019年度募集馬申込み馬最終決定

申込み馬は以下のとおりです。3年実績はシルクさんでは最下位に近いグループですので、抽選でしか出資できないでしょう。


 


 


優先抽選枠 7 ピラミマの18→現時点で優先350なので大抽選会必至。


 


一般枠   
15 ブロンシェダームの18→優先が倍まで伸びればアウト。総申込み400超なので一般抽選の狭き門に賭ける。
35 トゥアーニーの18→優先が118なのでこちらも伸びるかは運を天に任せて。総申込みが366なのは値段かと。
48 ウインフロレゾンの18→既に優先170なので限りなくゼロに近い確率でしょうね。


 


実質3頭の申込みですが全滅の可能性が高い…かな。

2019年7月28日 (日)

シルクホースクラブ様2019年度募集馬申込み馬と検討馬

昨年は1頭も申し込まなかったのでカタログを眺めるのがとても久しぶりに感じますね。

 

現時点では
優先抽選枠 7 ピラミマの18
一般枠   48 ウインフロレゾンの18

 

ここまでは申込み済みです。

 

そして最優先候補として迷っていたのは 
61 アンティフォナの18

 

中間発表で既にランクインしていることを考えると、ピラミマ・ウインフロレゾンもそうでしたが、3頭とも
最優先にしないとノーチャンスで当然全滅もあり得ると。

 

本命のキャロットさんが今年×1で、募集予定馬の豪華さを考えると安パイとは断言できませんので、シルクさんで
穴候補探して1頭確保するか悩みますね…。 
シルクさん=天栄のイメージもあり、一般抽選枠まで残ってくれと祈るなら以下3頭も検討候補に。

 

15 ブロンシェダームの18 牡馬一口4万円 トモもあって欠点は少なそう。
17 シーズインクルーデッドの18 牡馬一口8万円 馬自体は欠点が少なそう。懸念は兄は走っているが3年連続牝馬の上が案外。
35 トゥアーニーの18 牡馬一口14万円 遅生まれだがバランスは良さそう。難点は値段とフランケルの牡馬実績。
欧州なら走りそうですが。
                       
     

2018年9月14日 (金)

×1狙いの結果

この度は2018年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

44.シンハリーズの17             1口   一括   ×    

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


これで来年度は×1を確保し、今季の出資自体もノルマンディーさん募集において格安でコツコツ楽しめそうな好みのタイプがいない限り、予定通り今年は見送りとなります。

2018年4月 8日 (日)

今年度の一口馬主応募スタンス

約3ヶ月強ぶりの更新で本年度初となります。
理由は今年の身体の具合があまりにも優れなかったからなんですけどね…。
コンサドーレの試合も毎回ダゾーンでチェック出来ていませんし。

さて秋の1歳馬募集に対しての応募ですが、今年度は現時点では95%の確率で見送る公算です。
キャロットさんの最優先に関しては×なしになりましたので、来年の為に人気ありそうな仔に投票して×1ゲットだけはする予定ですが。残り5%に関しては只でさえ乏しい観察眼が更に曇っているであろう状態でも良く見えるガチムチ格安馬がいたらポチるかも…ですね。

2017年9月 6日 (水)

キャロットクラブ様一次募集投票先

中間発表が最終更新されましたね。200口超えが地方馬含めて85頭中55頭で現時点64.7%、本日夜~明日の昼まで集中するであろう時間を残してのこの惨劇は、仮に落選して1.5次で確保に走る場合残るの何頭なのか想像したくないような。

<母馬優先対象馬>
05番 ディアデラノビアの16 551口 80口 14口 261口
11番 ラドラーダの16 203口 39口 19口 39口
21番 エルミラドールの16 210口 7口 39口 31口
24番 フラゴリーネの16 221口 11口 53口 15口
27番 ピースエンブレムの16 480口 81口 38口 124口
28番 フォルテピアノの16 211口 5口 6口 8口
31番 ヴァイスハイトの16 213口 3口 25口 33口
33番 フェルミオンの16 211口 2口 48口 15口
37番 カラベルラティーナの16 200口 5口 19口 11口
39番 ライツェントの16 315口 10口 44口 52口
46番 ハープスターの16 292口 49口 10口 121口
49番 ピュアブリーゼの16 220口 21口 39口 23口
50番 マルティンスタークの16 334口 32口 22口 73口
51番 ヴィートマルシェの16 565口 44口 24口 205口
52番 シーザリオの16 306口 42口 5口 157口
53番 スペシャルグルーヴの16 373口 20口 26口 93口
61番 アマルフィターナの16 205口 4口 23口 26口
63番 サンドミエシュの16 243口 5口 24口 31口
66番 アヴェンチュラの16 327口 42口 27口 115口
67番 ラフォルジュルネの16 212口 17口 35口 27口
73番 バイラオーラの16 209口 7口 32口 21口
81番 クリソプレーズの16 658口 96口 20口 352口

※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。


<母馬優先非対象馬>
02番 リッチダンサーの16 576口 394口
04番 クルソラの16 369口 171口
06番 グレースランドの16 207口 49口
07番 アディクティドの16 266口 55口
08番 ヒルダズパッションの16 392口 185口
09番 ビキニブロンドの16 374口 116口
10番 フレンチバレリーナの16 204口 45口
12番 ミスティックリップスの16 201口 33口
13番 スカーレットベルの16 530口 161口
15番 カメリアローズの16 278口 62口
16番 アウトオブタイムの16 200口 27口
25番 クライフォージョイの16 563口 294口
32番 ピューリティーの16 236口 51口
35番 ホールロッタラヴの16 227口 21口
38番 プロミネントの16 245口 26口
40番 シーザシーの16 215口 12口
41番 ポロンナルワの16 201口 53口
43番 チェリーコレクトの16 577口 388口
44番 ココシュニックの16 301口 126口
45番 ジュモーの16 856口 517口
47番 アビラの16 240口 58口
48番 アナアメリカーナの16 507口 186口
55番 マハービスタの16 279口 45口
56番 アブソルートリーの16 408口 153口
59番 ヒカルアモーレの16 204口 18口
60番 グレイトフィーヴァーの16 333口 77口
64番 ブライダルソングの16 566口 181口
68番 ハルーワソングの16 558口 199口
74番 カニョットの16 450口 68口
75番 スサーナトウショウの16 339口 48口
77番 プルーフオブラヴの16 205口 20口
80番 ダブルゴールドの16 303口 59口
82番 ササファイヤーの16 93口 18口

※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

現時点で前年比約44%のお申込みをいただいております。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


私の申し込みは中間発表最終版の前に済ませております。

最優先(×2) シーザリオの16


悩みに悩みましたが、当初の予定を変更し退路を断って最優先一本でシーザリオの16に全てを賭ける決断を。
理由等は締め切り後にまた。

2017年9月 5日 (火)

最優先×2(本当は×3)の行使先?

タイトルに?がついているようにキャロットクラブ様の最優先行使馬に悩んでますね、ハイ。
実はツアー行く前はディアデラノビアの16にほぼ決まりかけていたのですが、別馬を見てグラリと来るものが。

まずは、シーザリオの16の出来が動画と比較すると別物だったということですね。某有名スタッフ様が絶賛するのも当然ですし、皆様ガチで視察していましたよね、1億4千万という値段をペイする難易度を見極める為に。

そしてディアデラノビアの16も良い馬と感じたのですけど、カタログ・動画と比較して上積み少なかったのも悩みどころでした。牧場側も成長遅れぎみと認めている通り、これから成長していって完成していくのは古馬以降というのは私のストライクゾーンなのですが、流石にシーザリオの16と比べますと…。まぁお値段半額ですし、そもそもG1狙うよりは末永く走ってくれればという考えですから、人気が若干下がっている今はリスクはありますがチャンスとも言えます。

第3の選択肢として出てきたのはピースエンブレムの16でした。1月という早生まれで身体も出来上がってきてますから見栄えもしますし、ディープブリランテ+手塚先生というのは個人的に安心できるのが大きいです。


チェリーコレクトの16はスタリオンステーションスタッフの方や、NFスタッフ方々で結構推す声ありましたね。ただ血統背景とか母優先制度考えてと但し書きついてもいたのですが(汗)
ただ身体は恵まれていて、ディープ×母父デインヒル系はG1馬排出してますし、爆発しても不思議はないと思っています。

最後に、ジュモーの16に突貫するのも一つの方法ではあるんですよね。一番人気はほぼ確定で、爆発的に走りそうな感じは受けませんでしたが(と言っても写真撮れたの僅かでしたけど)、こちらも末永く楽しめそうなタイプで、ダメなら×4というある意味究極の称号持ちになりますから(苦笑)

2017年9月 3日 (日)

9月1日時点でのキャロットクラブ様一次募集人気TOP10

現時点では順位変動が起きているようですが初日の時点での人気馬です。

45 ジュモーの16
81 クリソプレーズの16
5  ディアデラノビアの16
43 チェリーコレクトの16
52 シーザリオの16

46 ハープスターの16
51 ヴィートマルシェの16
64 ブライダルソングの16
68 ハルーワソングの16
2  リッチダンサーの16

メモした際のこちらの記載ミスで順番等誤っている時はご容赦ください。

2017年9月 2日 (土)

キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日 ノーザンファームY11&12さん編

13 スカーレットベルの16
Dscf0813_e_e

Dscf0817_e

Dscf0819_e_e

Dscf0818_e_e

ダート短距離~マイルで現在506kg。気性はおとなしく人にも優しいとのこと。この馬もオススメとして挙がっていました。敵は2月下旬生まれで大台突破した体重。


72 ヴィアンローズの16
Dscf0822_e_e

Dscf0824_e

Dscf0826_e

Dscf0827_e_e

Dscf0823_e

現在、体高は145cmで体重424kg。おとなしくて賢さも持ち合わせているタイプで、競馬では440~450kgで使えればと。


85 グルーヴィクイーンの16
Dscf0828_e

Dscf0830_e

Dscf0834_e

Dscf0833_e_e

Dscf0832_e

現在447kgで、お母さん似。ですので、ダイナカール一族らしく我が強い面を持っているので手を焼くタイプとのこと。ダイナカール一族でサンデーとキンカメの血が入っているのに何故地方募集かというと、振り分け時に遅生まれで見栄えがパッとしなかったことと、丈夫で脚元もしっかりしているので使い詰める地方向きではないかという意見からだそうです。

そして、社台一族の血の結晶で付けれる種牡馬はハービンジャーかタートルボウルに今だとノヴェリスト位なので、今回はタートルボウル(今年お亡くなりに)と。この値段はほぼタートルボウル分ですとも。
私のこの血統ならパイロとかどうですか?の質問には、スタリオンステーション以外の種牡馬はあまり付けない方針との回答が。まぁ、当たり前ですよね(苦笑)


48 アナメアカリーナの16
Dscf0837_e_e

Dscf0840_e

Dscf0841_e

Dscf0842_e_e

Dscf0839_e

人気につきコメント聞けませんでしたが、同行者曰く蹄は小さいと。


34 チアズメッセージの16
Dscf0835e_e

Dscf0846_e

Dscf0848_e

Dscf0845_e

勝気で前に前に行くタイプ。皆さんが気になっているであろう箇所は、レントゲンとかでは成長には異常がないが…というもので、走ることに関しては正直育成始まってからでしょうね。


55 マハービスタの16
Dscf0851_e_e

Dscf0853_e

Dscf0854_e

Dscf0855_e_e

Dscf0852_e_e

412kg。人懐っこく牝馬らしい性格(寂しがりや等)の持ち主。5月生まれなのでまだまだ子供。

キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日 ノーザンファームY9&10さん編

ここから牝馬ステージで、ここか次でどの馬とは明言しませんが、俺王ならぬ私女王的な仔が1頭いたような…。

43 チェリーコレクトの16
Dscf0780_e_e

Dscf0782_e

Dscf0783_e

Dscf0784_e_e

Dscf0781_e

落ち着いてどっしりしている。身体の方も見事な腹袋で、ここから一度水分含んだ牧草を一度絞って460~470kgで使いたいとのこと。複数のスタッフさんがこの馬をオススメとして挙げてましたね。


44 ココシュニックの16
Dscf0787_e

Dscf0789_e

Dscf0791_e

Dscf0790_e_e

Dscf0788_e_e

放牧地の群れの中でも元気な仔。450kg位まではいきそうで、質の良い筋肉を持っているというコメントでした。


51 ヴィートマルシェの16
Dscf0793_e

Dscf0798_e

Dscf0800_e

Dscf0799_e_e

Dscf0796_e_e

我が強く放牧地でも走り回って運動量は豊富。見た目よりパワフルとのコメントでした。


62 ディアマイベイビーの16
Dscf0801_e_e

Dscf0803_e

Dscf0805_e

母系の性格(気性)は出ておらず、まだ子供っぽいところがあり好奇心旺盛だが、新しい環境(ツアーとか)に驚くことも。408kgで身体のバランスは良いとのこと。3×3サンデーで母の気性出なかったのある意味凄いですねぇ…。


2 リッチダンサーの16
Dscf0807_e_e

Dscf0808_e

Dscf0811_e

Dscf0809_e

461kg。普段からおとなしく扱いやすい。群れの中でも仲良く生活出来る仔で、バスに反応するのは昨日初めて見たとのコメントでしたが、バスの大軍がやってきて人どっと降りてきて囲まれるのは確かに図太い馬じゃないと反応示しますよね…。

私が確認した訳ではないのですが、虫に刺されて痒かったのか立った状態から後ろ脚で前脚を掻く仕草をしていたのを同行者が目撃した模様。身体が柔らかい…のかな?

キャロットクラブ様募集馬見学ツアー9月1日 ノーザンファームY3さん編

一番の激戦ブロックで目玉の仔を全部見るのは時間足りないですね。

5 ディアデラノビアの16
Dscf0729_e

Dscf0734_e

Dscf0731_e

Dscf0733_e

現在413kgで、大人しく人間の言うことを聞いて扱いやすい。成長は現時点では3月生まれの中でも遅めで、競馬は秋以降に440~450kgで臨めれば。NF有名スタッフ様は、線がしっかりしていてシャンと見える馬。こういうのは放牧地で良く動くし歩く姿も雰囲気があるとのことでした。
後姿は瞬間重なった為割愛。

8 ヒルダズパッションの16
Dscf0735_e_e

Dscf0737_e

Dscf0738_e

大人気の為コメント聞けなかったのですが、到着時に現在451kgで競馬では480kg辺りで臨めればらしき言葉が。


27 ピースエンブレムの16
Dscf0740_e

Dscf0742_e

Dscf0744_e

Dscf0741_e_e

Dscf0743_e

元気なところは置いといて、気性は人がいるときは穏やかだが、放牧地では活発。514kg


25 クライフォージョイの16
Dscf0746_e_e

Dscf0748_e

Dscf0749_e

Dscf0750_e

気性に関しては、まだノーザンファームに移動してきて一か月(セリ出身)なので、精神的にまだ安定していない。ここは他の仔達と比較するのはフェアじゃないですね。育成はNF早来さんの伊藤厩舎さんとのことです。


11 ラドラーダの16
Dscf0752_e

Dscf0754_e

Dscf0756_e

Dscf0755_e_e

Dscf0753_e_e

日頃から大人しく、環境の変化(人の多さ)にも動じず堂々としているとのこと。高額馬すぎるのでもう良い馬だなとしか。


52 シーザリオの16
Dscf0757_e

Dscf0761_e

Dscf0760_e

Dscf0764_e_e

某NF有名スタッフ様曰く、兄弟の中でも身体のバランス・艶共に素晴らしいとのコメントでした。距離は2000までともと。他には牝馬ではチェリーコレクトの16とココシュニックの16が上がりました。後々の母馬優先狙いなら前述の2頭とスカーレットベルの16もダートですが良いというコメントをいただきました。

個人的感想ですけど、確かにシーザリオはアベレージでみても良い仔産む傾向ありますよね。お値段高いですけど(苦笑) ひと夏を越えてカタログ・DVD時より良くなっているように感じました。


64 ブライダルソングの16
Dscf0765_e_e

Dscf0768_e

Dscf0769_e

Dscf0770_e_e

Dscf0767_e

現在451kgで気性は大人しく扱いやすいうえ、人の言うことを良く聞くし物覚えも良い。私見ですが、私がチェックした中ではこの仔が人間に対して壁無さそうに感じました。


58 フェアリーバニヤンの16
Dscf0771_e_e

Dscf0773_e

Dscf0774_e

セール馬の中で一番人気が低かった模様。個人的感想ですが、ダイワメジャー産駒にありがちな牛っぽさをそこまで感じないのは良いとして、そんなに値段変わらない馬で東と西に人気ある仔いるからですかねぇ。


77 プルーフオブラヴの16
Dscf0776_e

帰り際の一枚でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J J1 J2 POG ウィッシュノート(デイトユアドリームの14) ウェブログ・ココログ関連 エクディス(マギストラの13) オルレアンローズ(テンザンローズの13) カラドゥラ(カニョットの15) グルメ・クッキング ゲーム サッカー サートゥルナーリア(シーザリオの16) サーブルノワール(マイネナデシコの14) シーザリオの16 スプランドゥール(ブルーラスターの12) スポーツ セダブリランテス(シルクユニバーサルの14) セドゥラマジー(ウイッチトウショウの15) タイムレスメロディ(アコースティクスの13) バトナージュ(フェートデュヴァンの12) ブレイクエース(キューの12) ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12) ホマレ(ドゥオナーの15) マカレア(ワイオラの13) マギストラの13 ラグナアズーラ(シルキーラグーンの14) ラプトレックス(レックスレイノスの15) ルーカス(メジロフランシスの15) レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12) レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13) ロードアルティスタ(エルテアトロの12) ロードレース ヴィーヴル(レディブラッサムの12) 一口馬主 募集馬検討 出資馬 北海道コンサドーレ札幌 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 競馬 血統・配合勉強対象馬 音楽 FMシリーズ

カテゴリー

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31