無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

カテゴリー「ヴィーヴル(レディブラッサムの12)」の5件の記事

2015年8月 8日 (土)

ヴィーヴル引退していました+カウントダウン

急激な気温上昇にもついていけなかったのですがようやく快方に向かったところ、お世話になっているブログ主様のコメントでヴィーヴルの引退を知りました。

ヴィーヴル

2015.07.30
ヴィーヴルは、栗東トレセンで厩舎周辺等の歩行運動を消化。ここに来て精神的に不安定な面を窺わせており、今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。
・安田調教師 「7月30日(木)から調教開始の予定でした。しかしながら、馬場へ向かう途中でパニックを起こしたような感じに。結局、コースに入れず・・・。この状態で無理に進めるのは、人馬共に危険を伴うでしょう。協議の結果、登録を抹消する方針に。期待に応えられず、本当に申し訳ありません」

2015.07.29
ヴィーヴルは、7月29日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉に組まれた芝1200m戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・安田調教師 「7月29日(水)に厩舎へ。早速、明日30日(木)より馬場へ出して跨ろうと思います。これまでの経緯や気性面等を考慮。あまり稽古ばかり積むよりも、サッと追ってレースへ行くのがベターかも知れません。早ければ次週よりスタンバイの予定」

2015.07.28
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン18~20秒ペース)。7月29日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。
・当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。セーブ気味の内容とは言え、休まずに乗り込めている点は評価できるでしょう。どうやら今週中にトレセンへ戻る見込み。いつでも準備OKですからね。現状キープを心掛けつつ、新たな指示に備えるばかり」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


ロードサラブレッドオーナーズ様のファンの方々には申し訳ないのですが、はっきり申し上げてこれは酷いと思います。気性問題で扱いが難しいのですが育成に放置状態より、逍遥馬道でじっくり馬がいる環境に慣らしていけばもしかしたらというのが…隠せない本音です。牝馬で募集額6000万超という、40口クラブさんでも年で1頭レベルの強気の値付けですからね(苦笑)

と、ここまで不満を隠していませんから、退会に向けてのカウントダウンに入りました。
回避条件は以下のどちらかを満たす場合です。
①ロードアルティスタの骨折後奇跡の一発勝ち抜け→札幌で使う様子ないのでこのままスーパー未勝利かと。
②ロードデスティニーが年内で勝ち負け出来る姿を見せること→1000万以下の格安馬なので会費+維持費考えると損切りもあり

現在、社台さん系列2クラブ日高系2クラブですから、退会してもほっこりマイナーな血統で楽しめる某クラブさん残っていますので、尚更後押ししそうです…。

2015年3月19日 (木)

クラシック出走は是か非か

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

3/18  高橋康厩舎
18日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は道中、いい感じで進めることができていたのですが、直線ではなかなか前が開かずに、まともに追うことができたのは正味ラスト1ハロンくらいでしたからね。ただ、この距離でもしっかりと折り合うことができたのは収穫でしたし、この後は桜花賞へ向けて調整を進めていきたいと思います。レース後、馬体に大きなダメージはありませんし、まだまだ馬も走り足りないというくらいで元気いっぱい。今朝もカイバをモリモリ食べていましたよ。今週は軽めの運動程度に留めて、また来週から少しずつ動かしていきます」(高橋康師)4月12日の阪神競馬(桜花賞・牝馬限定・芝1600m)に出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


各地で議論活発な桜花賞出走についてですが、個人的にはアリだと思います。
ただそれは上位馬と勝負出来るかではなくて、クラブ側の意向も理解出来るからですね。
もしレオパルディナが個人馬主様の持ち馬で回収率重視なら、マーガレットS→葵Sでしょうし私もそうするかもしれません。
しかし、今回はクラブ馬でキャロットクラブさんはノーザンファームさんとの関係性が深く、引退馬を母優先枠として募集することもある半オーナーブリーダーですので、数年後の事を考えるケースもあるでしょう。


具体例挙げますと3歳春までの戦績での仮定で、カタログに掲載するFamily lineと紹介文を書く場合

①母レオパルディナ2勝 フェニックス賞 小倉2歳S2着
本馬の母は2歳新馬とフェニックス賞を連勝し短距離路線での活躍は目覚しいものがありました。


②母レオパルディナ2勝 フェニックス賞 小倉2歳S2着
本馬の母は2歳新馬とフェニックス賞を連勝し、そこから桜花賞出走というクラシック王道路線まで活躍の場を広げました。


SSとキンカメの血が一切入っていないので種牡馬選び放題ですし、後者の方がやはり購買意欲湧きますよね?

3歳夏から古馬とOPで戦うのは厳しいですが、3歳限定の短距離OP戦が秋にはなく、春も1kgハンデ背負わなければいけないので…でしょう。

2014年11月23日 (日)

ヴィーヴル6着デビュー

初めて一口出資した馬ということでウインズで応援したかったのですが…ですね。
結果は録画セットだけはしていて、先程確認しましたが勝ち上がりは出来そうですが心身共に完成するのはまだ先…でしょうか。パドックでは細く見えたので今回は一戦だけで年明けまで放牧するのが良いかもしれません。

レース自体は出遅れ、内側でそのまま追走、終いは外に出したら予想以上に外に行きたがってと、上がりは速い方に見えましたがちょっと精神面で繊細なところ十二分に発揮した印象ですね。次は馬具での矯正もありですし、若駒教育に定評のある騎手の力を借りるのも手かしれません…。


出資馬近況の更新と録画していたJ1天王山の軽い感想は後日になります…。

2014年3月 1日 (土)

レディブラッサム12の近況 2月末

ロードサラブレッドクラブ様の2歳馬近況が上がってましたので、アップします。

2014.02.28

レディブラッサム'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「1ヶ月前と比べて馬体重が17kgプラス。しっかり乗り込んでの結果だけに、尚更に評価できるかも知れませんね。右前脚に骨瘤が出掛かり、数日間ほど乗り運動を見合わせ。大きな心配には及ばず、現在は再び元通りのメニューに戻しています」

尚、今回の記事は、株式会社ロードサラブレットオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


ちょっと心配でしたが、過去ログ調べるとお兄さんのロードカナロアもこの時期に全く同じ場所に同じ症状が出たので、お母さんの体質なのかな? カナロアはその後悪影響が出ることも無く大活躍したので、カナロアと尾同じ道を歩んでるとプラスに考えたいですね。

2014年2月21日 (金)

レディブラッサムの12の近況

レディブッラサムの12の近況及び写真がアップされていました。

2014.02.14
レディブラッサム'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。1月31日(金)測定の馬体重は437kg。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。もう少しの間は現在のメニューを繰り返し、3月から次のステップへ移ろうと考えています。早期始動が叶えばアドバンテージに。昨年までと同様に、この世代も可能な範囲で積極的に仕上げて行く方針です」

12021403_e

尚、今回の記事及び写真は、株式会社ロードサラブレットオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。

一目惚れした澄んだ瞳と身体のツヤに上品そうな筋肉、そういった要素そのままに背丈・体重共に一回り成長し、トモにも厚みが出てきているように感じますね。一口馬主の最初がいきなりの10万超えでしたが、この姿見れるだけでも満足ですね。

次の更新は正式に出資完了した後のエルテアトロの12の更新記事、もしくは密かに候補を絞ったキャロットクラブ様の出資予定馬紹介だと思います。