無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

カテゴリー「ブレイクエース(キューの12)」の25件の記事

2018年6月13日 (水)

サートゥルナーリア札幌2歳Sへ。

サートゥルナーリア

6/13  角居厩舎
13日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。期待はしていましたが、初めての実戦で何が起こるか分からないという不安もありましたから、きっちり結果を出してくれて心からホッとしました。レース後は競馬を使った後とは思えないほどカイバ食いが旺盛で、ソエひとつ出ず元気いっぱいです。最後抜けだしてからの1ハロンぐらいしかまともに走っていませんし、ダメージも少ないのでしょう。この後はちょうどいい番組もありませんし、いったん放牧に出す予定です。今のところは北海道まで戻してしっかりリフレッシュさせ、札幌2歳Sも視野に入れていくと聞いています」(吉岡助手)14日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


ブレイクエース

6/13  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「今年上半期の疲れをしっかりと癒すために時間をかけていますが、ここまでの過程は悪くないように思えます。夏のうちに始動するのか、秋からにするかはまだ検討中ですが、前回からの流れを維持していきたいので慎重に判断していきます」(戸田師)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


サートゥルナーリア、リフレッシュ後もう一度判断すると思いますが、予定としては札幌2歳Sになりましたね。昨年のルーカスの新馬戦が当時思わしくなかった体調から自重しましたので、今度こそ観戦の思いが個人的ではありますが強くなってきました。

エース君は暑さが苦手というのもありますが、只今リフレッシュ中です。ひとつ疑問なのが、暑さに弱いなら夏の新潟か秋の中山じゃなく、夏の函館・札幌の方が気温マシのような気も…。

2017年11月21日 (火)

週末のレース結果

マカレア

11/18  西村厩舎
18日の福島競馬ではスタートで出遅れて道中は最後方でレースを進める。終い勝負にかけると直線ではジリジリ脚を使うが7着まで。「終いはしっかり脚を使えていただけに、今日はスタートに尽きます。申し訳ありませんでした。危ない態勢だったので、ゲート内で微調整をかけていましたが、タイミングが合いませんでした。スムーズに運べていれば勝負になったと思うだけに本当に悔しいです」(中谷騎手)

二走前の走りからも現級で通用する力はありますが、今日に関してはスタートを決められなかったのが大きいでしょう。終いはキッチリ脚を使えていただけに悔しい限りです。今後については栗東トレセンに戻ってからの状態次第で検討していきます。


ブレイクエース

11/18  戸田厩舎
18日の福島競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。勝負どころから仕掛けていくが、肝心のところで前をカットされるとそれ以降は脚を使えず14着。「本来ならもう少しポツンとした位置で競馬をさせてもいいのかもしれませんが、具合が良いのもあるのか、ある程度馬群に取り付いて進めることができました。その分、促していく際の手応えは以前騎乗した時の方が良かったのですが、今日に関しては勝負どころで進路をカットされたのが、全てだと思います。参考外の競馬と考えていいでしょうし、次で巻き返したいですね」(丸山騎手)

「今日は東京競馬場に臨場していたのでモニターでレースを見ていたのですが、勝負どころで上がっていきたいなと言うタイミングで画面が切り替わり、次に映った時には一気に最後方にさがってしまっていたので、状況が良く分からず、何が起きたのかと不安な気持ちでした。レース後にスタッフと電話で話すと、前をカットされた影響が強かったようですね。実馬を見ている訳ではないのですが、気持ちの面で難しさを出すことがある馬ですし、不利を受けたことで気持ちが切れてしまった可能性もあるでしょう。まずはトレセンでしっかりと心身の状態を確認させていただきます。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(戸田師)

前回の競馬が如何にも休み明けという形だっただけに今回は大幅な前進に期待しました。しかし、肝心の勝負どころで進路を塞がれてしまい、参考外のレースとなってしまいました。今日の悔しさは何とか次走で晴らしてもらいたいと思います。今後については美浦トレセンへ戻ってからの状態を見た上で検討していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/20 <レース結果>
 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕2着[2人気]

五分のスタートを切るも行き脚付かず、最後方からの追走となります。縦長の展開の中、最後方のまま直線を向き、外に進路を取りながら懸命に前を追いますが、先に抜け出した勝ち馬には及ばず2着でゴールしています。

R.ムーア騎手「初めて乗せてもらいましたが、いい馬ですね。まだキャリア2戦目の馬ですし、子供っぽいところがありますから、今日は競馬を教えるつもりで騎乗しました。スムーズに無理のない競馬ができたと思います。勝ち馬が強かったので2着はしょうがないですが、ルーカスもよく頑張っていると思いますし、今後に向けていい経験になったと思います」

堀宣行調教師「勝ち馬には差をつけられてしまいましたが、ムーア騎手の話すように、まだまだこれからの馬ということを考えれば頑張ってくれていると思います。現状の力は出してくれたと思いますし、何より負担の少ない競馬で賞金を加算できたことは大きいと思います。今後も一つ一つ課題をクリアしながら育てていきたいと思います。今後の予定はレース後の状態を確認した上で検討したいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


短文感想

マカレア 致命的な出遅れはあったが新たな一面を見せた。
ブレイクエース 酷すぎる不利で参考外。最後体力の消耗を抑えてくれた丸山騎手に感謝。
ルーカス 幼さ全開だったが、次善はキッチリ確保。勝ち馬に現時点で勝てないのは仕方がない。

2017年11月17日 (金)

週末の出走予定

マカレア

11/16  西村厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「当初は牝馬限定戦を予定していたのですが、節の兼ね合いで想定の段階から出走は厳しそうでしたので、同日の牡馬混合の方へ回ることにしました。鞍上はそのまま中谷騎手にお願いしてあります」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・芝1200m)に中谷騎手で出走いたします。

11/15  西村厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝もCWコースで追い切りを行いました。先週の時点でキッチリと負荷をかけていますから、レース当該週となる今日は終い重点にサッとです。帰厩当初は毛ヅヤがもうひと息かなとも感じたのですが、それも徐々に解消されてきていますし、調教ではしっかりと動くことができていて体調面の問題もありません。前走は本調子を欠いていた分、いいところなく終わってしまいましたが、立て直してこの馬の力さえ出し切ればいい競馬ができるはずですよ」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に中谷騎手で出走を予定しています。


ブレイクエース

11/16  戸田厩舎
18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走いたします。

11/15  戸田厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒9-40秒4-13秒3)。「先週に続いて今朝の追い切りも元気に跨ってもらいました。ウッドチップコースで終いを伸ばすようなイメージでしっかり動かしてもらいましたが、リズムよく駆けることができていたように思えます。元気がエースのことをよく理解してくれているからかしっかり動けていたように思え、ここまで順調に来たなと感じますよ。予定通り伊達特別へ向かうつもりでいますが、登録頭数だけを見ると結構多かったですね…。おそらく入るだろうとは思っていますが、最終的なことは蓋を開けてみないとわかりません。状況によっては他へ移ることになるかもしれないので、その時は改めて相談させてください」(戸田師)出馬状況次第になりますが、18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/16 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで15日に時計
次走予定:今週土曜の東京・東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔R.ムーア〕

堀宣行調教師「1週前追い切りを行った後、右の背腰を中心に疲れが見られる状況だったので、先週末にしっかりとしたケアを行いました。脚元に関しては、大きな不安なく調整を進めることが出来ています。先週の追い切り後から飼い葉の量を増やしているのですが、それでもしっかりと完食できており、馬体重は現在496㎏です。15日にはレースで騎乗してもらうムーア騎手に跨ってもらい、南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の最後方を追走し、直線は最内に入れて脚を伸ばし、最後は同入しています。チークピーシズを着けなくても自分からハミ取って走れていましたし、その中で終始乗り手ともコンタクトが取れていました。また初戦は少しスタートが良くなかったですし、ジョッキーにも感触を確かめてもらいたかったため、追い切り後にゲート練習を行いましたが、特に問題は見られませんでした。まだ全体的に子供っぽいところがありますので、先々のためにレースを教えるという意味でも内容を重視してあげたいと考えていますが、能力を出せる仕上がりでレースに挑むことが出来ると思います」


2017/11/16 <出走情報>

 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕55 R.ムーア 発走15:30

2017/11/15 <調教タイム>

 ムーア 11.15南W稍 53.1- 38.0- 13.1[5]馬なり余力
  マローブルー(古1600万)強目の内を0.4秒追走同入

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは前走の敗戦から一度立て直しての一戦になりますね。福島だと1400や1600がなくいきなり500m延長の1700だとギャンブル性強くなりますから、このレース選択は妥当だと思います。枠は最内1番ですので、経済コースで上手く前につければあるいは…でしょうか?

ブレイクエースは前回のレース調教後、今まで結果を残してくれていた丸山騎手が2週調教で追いきってくれました。福島は外枠差しも決まるコースでエース君に合ってますし、当日の馬場状態で更にキレが増す舞台なら一発あるかもしれませんね。


ルーカスが出走する東京スポーツ2歳Sは怪物ワグネリアンが出走する影響で7頭立てという一口馬主視点では出走するだけで出走奨励金獲得のある意味美味しいレースとなりました。当日は雨予報ですが、これがレースにどう影響するかははっきり言うと分からないですよね、特に2歳戦ですし。

なんとか2着確保して収得賞金積んでほしいのは本音ですが、この仔の場合は古馬になってからが本番と思っていますので、まずはそれまで怪我せず無事にというのが第一です。
ただ、今回も大外枠で揉まれる経験が出来なさそうのは、折角レース出るのに勿体なく感じてしまいますね…。

2017年2月15日 (水)

やはり馬場が湿ると走る

ブレイクエース

2/15  小倉競馬場
15日は軽めの調整を行いました。「先週は後方からになりましたけれど、仕掛けてからの反応は悪くなく、直線も見どころのあるレースでした。普通ならばあの走りができれば次はまた楽しみと思えますが、アテにできない馬でもあるので…(苦笑)。ただ、前走時の課題だった太めの体はうまく引き締められましたし、しっかり気持ちを整えてレースへ臨めればまたいい走りを見せてくれるはずです。まだレースから2日しか経っていない状況なので少なくとも今週いっぱいはしっかり様子を見ていきたいのですが、現時点では脚元などに問題がないのでこのままもう1回行くつもりでいます。小倉は再来週まであるので最終週の可能性もありますが、滞在しているので中1週でも問題ないかなという気はしています。また、来週のほうがダート1700mの鞍数がひとつ多いので、来週を本線にして、馬の状態や元気の都合も聞きながら正式に決めていきたいと思います」(戸田師)

状態次第ではスライドする可能性もありますが、今のところ25日もしくは26日の小倉競馬(4歳上500万下・ダ1700m)に出走を予定しています。


2/13  小倉競馬場
13日の小倉競馬ではまずまずのスタートも行き脚つかず最後方を追走。直線は馬場の外目に持ち出してしっかりと伸びたが5着まで。

「前走より体が絞れたこともあってか、跨がった感じから気配が良かったですね。スタートして前半は行き脚がつかなくて追走に手間取ったのですが、焦らずにじっくり進めました。3コーナーで内から当てられてちょっとリズムを崩しかけたものの、直線はいい脚を使って、最後までしっかり伸びてくれました。この走りが次につながってくれればと思います」(丸山騎手)

最後方からの追走になりましたが、直線は外目を勢いよく追い込んできて5着と見せ場十分の内容でした。近走はもうひとつ良さを活かせていませんでしたから、今日のレースがいいきっかけになってほしいと思います。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


小倉で最後尾からの追い込みは流石に厳しいですが、直線すっ飛んできて優先出走権は確保できました。稍重以下の条件では、地方含めて2-1-0-1-1-1ですから、この条件で特に直線がある程度長い競馬場なら期待出来そうです。

2017年2月 9日 (木)

週末の出走予定+雑談

ブレイクエース

2/9  小倉競馬場
5日に小倉競馬場へ移動しました。8日は小倉ダートコースで追い切りました(71秒1-56秒0-41秒6-12秒5)。9日は軽めの調整を行いました。

「先週の追い切り後もよく確認していたのですが、良い意味で変わりがなくて、すぐに移動しても問題ないだろうと思えました。そのことから土曜日の午後に美浦トレセンを出発して日曜日に小倉競馬場へ入っています。お姉ちゃんのキュリオスティーも一緒で2頭で小倉へ行ったのですが、大きな問題もなく現地での調整をスタートできています。帰厩直後に行った追い切りに続いて昨日の追い切りにも元気に跨ってもらってダートコースで長めから終い重点で動かしたのですが、悪くなかったようですし、体調面の不安もなさそうですから、予定通り今週の競馬を使わせていただきます。元気の都合も加味してと思っていましたが、土曜日のほうがメンバー的にいいなぁ…と思っていたところ元気のほうからも“土曜日にしませんか?”と言ってきてくれましたので、土曜日へ向かいます」(戸田師)

11日の小倉競馬(4歳上500万下・ダ1700m)に丸山騎手で出走いたします。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


本日夜より西日本で広く降雪予報が出ていますので、予報通りだと土曜のレースは脚抜きの良いダートというブレイクエースに適した馬場コンディションになりそうですね。前回増えていた体重がある程度絞れているという条件付きでチャンスはありそうですね。

タイムレスメロディは除外となりました。この仔は逆に今の体重・筋力だと重めの馬場は向いてませんので、除外1取れて翌週小倉牝馬限定1200にスライド出来るこの結果はかえって良かったかもしれません。


雑談ですが、今週の某カラオケ番組は優勝はあの子なんだろうなぁと出場者見ただけでなんとなく分かっていましたが、そんなの関係なしに男性3人衆が良い味出してましたね。アカペラの方は情熱と言うかまた聞きたくなる熱が伝わりましたし、カスタードクリーム好きの方は11人(1人別枠)で純粋に1番上手いんじゃないかなと。

普通に自分のジャンルで歌わせれば別格の高橋さんは出場者の中で一番楽しんでますよね歌を。豪ひろみさんの曲の弾けっぷり尋常じゃなく、J-POPの指導受けるつもりが間違ってオペラの先生の元に行かれたという経歴から、今は好きな歌を目一杯歌うという信念が伝わってくる素晴らしいステージでした。お金お支払いして聞かなければいけないレベルの方の歌を無料放送で聞けるのはありがたいことです。

2016年12月16日 (金)

先週のレース結果と今週のレース予定

スコアラーのギレンウィーターがテクニカルファール連発で自爆退場に加えて、3Qまで唯一の勝ちパターンであるロースコアゲームとほぼ嵌めた展開なのに、洒落にならないタ-ンオーバーの数と止められないギャレットにやられましたね…。レバンガ、個人能力で決めれるのが西川だけなのでやはりツライです。


マカレア

2/14  島上牧場
13日に島上牧場へ放牧に出ました。「先週の競馬はいい結果とならず申し訳ありませんでした。輸送の影響もあったのか馬体は思っていたより10キロほど減っていましたし、滞在時と比べてテンションの高さも目立ちました。道中はうまく立ち回ることができてはいたものの、レース前にあれだけ体力を消耗していては厳しかったです。ただ、だからと言って滞在だけを選んで競馬に使っていくわけにはいきませんから、何とか巻き返せるようにしていきたいですね。小柄な馬が休み明けで体重を減らしてしまいましたし、まずはしっかりとリフレッシュさせるため、いったん島上牧場へ放牧に出させていただきました」(高野師)

12/11  高野厩舎
11日の中京競馬ではまずまずのスタートから好位の3番手の内を追走。そのまま直線へ向かっていきたかったが、最後は一杯になり伸びがなく18着。

「小柄ですがいい走りをする馬ですし、声をかけていただいて嬉しく思っていました。ただ、今日はレース前からテンションが高かったです。パドックからイレ込んでいて僕が跨った時もイライラした様子が目立っていました。スタートを待つ輪乗りの時も変わりなくて汗をビッショリかいていたんです。レースはスタートが悪くなかったので慌てさせないで好位から進めたのですが、勝負どころで手応えが怪しくなり始め、坂で完全に堪えてしまいました。コース云々ということではなく、今日は精神的な苦しさから最後に頑張れなかったのだと思います。夏は北海道でレースをしていた馬で落ち着いた状態の時に走れていたのでしょうし、気持ちの部分で楽になれば違うはずです」(坂井騎手)

北海道以来の出走でしたが、勝ち上がった時の内容が秀逸でしたのでいきなりからでも期待をしていました。しかし、久しぶりの輸送競馬だったこともあってかレース前からイレ込みが目立ち消耗が激しく、最後は余力がなくなってしまった印象です。今回は敗因がはっきりしていますから、少しずつでも慣れていってくれればと思いますし、現級でも渡り合えるような走りを見せてくれればと願っています。今後につきましてはレース後の状態を見ながら判断していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


セダブリランテス

2016/12/15 <最新情報>
セダブリランテス
 15日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
2016/12/14 <近況>
在厩場所:美浦トレセン/15日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

手塚貴久調教師「レース後も脚元等の状態に変わりはありませんが、予定通り一旦放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。改めてレースを見返したのですが、兄のモンドインテロのデビュー戦と内容がそっくりなんですよね。レースタイムはセダブリランテスの方が0.1秒速いですが、上がりのタイムは全く一緒ですからね。それにあの位置から一気に差し切ってしまうのですから、やはり力はありますよ。牧場での状態を見てから判断することにはなりますが、次は東京開催辺りが有力かなと考えています」

2016/12/12 <レース結果>
セダブリランテス
 12/10(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・14頭〕優勝〔1人気〕

モッサリとゲートを出たもののすぐに行き脚を付け、道中は6番手辺りを追走、3コーナー過ぎから徐々に手応えが怪しくなり一旦は先団と差を広げられますが、直線に入り追い出されると上がり最速の脚を使ってまとめて差し切り、デビュー戦を勝利しています。

内田博幸騎手「最初のコーナーで外にモタれて走っていたのですが、向こう正面ではそれも収まっていい感じで追走できました。少しずつポジションをあげて3コーナーに入っていったのですが、また外にモタれはじめたので急に首を曲げて苦しくならないように、ジワッとラチ沿いに寄せて行きました。そうしたら砂を被ってフワフワして2着馬が内から抜いて行くのにも抵抗できませんでしたね。それでも、直線に向いてからは一気に伸びてくれました。確かに芝でもやれるフットワークをしていますが、体の大きな馬ですしまだ持て余して走っていますからね。もう少し体が引き締まってからでもいいのではないかと思います」

手塚貴久調教師「圧倒的1番人気だったのに勝負どころで下がっていった時はヒヤッとしましたよ。新馬ですし気を抜くような面が出るのは仕方がないですね。それに外にモタれてしまったのも馬装の段階でハミを少しきつく締めすぎたのかもしれません。直線で目一杯走っているので、ひと息入れた方がいいかもしれませんね。元々芝でもやれると思っていますが、次走については放牧先の状態など見てから判断したいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは今回参考外ですね。只でさえ400kg前後という小柄な身体で輸送負けして精神的に全く余裕ありませんでしたので。まずはリフレッシュして身体戻してから、トレセンで身体再度作り直してもう一度輸送にトライするか京都開催で使うか…ですかね。

セダブリランテスはマトモに競走馬として熟成出来れば準OP~OP目指せるかもしれませんね。現時点では余りにも幼すぎて、外に壁無いとモタれる・内で砂かぶると集中力散漫になると課題山積みですからまずは一歩ずつでしょうね。終着点は兄と同じく芝長距離路線になりそうな気もします。


ブレイクエース

12/15  戸田厩舎
18日の中山競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に柴山騎手で出走いたします。

12/14  戸田厩舎
14日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒3-52秒2-38秒9-12秒7)。「今週の競馬を目標にして今朝追い切りを行いました。ただ、雨の影響で馬場がだいぶ重たくなっている印象を受けましたから、ウッドチップコースではなく比較的コンディションが悪くないポリトラックコースでの追い切りに切り替えました。相手との差は若干ありましたが、エース自身、最後までしっかりと走れていますし、悪くなかったのではないかなと思います。一度使った上積みも感じられますし、競馬も前回より動けるとは思うんです。あとは無事に使えるかどうかでしょう。鞍上は、ウチの厩舎との相性もいい柴山ジョッキーにお願いをしているのですが、節的に入るかどうかという問題も出てきます。場合によっては他へ回らなければいけなくなるかもしれないので、状況を見ながら判断していきます」(戸田師)今のところ18日の中山競馬(3歳上500万下・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ウィッシュノート

2016/12/15 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、14日に坂路で追い切り
次走予定:阪神12月17日 ダート1200m[松若風馬]

安田隆行調教師「14日に坂路で追い切りました。先週末から時計を出し始めていますが、2本目としては最後まで脚が上がることもなく、動きは良かったですね。動きが一息なら、もう少し本数を重ねてから出走させる方が良いと思いましたが、ラストまでしっかり動けたので今週使うことにしました。だいぶ成長が窺えますが、強気にレース運びをすると終いが甘くなってしまうと思うので、出たなりの位置で脚を溜めていけば末脚を活かせると思います。時期的なこともあって毛艶は一息ですが、代謝が良くなれば見栄えが良くなっていくと思います」

2016/12/15 <出走情報(確定)>
ウィッシュノート
 12/17(土)阪神1R 2歳未勝利〔D1,200m・15頭〕54 松若風馬 発走10:10
2016/12/14 <調教タイム>
ウィッシュノート
 見 習 12.14 CW不 60.3- 44.4- 14.9 [5] 馬なり余力
 見 習 12.14 栗坂不 54.8- 39.9- 25.8- 12.9 一杯に追う


ラグナアズーラ
2016/12/15 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで14日に時計
次走予定:今週日曜の中山・芝1,600m(牝)[吉田隼人]

武市康男調教師「14日に南ウッドコースで追い切りを行いました。もうある程度仕上がっていますので、今日は馬なりで行いましたが、最後はスッと反応して良い動きを見せてくれましたよ。騎乗者も反応が良かったし、息遣いも良好だと好評価していました。ただゲートの中で悪さをするわけではないのですが、スタートがあまり速くないのでそこだけが心配なところです。でもここまで順調に調整することができましたし、調教を進めつつも落ち着きが出てきて、準備運動や上がり運動も常歩でしっかり行うことができるようになりました。吉田隼人騎手は先週の追い切りで跨って、この馬のことを分かってくれていると思いますし、初戦から良い走りを期待しています」

2016/12/15 <出走情報(確定)>
ラグナアズーラ
 12/18(日)中山6R メイクデビュー中山〔芝1,600m・16頭〕54 吉田隼人 発走12:35
2016/12/14 <調教タイム>
ラグナアズーラ
 助 手 12.14 南坂重 53.1- 38.8- 25.5- 12.7 馬なり余力
  メグミ(新馬)一杯に0.2秒先着

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ブレイクエースは稍重以下で結果残している仔ですので、晴れ予報の中山のタフな砂を克服できるかが鍵でしょうね。
ウィッシュノートは人気上位2頭の力が1枚上と見られてますので、優先出走権確保が目標かと。年明けに牝馬限定D1200がありますのでそこが本命ですね。
ラグナアズーラはトレセン入厩後追いきりの本数を重ねて内容も良さそうですから、人気はそこそこあるかもしれません。ただ、いつものことですが新馬はまずは無事にレース完走出来るのがまずは第一です。

2016年3月 4日 (金)

明日のレース予定と今週のコンサドーレ

最近臥せっていた影響で皮膚がかぶれてしまい、診療後同病院内の皮膚科へ。昔(小学生くらい)から色素薄かった箇所が一斉に白くなったこともそうですし、更新前の運転免許証と別人ですね(笑)


ブレイクエース 3枠4番 ハンデ55kg
56kgのトップハンデ馬が回避で繰り上がりトップハンデタイとなりました。上級条件で馬券内経験馬より2kg重いのは正直厳しいですが、エース君の力を信じたいですね。


北海道コンサドーレ札幌ネタ
開幕戦は当然見れませんでしたが、ボロボロに叩かれてますねぇ。
・ライン下げすぎ
・走れないし、ヘルプも全然ない
・それならとボールを走らせることもおぼつかない

うん、比較的甘めのコンサのUSでもブーイング出るわ、これ。
スポーツは年齢で判断してはいけないのですが、スタメン11人中4人がover35の構成だと近年のクイックネス・ロングスプリント重視のフットボールの流れに逆行してるかもしれませんね。

日曜のゲームは小野が別メニュー調整中で前節ライン間延びとの報告でしたから、OUT小野・河合 INヘイス・櫛引 3-4-2-1ジュリーニョを実質0トップフォルスナインとして起用なんてのもサッカーゲームだったら面白そうだったり。

2016年2月25日 (木)

3月レース予定他

痛みの方はおかげさまで良くなったのですが、代わりと申しますか事故のショックが影響したのかうわぁと思わず呻いた検査数値に。というわけで、投薬量増加につきいつものアレな日常に。
うん。コンサの試合TVで見るの絶対無理ですね。


3月の登録予定馬

ブレイクエース→3月5日(土) 小倉1000万以下 早鞆特別
マカレア→3月6日(日) 小倉未勝利1200m牝馬限定
 

コンサ開幕戦に向けてのつぶやき
SB・WBが本職ジュリーニョ、獲得した時点でいきなりスクランブルのOMF・FW起用になると予想した方いなかったでしょうね…。当時からSBとしては攻めあがるの好きで戻ってこなくね? とは言われてましたけど。

2015年11月20日 (金)

ブレイクエース園田へ

ブレイクエース

11/18  NF天栄
ホッカイドウ競馬の開催終了にあたり今後の方針について検討を行い、園田・田中道夫厩舎へ転籍することに決定しました。18日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て園田・田中厩舎へ入厩する予定です。「門別で2勝目を挙げて中央競馬へ戻すことができればと考えていただけに、前走は本当に申し訳ありませんでした。クラブとも相談の結果、園田へ移籍して中央復帰を目指していこうということになりました。年内であればあと1勝が必要になりますし、何とか勝利を掴むために頑張ってもらいたいと思います」(空港担当者)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

名古屋ではなく園田移籍となりました。未確認情報を掲載してしまい申し訳ございませんでした。


増えすぎた体重この輸送で少し減るかなと思いつつも、正直地方競馬のクラスは統一されていませんから分かり難いですね。

園田競馬場のHPでは4(3)歳以上馬が
転入前所属JRA未勝利→C2 北海道B2~B4→B2

3歳馬転入条件
転入前所属JRA未勝利→C1 他地区未勝利~1勝→C2となりまして、一番厳しいB2クラスだとレースレベル明らかに違いますのでどうなるか…です。

2015年11月16日 (月)

名古屋移籍?

お風呂上りにストーブで部屋暖めながらネットで見ていたのが悪かったのか、立て続けの風邪でございます。

ブレイクエース

11/10  NF空港
10日の門別競馬ではまずまずのスタートから前々で競馬を進める。直線では粘る前の馬を捉えて勝利を掴んだかに見えたが、最後は勝ち馬に僅かに交わされて2着。

「あと一歩というところで勝利を逃してしまっただけに申し訳ない気持ちで一杯です。本当に申し訳ありませんでした。1コーナーで少しかかりましたが、その後はまずまずの形で運べましたし、何とか粘りたかったのですが…。僕がもう少し上手く乗れていれば違ったかもしれません。最後のチャンスを活かせず悔しいです」(五十嵐騎手)

「ここはどんな形であっても結果を出さなければなりませんでした。本当に申し訳ありませんでした。抜け出したときは勝ったと思ったんですけどね…最後は上手く目標にされてしまいました。すんなり中央競馬へお返しできれば良かったのですが、悔しさしかありません。力になることができず、すみませんでした」(廣森師)

年内最後の門別開催でしたし、中央へ復帰するためにもここは負けられないレースでした。直線ではあと一歩まで粘りましたが、僅かに差される悔しい結果になってしまいました。今後についてはレース後の状態やここまでの結果を踏まえた上で検討していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


完全な結果論ですが、1600m以下のレース・体重がマイナス・直線のマッチレースを早めに決着つければの3要素の内1つでも満たせば勝ちはあったかもしれませんね。勝ち馬も含めて上位3頭はこのクラスでは力抜きん出ていました。まぁ、生産牧場が1着・2着馬が社台白老ファームさんでフジキセキにキンカメ、3着馬が○外でUnbridled's Song産駒でしたので、中央でも500万クラスで走っていそうな上位陣でしたが…。

ブレイクエースの今後ですが、まだ未確定情報ですが名古屋移籍で話があるようですね。事実でしたら、ギリギリになりそうですが年内ラスト1戦で勝ちあがり狙って、ダメなら年明けにじっくりでしょうか。北海道よりレベルの高い地区ですのでそう簡単にはいかないと思いますが、適条件外(体重含む)であれだけ走れましたから、どうしてもまだ期待はしてしまいますね。

その他のカテゴリー

J J1 J2 POG ウィッシュノート(デイトユアドリームの14) ウェブログ・ココログ関連 エクディス(マギストラの13) オルレアンローズ(テンザンローズの13) カラドゥラ(カニョットの15) グルメ・クッキング ゲーム サッカー サートゥルナーリア(シーザリオの16) サーブルノワール(マイネナデシコの14) シーザリオの16 スプランドゥール(ブルーラスターの12) スポーツ セダブリランテス(シルクユニバーサルの14) セドゥラマジー(ウイッチトウショウの15) タイムレスメロディ(アコースティクスの13) バトナージュ(フェートデュヴァンの12) ブレイクエース(キューの12) ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12) ホマレ(ドゥオナーの15) マカレア(ワイオラの13) マギストラの13 ラグナアズーラ(シルキーラグーンの14) ラプトレックス(レックスレイノスの15) ルーカス(メジロフランシスの15) レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12) レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13) ロードアルティスタ(エルテアトロの12) ロードレース ヴィーヴル(レディブラッサムの12) 一口馬主 募集馬検討 出資馬 北海道コンサドーレ札幌 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 競馬 血統・配合勉強対象馬 音楽 FMシリーズ

カテゴリー

ウェブページ

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31