無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

カテゴリー「一口馬主 募集馬検討」の108件の記事

2016年12月 9日 (金)

ノルマンディーオーナーズクラブ様第二次募集素人簡易感想

馬体見る目0のど素人が見たカタログ・動画の簡易感想です。評価では決してありません。そんなスキルなしですし。

16 ミラクルガールの15
どっしりと逞しい身体で40口じゃなければ…なと。早期デビューして掲示板繰り返せば出資金回収できそうな雰囲気も。

17 ゴッホヴイプラドの15
曳き手の方力込めすぎなのか左に寄る一方なので動画判別無理っすね。トモのボリュームは凄く腹袋もたっぷりですので、育成進んで競走馬の形になってくると化けそうかも?

18 ウインディーヒルの15
…。カタログ写真のバランスの良さに反比例する促しても歩こうとしないこの様はなんと申し上げればよいのか。
体調崩すのがデフォの私が無理して近くの薬局まで歩いていく姿を連想。過去の動画で一番の衝撃。

19 グーテデロワの15
巷で囁かれているサウスヴィグラス産駒は牛成分があると尚良いですが、4月生まれで成長まだなのか若干その部分に物足りなさが。お腹の栄養は十分ですので、飼い喰いが標準以上だったら期待は高まります。

20 エスワンスペクターの15
左前脚が外向気味に見えますが、そこ以外は立ち姿や他の動画要素共に2次募集馬ではTOP3に入る好みの馬ですね。問題は、何故か今のところ安田先生の預託馬が結果出ていないところ。

21 タニノピカンテの15
う~ん。アドマイヤムーン産駒の牡馬で結構期待していたのですが、もっと成長しないと分からないです。

22 レットイットスノーの15
ノルマンディーさんお馴染みのロージズインメイ産駒。現状背中が垂れ気味なのでお世辞にもグッドルッキングホースとは言えませんが、動画の歩きはゆったりながらも後ろの踏み込みが伸びてますし、1000万以下なら面白いと思います。曳き手の方に寄っていくのは今年のノルマンディーさんの特徴として諦めます。

23 レーヴドゲランの15
動画ではふらつき気味に見えますね。ですが上記のように寄っているのか真っすぐ歩けてないのが判別するのが大変難しいので参考外としました。血統背景は一昔前のような気もしますが写真では前後共にガッシリとしながら腹袋もしっかりしていますので、鍛え甲斐のある積極的に様子見したい1頭です。


24 インマイラヴの15
流石に稼ぎ頭のブラゾンドゥリスレベルの期待を賭けるのは酷ですが、1000万以下の募集でしっかりとした測尺でこれから鍛え上げられる肉体的要素は持ち合わせてそうですので、様子見候補として面白い存在だと思います。

25 グリーンヒルマックの15
う~ん。後ろから見た歩きは真っすぐ歩けているのですが、横からの姿がどことなく違和感が。

26 ジネブラルスキーの15
1月生まれである程度下地が出来ているからなのか、立ち姿は良さそうに見えます。

27 ドゥオナーの15
平均台の上を歩いているような姿は某出資馬を思い起こします。スピード自体はキビキビとしていますので、5月生まれの成長面の遅さが解消され一回り以上大きくなれば面白そうですね。

28 トップキララの15
何と申し上げれば良いのか、身体面では大きなマイナス要素を感じませんので成長待ちでしょうか。

29 フジノプログレスの15
セール時の写真が324万でこの身体だと!的な発達具合でしたから、冬毛抜けて5月の遅生まれが解消されてくれば…ですね。動画も恒例の部分を除けばしっかりと歩けていて、1000万以下の有望な様子見候補です。

30 ベラルーナの15
ルーラーシップは私には難しいというのが率直な感想です。全て遅生まれなんですけど50kg以上増えた仔もいれば、成長の過程でバランス崩れて見える仔もいてどうにも。様子見させてくださいとしか言えないです。

2016年10月15日 (土)

○○の問題

何の問題って、今年度の予算ですね、ハイ。
キャロットさんは2頭ともに4万円と格安馬でしたが、シルクさんで自分の過去最高価格馬が出資出来たのは良いのですが、シルクさんの3頭でヒルダズパッションの分の予算使い果たしましたので、ノルマンディーさんに投資する資金が足りないとorz

具体的に申し上げますと、1000万未満の仔2頭か2000万前後の仔1頭で終了。
と言う訳ですので、恐らく今後募集されるであろうサマーセール・オータムセール組や年明けに成長し募集ラインナップに加わる面子のこと考えると、一次募集組はギリギリまで様子見で比較となりそうです。

2016年10月 3日 (月)

シルクホースクラブ様第一次募集馬応募(ほぼ)完了

こうなりました。

20161003

予定と入れ替わっている馬が2頭いますが、これはツアー参加者有志様方の写真と動画からですね。
メジロフランシスの15はモーリス全弟ですが、兄がお値段150万(有名育成牧場様落札時)→弟1億はネタかしら? とスルーしていたのですが、これは賭けたくなる1頭ですね。比較的手薄の短距離路線でOPで好走続ければ…。

ウイッチトウショウの15は厩舎が一口されてる方がほぼ誰もが知っているあの方ですので、完全にスルーしてました。改めてツアー写真見た結果…この仔をある程度(上級条件まで)走らせないと、かなりマズイ事態(NF○ビ)になるのではとある意味危機感覚える程素晴らしく見栄えしますね。人災リスク覚悟で突貫しました。


候補からヒカルアマランサスの15、リビアーモの15が脱落して2頭追加、フサイチパンドラの15は未だ迷っている状態ですね。
理由はこれ↓

10月3日(月)現在、第1次募集で250口以上のお申込みがあった募集馬は以下の通りです。なおこれまでに昨年の第1次募集申込総数の約57%のお申込みを頂いております。

以下の募集馬へご出資を希望されるお客様はなるべく第1次募集期間内にお申込みください。
また、これ以外の募集馬でも第1次募集で満口となる場合がありますので、ご注意ください。
第1次募集締切日時:公式ウェブサイト(会員様専用)10月5日17:00まで、書類郵送(新規のお客様含む)10月5日必着

◆1300口以上◆
 36.ピラミマの15

◆900口以上◆
 42.リビアーモの15
 
◆850口以上◆
 35.サロミナの15
 
◆800口以上◆
 51.レーヴドスカーの15

◆600口以上◆
 3.モシーンの15
 16.サマーハの15
 
◆550口以上◆
 14.ブラックエンブレムの15
 
◆500口以上◆
 53.トゥハーモニーの15
 
◆450口以上◆
 43.ヒカルアマランサスの15
 60. ラッドルチェンドの15
 
◆400口以上◆
 5.プリティカリーナの15
 23.メジロフランシスの15
 44. ウィルパワーの15

◆350口以上◆
 17. ユキチャンの15
 18. フサイチパンドラの15
 34. プチノワールの15

◆300口以上◆
 13. ミスティックリップスの15
 24. シルクユニバーサルの15
 38. カリの15

◆250口以上◆
 48. ウーマンシークレットの15
 52. ディアアドマイヤの15

カタログに同封いたしました返信用封筒は通常の郵便物より配達に時間がかかる場合がございます。
今後、書類でお申込みをされる方は必ず10月5日必着できる手段(配達日指定などが可能な発送方法)でお申込みくださいますようお願い申し上げます。
※次回のお申し込み状況のご案内は、明日18:30からのUstream配信「2016年度 第1回募集馬検討会」でご案内を予定しております。
また、300口を超えるお申し込みをいただきました募集馬の、出資実績のボーダーラインのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


現段階でランクインしている馬は実績少ない自分にとっては大抽選会必至で、これから更に膨れ上がることが予想されるので抽選対象は全て落選でも仕方がないと割りきるしかないですねぇ。

様子見候補は、キラーグレイスの15(デカすぎ)・ツルマルワンピースの15(人気下降中のハービンジャー)・ウインフロレゾンの15(豪華な牝馬勢に埋もれて地味な存在)は巻き込まれていない模様。

2016年10月 1日 (土)

ノルマンディーオーナーズクラブ様一次募集応募完了

締め切りが明後日の正午と迫りましたので、今回は1頭のみですが応募させていただきました。

2015003_e

20160930_e

この写真は募集期間中という条件の下、ノルマンディーオーナーズクラブ様より転載させていただきました。


現在2番人気のオークルームの15に申込みました。他のブログ主様方のおっしゃるとおり緩いままで終わる可能性もあるのですが、現在枠が余りまくっているノルマンディーさんの場合だと、期待馬だったり出走数少ないままスーパー未勝利終わってしまった仔でも地方で再ファンドで中央目指す確率もそこそこ高そうで、維持費に目を瞑れば他クラブさんよりチャンスはあるかなと。


落選した場合の一番手はトーセンリリーの15です。ハーツクライ産駒の牝馬はノーザンファーム産で若干上乗せしたお値段で買える仔がいるのと上不振なので現在人気はないのかと。ただ、父が大幅に強化されているので、成長次第では長く楽しめる存在になるかもしれませんね。

積極的様子見候補ホリデイトウショウの15は現時点での人気は下から数えた方が早いと思います。私個人の好みですが、真っ先に立ち姿に惹かれてしまいましたので先行でいきたい気持ちもありました。ただ、やはりダート馬として現時点では華奢すぎるので…ですね。血統字面はHaloの4✖4 Special=Thatch5✖5の兄弟クロスという結構攻めの配合で、奥底にも良質な血のクロスがされており、今回の濃密な血の結合で上手く活性化されれば、機動性と底力を武器にした良質な中距離ダート先行馬に…が理想でしょうか。


メルセダリオの15は、某クラブさんの違うキンカメ後継種牡馬産駒牡馬の抽選まで待ちたいですね…。
メロークーミスの15・ルーシーショーの2頭に関しては、某クラブさんの牝馬抽選優先に気持ちが傾き断念です。

2016年9月30日 (金)

大抽選会に向けて

最初ノルマンディーさん優先と書いてきましたし、現時点でのシルクさんの出資馬の戦績考えると地味に相性悪くない? と気づきだしているのですが、今回のラインナップは凄いのまでまた悩ましく。

<抽選会参加ほぼ確定>
サマーハの15
ラッドルチェンドの15

<かなり揺れている候補>
フサイチパンドラの15
サロミナの15
ピラミマの15
ヒカルアマランサスの15
リビアーモの15
トゥハーモニーの15

<リスクあるが様子見したい候補>
キラーグレイスの15
最初からハーツクライ産駒じゃないと考えて、乗り込み進めてから。

ツルマルワンピースの15
一気に人気下がったハービンジャー産駒。安値牡馬の中では良く見える。比較対象はノルマンディーさんの牡馬達か。

ウインフロレゾンの15
ノルマンディーさんにとても似た配合馬が存在し、価格はこちらが500万上。高橋義忠先生の馬に一度出資してみたいが様子見可能でしょう。


ノルマンディーさんの候補馬初心者感想メモ

オークルームの15
○1月生まれで身体が見栄えし、動けるタイプに見え(動画見難いが)、何より気性が現時点で問題なし。
×アイルハヴアナザー産駒の特徴がまだ出きっていないので、この先ダート馬として必要な良い意味での硬さが出てくるか不明。

ホリデイトウショウの15
○立ち姿がとても綺麗に見える。このままの姿勢を維持し走ることが出来るなら、ロスなく力を発揮できるか?
×5月生まれで幼くトモを中心にまだ薄く見えるので、正直先行投資は怖い。

メルセダリオの15
○4月生まれでこれだけ身体に恵まれているなら、これから馴致進んで更にメリハリついてくれば競走馬として武器になりそう。
×立ち繋ぎなので、リスクに目を瞑って芝に進むかダートで戦うか今のところ見えにくいか?

トーセンリリーの15
○5月生まれながら動きはスムーズに見え(牝馬の動画は芝飼っていたのも含め)、素質はありそう。
×ハーツクライは晩成傾向なので大丈夫だと思うが、身体がもう少し大きくなれば。後、上の成績があまりにも…。

メロークーミスの15
○ダート短距離と分かりやすく、持った資質も硬いが引き締まった筋肉の模様。
×背中がガチガチとのことで、人間でありがちな身体の硬さからくる疲労の抜けづらさが出ないかが不明。

ルーシーショーの15
○現時点で既に身体に恵まれており、これ以上大きくならずに2歳夏頃から始動できれば即回収のチャンスも。
×12番と並ぶ牛になりそうな仔2トップで、牝馬の体重危険水準の500kgを超えないか不安要素も…。

2016年9月27日 (火)

ノルマンディーオーナーズクラブ様第一次募集馬雑感

うん、動画で馬引いている方の方に悉く寄っていっているような気がしないでもないので、正直難易度高いです。
加えて募集馬中9/15が遅生まれですので(目玉のあの馬なんて限りなく6月に近い)、未来図を予想しなければいけない作業が追加されハード→ベリーハードモードに上がり、毎度の如く血統字面では見栄えしないので難易度ルナティックに近いですねぇ。

3 オークルームの15は1月生まれということもありやはり見栄えするし、カルヴァリオが大活躍なので一番人気かな?

5 ホリデイトウショウの15に関しては、遅生まれでまだまだ完成途上の身体、特にトモが薄いように感じますが、立ち姿は一番好きですね。これは様子見?

8 メルセダリオの15の父はルーラーシップで良い馬だとは思うのですが、これ買うならキャロットさんでそこそこの抽選倍率の馬かなぁと。ただ、この素材をどうノルマンディー色に染めるか興味はありますね。

11 トーセンリリーの15についてはキャロットさんで募集額1800万父ハーツクライのカニョットの15を出資しているうえ、それより若干高額と多少疑問符はありますが、あちらはストームバード系、こちらはノーザンダンサー強調系と出来も含めて面白い1頭かなと。

13 メロークーミスの15は牝馬で安価なのに勝ち上がり率がそこそこのパイロ産駒ですね。程よい大きさにトモも逆さの「て」の輪郭が見えて良さそうですが、某検討会で背中がガチガチという表現から、乗り出してから疲れ出やすくならないか心配で(汗)

14 ルーシーショーの15の第一印象は牛。12番のブリュメールの15もそうでしたが、これから乗り運動始めてシェイプアップして、体の部位にメリハリがついてパワーアップすれば面白そうな感じもします。敵は更なる体重増加による育成の遅れ。


今回は残念ながら、ノルマンディストの通過儀礼であるゴッホへの投資は見送りの公算大。2次以降で出てくることを待ちます。

2016年9月16日 (金)

キャロットクラブ様第一次募集抽選結果

この度は2016年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

11.カニョットの15              1口   一括   ○    
41.ヒルダズパッションの15          1口   一括   ×    
78.シシリアンブリーズの15          1口   一括   ×    

※左より「募集馬名」「お申込口数」「お支払方法」「当落」「キャンセル待ち番号」となります。
「当落」は○が出資可能となります。(×は落選となります。)
「キャンセル待ち番号」は対象者のみ表示しております。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


昨年に続き枕を涙で濡らす夜を過ごします。

2016年9月 7日 (水)

キャロットクラブ様第一次募集馬最終決定

ヒルダズパッションの15は2口いくか迷いましたが、身の丈に合わないなと判断して全て1口応募としました。

最優先×2 41 ヒルダズパッションの15
一般 11 カニョットの15
    78 シシリアンブリーズの15

78は結局ダメもとで応募して、11が隠し玉的に急浮上しました。未出走引退したあの仔も外向でしたが、ハーツ産駒自体その傾向で、母G1勝ちで流産明け11歳3番仔のうえ、若手ホープの一人でヌーヴォレコルト手がけた斎藤先生と魅力的ですし、ハーツクライ×Seattle Slewお得意の中長距離路線(2歳時は1800)で頑張ってくれると信じて。

全部落選した場合は、17ペルレンケッテの15か64レックスレイノスの15のどちらかと、ノルマンディーさんで出資予定です。

2016年9月 6日 (火)

既視感

2016年度1歳馬募集におきまして、総申込口数が200口以上(地方入厩予定馬50口以上)となりました募集馬をご案内いたします(9月6日17時30分現在)。
第1次募集での出資者決定方法は、募集馬カタログ6~7ページに記載しておりますのでご確認ください。
第1次募集にて出資をご希望の方は、期日までにお申込みをいただきますようお願い申し上げます。

※赤字は今回の集計でランクインした募集馬となります。 

<母馬優先対象馬>
04番 クリソプレーズの15 524口 39口 15口 290口
05番 ラドラーダの15 211口 55口 39口 22口
06番 ディアデラノビアの15 233口 45口 35口 39口
13番 マルティンスタークの15 445口 43口 32口 163口
15番 ヴィートマルシェの15 1037口 74口 32口 538口
17番 ペルレンケッテの15 203口 14口 48口 28口
18番 フェルミオンの15 200口 8口 40口 29口
20番 ブロードピークの15 229口 17口 34口 52口
44番 アヴェンチュラの15 520口 118口 27口 189口
46番 シーザリオの15 476口 40口 21口 228口
47番 ブルーメンブラットの15 201口 28口 30口 41口
54番 ドルチェリモーネの15 221口 6口 21口 39口
57番 ラフォルジュルネの15 201口 15口 63口 16口
61番 ヴェルデライトの15 200口 5口 33口 34口
62番 フォルテピアノの15 270口 7口 12口 38口
75番 ティフィンの15 270口 10口 26口 105口
78番 シシリアンブリーズの15 568口 16口 53口 191口

※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
03番 イルーシヴウェーヴの15 293口 119口
08番 バロネスサッチャーの15 240口 82口
09番 リッチダンサーの15 355口 190口
11番 カニョットの15 240口 30口
14番 クルソラの15 836口 496口
19番 ロフティーエイムの15 500口 128口
24番 シェルズレイの15 460口 157口
25番 スプリングシーズンⅡの15 242口 69口
27番 ヴィアンローズの15 323口 61口
31番 ジュモーの15 232口 31口
40番 コスモチェーロの15 269口 115口
41番 ヒルダズパッションの15 812口 683口
42番 ココシュニックの15 404口 198口
43番 アドマイヤキラメキの15 534口 306口
50番 グレイトフィーヴァーの15 441口 195口
51番 アディクティドの15 426口 170口
52番 シンハリーズの15 277口 131口
53番 トゥザヴィクトリーの15 438口 285口
65番 ピューリティーの15 252口 54口
66番 グレイシアブルーの15 337口 82口
73番 マチカネチコウヨレの15 430口 136口
74番 ラフィントレイルの15 529口 154口

※口数は左から「総申込」「最優先」となります。

現時点で前年比約81%のお申込みをいただいております。

なお、お申込み状況の中間発表は9月6日で終了いたします(9月6日は午前、夕の2回更新いたします)。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


昨年の図式なぞっているような。調教師の先生が超一流で価格手ごろなリリサイドの14→ヴィートマルシェの15、大砲候補としてトゥザヴィクトリーの14→ヒルダズパッションの15と重なっていて、昨年×1で落ちた方々が×2にクラスチェンジしてますので、そのままスライドして昨年の鬱憤を晴らす如く複数口投入なら×2抽選の可能性出てきましたね。
万が一に備えて、ノルマンディーさんの1次募集の情報収集に向けってアップの準備整えねば(苦笑)

2016年9月 4日 (日)

キャロットクラブ様最優先枠応募

×2所持でツアー見学でも自分の中での評価変わらなかったので以下の通り申込みました。
最優先 41 ヒルダズパッションの15

今年は一球入魂スタイルとしておりましたが、二日目以降ヒルダズパッションの15の勢いが増した模様で抑え候補考えないとダメかなぁと頭によぎっている段階です。条件は
①格安・低価格帯(2400万以下)
②最優先で埋まりそうなのは除外

①に該当 
12 エレンウィルモットの15
17 ペルレンケッテの15
24 シェルズレイの15
25 スプリングシーズンのⅡの15
35 カドリーユの15
54 ドルチェリモーネの15
64 レックスレイノスの15
73 マチカネチコウヨレの15
78 シシリアンブリーズの15

②に該当 24 78 

現時点での優先順位
17=64>35>54>73>12>25

より以前の記事一覧