無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

カテゴリー「マカレア(ワイオラの13)」の9件の記事

2018年6月27日 (水)

先週のレース結果

マカレア

6/23  函館競馬場
23日の函館競馬では発馬後スッと行き脚がついて3番手より進める。そのまま前を狙っていきたかったが、コーナーに入ったあたりから手応えが徐々に怪しくなり出し、直線でも脚を使えず11着。
「真面目でとても前向きな性格で、ゲート裏の雰囲気も悪くなく、ゲートが開くとスッと楽に前へ行けました。あの出だったので変に引く必要もなく、無理せず前から進められたのですが、3コーナーに差し掛かったあたりから手応えが怪しくなりだして…。スピードがあって良いのですが、理想を言えばもう少し力強さが備わってくれたらと思いました。また、少しでも時計がかかったほうがいいのだと思います。力になれなくて申し訳ありません」(北村友騎手)

休養の効果から体を増やしてレースへ臨めたので、なんとかいい走りを見せて欲しいと期待しました。しかし、残念ながら早々に脚色が鈍り出してしまい、最後に踏ん張ることはできませんでした。悩ましい状況が続いていますが、昨夏のレースで好走したことがある馬なので何とか巻き返して欲しいと願っています。今後についてはレース後の状態をもとに判断していきます。


6/27  NF空港
24日にNF空港へ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。スムーズに先行できていましたから、もう少し手応えがいいまま直線を向けると思っていたのですが、早々に苦しくなってしまいました。このあたりは久々の分もあるのかもしれません。権利が取れればそのまま使っていきたいところでしたが、優先出走権がない状況なので、いったん放牧に出させていただいています。出走状況を見て再度北海道開催中に使っていければと思います」(西村師)


ラプトレックス

6/23  函館競馬場
23日の函館競馬ではゆっくりとしたスタートになり後方から促しながら追走する。直線外から差を詰めてくるが7着まで。「乗せていただく前に気難しさがあることを聞いていましたが、稽古に跨らせてもらってそのことを掴めていました。正直、難しい面が目立ち、肩ムチだけでなく見せムチも、そして舌鼓でも乗り手に促されると耳を絞って反抗しようとするんです。ゲートは練習の段階からおそらくこうなるかなと察しがついていたので慌てませんでしたが、この条件への慣れがないのでそのままにしていると離れてしまうと思い、ハンドワークだけでなんとか流れに乗せました。後ろ向きさを出さないように終始ノーステッキで立ち回りましたが、それでいて2着以下とはさほど差のないところに来るので力があるのは間違いないんです。この条件を一度使ったことで少しでも前向きさが増してくれれば良いのですが、忙しいという印象が強いままなら距離を見直さなければいけないかもしれません。気持ちが続くかと言われると悩ましいので、函館だとどちらの条件がいいと言い切れないのですが、背中のいい馬なのでなんとかしたいという気持ちです」(川島騎手)

「今日は阪神競馬場に臨場していて、レースはモニターで見ていましたが、画面越しでも気の難しさが伝わってくるような走りっぷりでした。去勢効果が現れるには少し時間が必要ですし、すぐに結果を求めるのは厳しいのかもしれませんが、その中で川島もなんとか気を損ねないように乗ってくれていたと思います。現地のスタッフとも話をしましたが、『乗り手に反抗する面を出さなければしっかり脚を使えるのは分かったし、条件うんぬんではないと思う』とのことでしたので、このまま在厩で調整して出走できるレースを使っていくことにします」(宮本師)

滞在と去勢の効果で落ち着いて集中して走ってくれたらと期待していましたが、未だに難しさは残るようです。鞍上が稽古の段階からコンタクトを取り、馬の機嫌を損ねないように上手く接してくれたことで最後に差を詰めてくる走りを見せてくれましたが、ちょっとしたこと前向きさを欠くので今後もこの課題と付き合っていくことになります。鞍上を含めた陣営がなんとかしたいと思って接してくれていますので、少しずつでもいい方へ向かってくれることを願っています。今後につきましてはレース後の状態と番組を見ながら検討していきます。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ホマレ
6月24日(日)東京・3歳未勝利 ダ1400m 津村明秀騎手 1着

津村騎手のコメント
・ゲートをしっかり出れたので強気な競馬が出来た。
・前2走と比べてテンションはやや高めで、抜け出してからもフワフワしていたが余裕があった証拠でもあり、良い内容で勝ってくれた。

上記のテキストはノルマンディーオーナーズクラブ様許可のもと抜粋させていただきました。


マカレアに関しては関係者の皆さまが懸命に取り組んでくれているのですが、ちょっと結果に結びついていません…。得意の舞台である札幌の結果次第では…と覚悟だけはしておきます。

ラプトレックスの川島騎手のコメントはもう壮絶の一言ですね。もう関係者の皆様の苦心ぶりを思うと…。
俺様のレースしかしたくないならツインターボやシルポートばりの大逃げしか活路見いだせなさそうではありますが、そもそもゲート難なのでそれも無理と(苦笑)

ホマレは3戦目で見事勝ち上がりを果たしてくれました。4コーナーの手ごたえでこれは勝ったかなと思い、そのまま抜け出してあっさりかなと見ていたらソラ使ったのは焦りましたね…。経験不足なので改善できる点は沢山ありそうなうえ、5月28日生まれという遅生まれでまだまだ身体的成長も見込めそうですからこれから楽しめそうです。

2017年11月21日 (火)

週末のレース結果

マカレア

11/18  西村厩舎
18日の福島競馬ではスタートで出遅れて道中は最後方でレースを進める。終い勝負にかけると直線ではジリジリ脚を使うが7着まで。「終いはしっかり脚を使えていただけに、今日はスタートに尽きます。申し訳ありませんでした。危ない態勢だったので、ゲート内で微調整をかけていましたが、タイミングが合いませんでした。スムーズに運べていれば勝負になったと思うだけに本当に悔しいです」(中谷騎手)

二走前の走りからも現級で通用する力はありますが、今日に関してはスタートを決められなかったのが大きいでしょう。終いはキッチリ脚を使えていただけに悔しい限りです。今後については栗東トレセンに戻ってからの状態次第で検討していきます。


ブレイクエース

11/18  戸田厩舎
18日の福島競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。勝負どころから仕掛けていくが、肝心のところで前をカットされるとそれ以降は脚を使えず14着。「本来ならもう少しポツンとした位置で競馬をさせてもいいのかもしれませんが、具合が良いのもあるのか、ある程度馬群に取り付いて進めることができました。その分、促していく際の手応えは以前騎乗した時の方が良かったのですが、今日に関しては勝負どころで進路をカットされたのが、全てだと思います。参考外の競馬と考えていいでしょうし、次で巻き返したいですね」(丸山騎手)

「今日は東京競馬場に臨場していたのでモニターでレースを見ていたのですが、勝負どころで上がっていきたいなと言うタイミングで画面が切り替わり、次に映った時には一気に最後方にさがってしまっていたので、状況が良く分からず、何が起きたのかと不安な気持ちでした。レース後にスタッフと電話で話すと、前をカットされた影響が強かったようですね。実馬を見ている訳ではないのですが、気持ちの面で難しさを出すことがある馬ですし、不利を受けたことで気持ちが切れてしまった可能性もあるでしょう。まずはトレセンでしっかりと心身の状態を確認させていただきます。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(戸田師)

前回の競馬が如何にも休み明けという形だっただけに今回は大幅な前進に期待しました。しかし、肝心の勝負どころで進路を塞がれてしまい、参考外のレースとなってしまいました。今日の悔しさは何とか次走で晴らしてもらいたいと思います。今後については美浦トレセンへ戻ってからの状態を見た上で検討していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/20 <レース結果>
 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕2着[2人気]

五分のスタートを切るも行き脚付かず、最後方からの追走となります。縦長の展開の中、最後方のまま直線を向き、外に進路を取りながら懸命に前を追いますが、先に抜け出した勝ち馬には及ばず2着でゴールしています。

R.ムーア騎手「初めて乗せてもらいましたが、いい馬ですね。まだキャリア2戦目の馬ですし、子供っぽいところがありますから、今日は競馬を教えるつもりで騎乗しました。スムーズに無理のない競馬ができたと思います。勝ち馬が強かったので2着はしょうがないですが、ルーカスもよく頑張っていると思いますし、今後に向けていい経験になったと思います」

堀宣行調教師「勝ち馬には差をつけられてしまいましたが、ムーア騎手の話すように、まだまだこれからの馬ということを考えれば頑張ってくれていると思います。現状の力は出してくれたと思いますし、何より負担の少ない競馬で賞金を加算できたことは大きいと思います。今後も一つ一つ課題をクリアしながら育てていきたいと思います。今後の予定はレース後の状態を確認した上で検討したいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


短文感想

マカレア 致命的な出遅れはあったが新たな一面を見せた。
ブレイクエース 酷すぎる不利で参考外。最後体力の消耗を抑えてくれた丸山騎手に感謝。
ルーカス 幼さ全開だったが、次善はキッチリ確保。勝ち馬に現時点で勝てないのは仕方がない。

2017年11月17日 (金)

週末の出走予定

マカレア

11/16  西村厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「当初は牝馬限定戦を予定していたのですが、節の兼ね合いで想定の段階から出走は厳しそうでしたので、同日の牡馬混合の方へ回ることにしました。鞍上はそのまま中谷騎手にお願いしてあります」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・芝1200m)に中谷騎手で出走いたします。

11/15  西村厩舎
15日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝もCWコースで追い切りを行いました。先週の時点でキッチリと負荷をかけていますから、レース当該週となる今日は終い重点にサッとです。帰厩当初は毛ヅヤがもうひと息かなとも感じたのですが、それも徐々に解消されてきていますし、調教ではしっかりと動くことができていて体調面の問題もありません。前走は本調子を欠いていた分、いいところなく終わってしまいましたが、立て直してこの馬の力さえ出し切ればいい競馬ができるはずですよ」(西村師)18日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に中谷騎手で出走を予定しています。


ブレイクエース

11/16  戸田厩舎
18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走いたします。

11/15  戸田厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒9-40秒4-13秒3)。「先週に続いて今朝の追い切りも元気に跨ってもらいました。ウッドチップコースで終いを伸ばすようなイメージでしっかり動かしてもらいましたが、リズムよく駆けることができていたように思えます。元気がエースのことをよく理解してくれているからかしっかり動けていたように思え、ここまで順調に来たなと感じますよ。予定通り伊達特別へ向かうつもりでいますが、登録頭数だけを見ると結構多かったですね…。おそらく入るだろうとは思っていますが、最終的なことは蓋を開けてみないとわかりません。状況によっては他へ移ることになるかもしれないので、その時は改めて相談させてください」(戸田師)出馬状況次第になりますが、18日の福島競馬(伊達特別・ダ1700m)に丸山騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ルーカス

2017/11/16 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで15日に時計
次走予定:今週土曜の東京・東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔R.ムーア〕

堀宣行調教師「1週前追い切りを行った後、右の背腰を中心に疲れが見られる状況だったので、先週末にしっかりとしたケアを行いました。脚元に関しては、大きな不安なく調整を進めることが出来ています。先週の追い切り後から飼い葉の量を増やしているのですが、それでもしっかりと完食できており、馬体重は現在496㎏です。15日にはレースで騎乗してもらうムーア騎手に跨ってもらい、南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の最後方を追走し、直線は最内に入れて脚を伸ばし、最後は同入しています。チークピーシズを着けなくても自分からハミ取って走れていましたし、その中で終始乗り手ともコンタクトが取れていました。また初戦は少しスタートが良くなかったですし、ジョッキーにも感触を確かめてもらいたかったため、追い切り後にゲート練習を行いましたが、特に問題は見られませんでした。まだ全体的に子供っぽいところがありますので、先々のためにレースを教えるという意味でも内容を重視してあげたいと考えていますが、能力を出せる仕上がりでレースに挑むことが出来ると思います」


2017/11/16 <出走情報>

 11/18(土)東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)〔芝1,800m・7頭〕55 R.ムーア 発走15:30

2017/11/15 <調教タイム>

 ムーア 11.15南W稍 53.1- 38.0- 13.1[5]馬なり余力
  マローブルー(古1600万)強目の内を0.4秒追走同入

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは前走の敗戦から一度立て直しての一戦になりますね。福島だと1400や1600がなくいきなり500m延長の1700だとギャンブル性強くなりますから、このレース選択は妥当だと思います。枠は最内1番ですので、経済コースで上手く前につければあるいは…でしょうか?

ブレイクエースは前回のレース調教後、今まで結果を残してくれていた丸山騎手が2週調教で追いきってくれました。福島は外枠差しも決まるコースでエース君に合ってますし、当日の馬場状態で更にキレが増す舞台なら一発あるかもしれませんね。


ルーカスが出走する東京スポーツ2歳Sは怪物ワグネリアンが出走する影響で7頭立てという一口馬主視点では出走するだけで出走奨励金獲得のある意味美味しいレースとなりました。当日は雨予報ですが、これがレースにどう影響するかははっきり言うと分からないですよね、特に2歳戦ですし。

なんとか2着確保して収得賞金積んでほしいのは本音ですが、この仔の場合は古馬になってからが本番と思っていますので、まずはそれまで怪我せず無事にというのが第一です。
ただ、今回も大外枠で揉まれる経験が出来なさそうのは、折角レース出るのに勿体なく感じてしまいますね…。

2017年7月13日 (木)

週末のレース結果と大宮戦雑感

サーブルノワール

2017/07/13 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:7月30日の新潟・D1,800m

田中勝春騎手「だいぶよくはなっているのでしょうけど、それでもまだ緩さを感じましたね。最近になってようやく勝ち上がったように、晩成タイプなんだと思います。あまり無理することなく使っていけば、まだまだ変わり身があると思いますよ。また、手先が重いので、現状はどちらかというとダートの方がいいのかもしれません」

調教助手「長距離戦とは言え、芝ですから、ある程度は切れる脚がほしいところですが、それがないですからね。やはりダートの方がいいかもしれません。競馬の後も特に問題ありませんので、このまま厩舎で調整し、新潟1週目のD1,800mを目指します」


2017/07/10 <レース結果>
 7/8(土)福島9R 開成山特別〔芝2,600m・10頭〕9着[6人気]

まずまずのスタートから促して行き、道中は2馬身ほどのリードを保ってレースを先導、2周目の3,4コーナー辺りから徐々に手応えが鈍り出し、直線では完全に脚が上がってしまい、後方でゴールしています。

田中勝春騎手「スタートして促して行くとスッと行き脚が付きましたし、いい感じに先手を取って進められました。ゆったりとしたペースの中、折り合いも付いて上手く運べたのですが、3コーナーを過ぎた辺りから段々と手応えが怪しくなってきてしまいました。最後も脚が上がってしまいましたし、まだこの距離を走り切るだけの体力がありませんでしたね。芝での走り自体はそれほど悪くはなかったと思います。まだ全体的に体が緩いですし、しっかりとして良くなってくるのはもう少し先だと思います」


セドゥラマジー

2017/07/12 <近況>
在厩場所:12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

吉田直弘調教師「トレセンで状態を確認しましたが、特に大きな疲れはありませんでした。かなり蒸し暑い中で競馬をした後ですし、次走までにゲート練習も行う必要があるので、このまま調整するよりは、一旦放牧に出してリフレッシュさせてからゲートで縛ることを考えています。12日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」

2017/07/12 <最新情報>
 12日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。


2017/07/10 <レース結果>
 7/9(日)中京1R 2歳未勝利〔芝1,600m・9頭〕7着[6人気]

飛び上がるようにゲートを出ると、道中は8番手あたりを追走。直線に入って追い出しにかかりましたが、ゲートの出遅れが響いてしまった為に7着でゴールしています。

川田将雅騎手「返し馬はスムーズに行えましたし、ゲートに入るまで落ち着いていたのですが、中に入った途端に煩いところを見せてしまいました。立ち上がったり、前扉を潜ろうとしたり態勢を整える前に扉が開いたことで、飛び上がるように出てしまいました。出てから初戦のようにムキになって走るところはなく、折り合ってくれましたが、前半スムーズな競馬が出来なかったことで最後は脚が上がってしまいました。レース内容としては悪くなかったですし、五分にゲートを出ていれば、勝っていたとは言い切れませんが、良い勝負をしていたと思います。ゲートの駐立が今後の課題ですね」

吉田直弘調教師「6日にゲート練習に行った際は大人しくして何もしなかったのですが、実戦で気難しいところを見せてしまいました。1番枠で待たされたというより、中に入った途端にやってしまっていたので、気の悪いところが出てしまったようです。レース自体はスムーズに折り合ってくれましたから、ゲートをしっかり出せるように調教で工夫していきたいと思います」


ラグナアズーラ

2017/07/12 <近況>
在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

武市康男調教師「ここまでお待たせしてしまいましたが、ようやく結果を出すことができて、本当に安心しました。今のところ馬体・脚元など特に変わりはありませんが、今週末まで状態を確認させて頂いてから、予定通り放牧に出したいと思います」


2017/07/10 <レース結果>
 7/9(日)福島3R 3歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕優勝[1人気]

まずまずのスタートからスッと行き脚を付けて、道中は好位の2番手を追走、直線入り口で先頭に立つと、そのまま後続の追撃を悠々しのぎ、圧倒的一番人気に応えて見事に初勝利を挙げています。

戸崎圭太騎手「センスのいい馬で、スタートしてすぐにスッと先手に付けることが出来ました。平坦の小回りコースが合うと思っていましたが、その通り道中はリズム良く運ぶことが出来、最後もしっかり脚を使ってくれました。今日は完勝だったと思いますし、圧倒的な人気に応えることが出来て良かったです。ただまだ成長してきそうな印象がありますし、もっと心身ともにしっかりしてくれば、より幅の広いレース運びが出来るようになると思いますよ」

武市康男調教師「前走後から在厩して調整させていただきましたが、調教を積みながらも馬体重を減らさず出走することが出来たのは良かったと思います。スタートして楽に2番手に付けることが出来ましたし、ゆったりとしたペースの中でも折り合いを欠くことなく運べ、最後もしっかり脚を使って押し切ってくれました。ここまで惜しい競馬が続いていただけに、まずは一つ勝たせることが出来てホッとしています。結果を残してくれましたし、この後は一旦放牧に出させていただく方向で考えています」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレア

7/12  NF空港
9日にNF空港へ放牧に出ました。この後は昨年好走歴がある札幌での出走を目指している本馬ですが、今後も含めてスムーズな入退厩を目指すためにも、このタイミングで活躍馬を多く管理する高野友和厩舎から西村真幸厩舎へ転厩することになりました。新天地で新たな面を引き出してもらえればと考えておりますので、会員の皆様におかれましても何卒ご理解のほどお願い申し上げます。


7/8  函館競馬場
8日の函館競馬ではスタートのタイミングが合わず後方から。2頭で体を並べながら押し上げて行ったものの前半のロスが響き8着まで。

「前回は好位からの競馬ができましたが、一度使われたことで馬の気持ちがやや高ぶっていたようで、ゲートの中の体勢が整いきれないところがありました。小柄な馬なのでゲート内のスペースに余裕も生まれがちで、中で動いている時にスタートを切られてしまったんです。ただ、遅れはしましたけれど、終いにかけての走りには見どころがあったように思います。前回は前に行って後半に勢いが鈍っていましたが、今回の競馬で溜めどころを作ってあげられれば終いに来そうと思えました。今日はスタートのタイミングが合わなかったことが響きましたけれど、落ち着いて臨んで脚の使いどころを教えられれば良さを出せるのではないかと感じました」(坂井騎手)

「ゲートで後ろにモタれた時にスタートが切られてしまいましたね…。状態は決して悪くなかったと思いますし、残念な結果に終わってしまいました。ただ、後ろからそれなりに脚は使ってくれていましたし、見どころはあったと思いますから、次はスムーズな競馬で巻き返してほしいですね。滞在とはいえ詰めて使った後ですから、いったん放牧に出してリフレッシュさせてあげようと思います」(高野師)

前回は好位からの競馬で芝での走りの良さを再確認できましたので、今回はその経験を活かしてさらなる前進を図れればと考えていました。しかし、スタートのタイミングが合わず後方から進める形となってしまいました。前回の経験を活かすことはできませんでしたが、それでもお終いの伸びが良かったことから見どころはあり、今回もまた一ついい経験になったのは確かなのではないかと考えます。なかなかスッキリとした結果を出すことができませんけれど、現級に入ってから模索している状況で少しずつ光は見えつつあります。小柄な馬なだけに使い込みづらいところがあり、そのような中で今回は中1週で連戦しましたから、この後は一度放牧に出す予定です。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


週末は4頭出走で1頭勝ち上がりと嬉しい結果が出ましたね。
サーブルノワールはまだまだ力不足で、ダート戦で継続的に使いながら足腰も鍛えていき、4~5歳でトモがパンとすれば勝ち負けになるかな…?

セドゥラマジーは若さ全開でしたね~。ゲートでそわそわし始めた時点でもしかしてと思ったら案の定でした。
一度育成牧場でしっかりと乗り込んでもう一度土台作り直してから、ゲート練習と共にレース慣れしていけば…でしょう。

ラグナアズーラは断然一番人気に応えての見事な勝利でした。関係者のみなさま、ありがとうございました。
これで暑い夏を使わなくてすみますので、リフレッシュしてから一つずつ階段を登ってほしいとことです。


マカレアは私の一口出資初の転厩となりました。
高野先生はかなり頭数抱えていますから、ここで若手で素晴らしい結果を残している西村先生に変わるのは、出走数やもう一度適条件の見直しも含めてプラスかもしれませんね。どうかよろしくお願いいたします。


大宮アルディージャVS北海道コンサドーレ札幌

・一言で表すなら福森様万歳
・ただ守備に関しては左サイドはズタボロ。福森は上がる傾向あるのに、更に早坂は裏取られやすいのでそれはもう。
・右サイドのマセード・菊池の方は危なっかしいながらもなんとか堰き止めていたので、左とそこに釣りだされて空いた中央(特に河合さん)が…。

・攻撃に関してはやはりヘイスがいるとマセードの動きに迷いがないし、宮澤も上手く配給できますね。
・チャナティップ、ジェイ、ヘイス、都倉の4人同時起用は見てみたいですね。ヘイスも昨年より走れるので、ジェイの分もカバーは出来そう。ただ、重ねて申し上げますが今のシステムでは全て生かすのは難しいかと。
・福森様、FKに関しては俊輔の域に達しつつあるかも。

2016年12月 8日 (木)

先週末のレース結果並びに今週の出走予定

レオパルディナ

12/7  NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は流れは向いたのですが、前も止まらない馬場でちょっと残念な結果になってしまいました。ただ、着順ほど差はありませんし、差す競馬が徐々に板についてきていると感じますので、また次で巻き返したいと思います。ちょっと背腰に疲れも出ているのでいったん放牧に出して、放牧先での状態次第で番組を考えていこうと思います」(高橋康師)


12/3  高橋康厩舎
3日の中京競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。直線は大外に持ち出されるとジリジリ脚を使い7着。「意識して後方で脚を溜める競馬を試みていますが、力みがあっては終いに響きます。今日はひとハロン延びたにもかかわらず、道中はリラックスした状態で走ることができていましたし、ペースが流れていたので『これは嵌まったな』と思いつつ直線に向くことができました。結果的に前には届きませんでしたが、開幕週の馬場でこれだけ脚を伸ばすことができたことは大きな収穫と言えます。こういう競馬を覚えさせ、継続していくことができれば展開ひとつで前進は十分可能だと思います」(古川騎手)

「この中間にもお話していましたがとても具合が良く、今日はそれをキープした状態で送り出すことができました。道中は結構いいペースで流れていたので上位に来れるんじゃないかと思って見ていましたが、直線入り口で前に1頭出てきたことで余計に外を回さざるを得なかったのはちょっと痛かったですね。それでも最後はしっかり差を詰めてくれましたし、こういった競馬が板についてくればやれる感触を得られたのは何よりでした。今のいい流れを結果に繋げるべく、今後もできるだけリラックスした走りができるように取り組んでいきたいと思います」(高橋康師)

オーブンで好走歴があるだけに1000万へ降級した後の成績にはもどかしいものがありました。その中で試みた脚質転換でしたが、見るべきところがある走りを見せてくれたことで一筋の光が射し込んできたように思えます。まだ教え込んでいく部分は残りますが、何とか2歳時の輝きを取り戻していきたいところです。このあとはレース後の様子を見た上で判断していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


タイムレスメロディ

2016/12/07 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:中京12月18日 芝1400m(若手)か桑名特別・芝1200m

高野友和調教師「レース後も状態は特に変わりありません。今週一杯は状態を確認しながら軽めに調整し、このまま使っていけそうなら来週の中京で出走させたいと考えています。番組的には1400mなのですが、若手騎手限定となるとなかなかいい乗り役が空いていないかもしれないので、同じ日の桑名特別も視野に入れてジョッキーを探したいと思います」


2016/12/05 <レース結果>
タイムレスメロディ
 12/4日(日)中京8R 3歳上500万下〔芝1,400m・18頭〕5着[8人気]

まずまずのスタートを切ると、やや行きたがるところを見せ、道中は8番手辺りを追走、直線は狭いところからよく脚を使って追い上げ、5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「スタートしてから前進気勢が凄くて、ハミを噛んで行きたがっていましたね。それでも最後は前が開くと、しっかり脚を使って伸びてくれました。調教の時からハミにモタれて走るところがあるみたいですし、普段から抜いて走れるように教えていき、レースでも道中ハミを抜いてリラックスして走れるようになれば、もっと良い走りができるようになると思います」

高野友和調教師「前走と違い、今回は気持ちが走る方に向き過ぎてしまいましたね。道中は宥めながらの追走でしたが、それでも最後まで脚を伸ばしてくれたので、もう少しリラックスして追走することができればもっと良い脚を使ってくれると思います。直線は少し馬群を捌くのに時間が掛かったところもありましたから、それを考えればよく5着にきてくれたと思います。このクラスでもだいぶ堅実に走れるようになってきていますし、条件が揃えばチャンスが出てくるでしょう。権利を取ることができましたが、この後はトレセンに戻って馬の状態を確認してから今後の方針を検討させていただきます」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


両馬共に最後似たような展開になってしまいましたね。レオパルディナは、リズムよく追走し後は最後の追い出しというところで2着馬がカット気味に前に入られてしまい、点火寸前で更に外に回されましたのが痛かったかなと。最後物凄い脚でしたから、すんなり回れば掲示板内で馬券内もあったかもしれません。ですが、1400という距離も問題なく伸びた面は収穫でしょう。

タイムレスメロディは直線で前5頭くらい?壁になった時点で、うん無理だねこれと。それでも壁が少しばらけた隙間から追い出してこの仔もラスト伸びて優先権取れてますし、展開合えば500万突破しそうな雰囲気です。


マカレア

12/8  高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-39秒7-26秒0-13秒1)。8日は軽めの調整を行いました。「水曜日はいつもどおり坂路を1本軽いキャンターで上がった後に、併せてしっかり追い切りました。先週が単走の追い切りで終い重点でしたし、今週は併せてビシッとやっていますが、抜群の動きとまではいかないものの、最後までしっかりした脚取りで気配はいいですね。もともと仕上がりに手間取らないタイプで、十分動ける態勢は整いました。今回は昇級戦ですし、ここでどこまでやれるかこちらも楽しみにしています。今回、鞍上は坂井騎手にお願いしています」(高野師)11日の中京競馬(犬山特別・芝1400m)に坂井騎手で出走いたします。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


セダブリランテス

2016/12/08 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで7日に時計
次走予定:今週土曜の中山・D1,800m〔内田博幸〕

手塚貴久調教師「7日の追い切りには内田騎手に騎乗してもらい、南Wコースで追走から内に併せて行いました。先週しっかりやっているので、今週は半マイルから馬なりですが、良い感じで動いていましたし、良い状態でデビュー戦を迎えられると思います。デビュー前としては、兄のモンドインテロよりもしっかりと攻め馬を行うことができています。芝でもやれそうな雰囲気はありますが、相手関係を考えるとダートの方が楽でしょうから、まずは初戦からしっかり結果を出したいところです」

内田博幸騎手「折り合いはスムーズですし、馬を気にすることなく馬体を併せていきますから、癖がなく乗りやすいですね。こちらが少しモーションを起こすとスッと反応してくれます。芝も走れそうですが、ダートでも大丈夫だと思います」

2016/12/08 <出走情報(確定)>
セダブリランテス
 12/10(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・14頭〕55 内田博幸 発走12:45
2016/12/07 <調教タイム>
セダブリランテス
 内田博 12. 7南W良 53.3- 37.9- 13.3[6]馬なり余力
  キープレイヤー(古1600万)強目の内0.1秒先着

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは3か月の休み明けの出走ですが、メンバーの方は降級馬は1頭いますが平均レベルのメンバーでしょうか。ルーキーで24勝と若手有望株の坂井騎手の手綱に期待ですね。

セダブリランテスは、調教では古馬準OP馬相手にガチでやり合えてますのでかなり上位人気になりそうな気はするのですが、新馬は走ってみて初めてメンタル面が分かってくるのでまずは無事にでしょうね。

2016年7月20日 (水)

先週末の結果

今回は時間かかりましたが、完調というわけではありませんが復帰です。あはは、ツールまだ第一ステージしか見てないわー。カヴェンディッシュがマイヨ・ジョーヌ獲得初というのは驚きでしたけど。


タイムレスメロディ 7月16日 中京9Rタイランドカップ 芝1400m 11着
出遅れもありましたが、コンディションが前回より劣る中、内が荒れて力の要る馬場だったので今回は向きませんでしたね。じっくり焦らず力を付けていきましょう。

マカレア 7月17日 函館3R3歳未勝利 芝1200m 5着
YOUは何度後方チラ見すれば気が済むんです? としか言えませんね。単勝ぶっこんでいた方怒り心頭だったかなぁと(苦笑)

2016年2月25日 (木)

3月レース予定他

痛みの方はおかげさまで良くなったのですが、代わりと申しますか事故のショックが影響したのかうわぁと思わず呻いた検査数値に。というわけで、投薬量増加につきいつものアレな日常に。
うん。コンサの試合TVで見るの絶対無理ですね。


3月の登録予定馬

ブレイクエース→3月5日(土) 小倉1000万以下 早鞆特別
マカレア→3月6日(日) 小倉未勝利1200m牝馬限定
 

コンサ開幕戦に向けてのつぶやき
SB・WBが本職ジュリーニョ、獲得した時点でいきなりスクランブルのOMF・FW起用になると予想した方いなかったでしょうね…。当時からSBとしては攻めあがるの好きで戻ってこなくね? とは言われてましたけど。

2015年10月 1日 (木)

さて、どうしよう。

ブレイクエース

9/30  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンターを2本登坂しています。「ゲート練習後も調整は順調に進んでいます。廣森調教師も言っていたように長期休養明けだけにまだ少し重さはありますが、しっかり負荷をかけることで態勢を整えていければと思います。今のところ、始動戦は来週を予定しています」(空港担当者)10月6日の門別競馬(美唄焼き鳥記念特別・ダ1700m)に出走を予定しています。


マカレア

10/1  高野厩舎
4日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に菱田騎手で出走いたします。

9/30  高野厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒7-25秒0-12秒4)。「今朝は最終調整というつもりで、坂路でサッと追い切っています。先週速い時計を出していますし、今朝は55秒程度でいいと思っていたのですが、ほぼ馬なりで53秒台と思ったよりも出てしまいました。もちろんまったく無理はさせていませんし、追い切り後もケロッとしていましたよ。デビュー戦を迎えるにあたり、十分いい仕上がりで臨めそうですし、能力的にはいきなりから楽しみなのですが、ひとつ気がかりなのが気性です。同厩舎の馬たちには仲間意識があるせいか問題なくふるまっているのですが、他厩舎の馬には気の強さをあらわにして向かって行くんです。もしかすると実戦で我を忘れてしまうかもしれませんが、うまく闘争心につながってくれれば楽しみです」(高野師)10月4日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に菱田騎手で出走を予定しています。


レオパルディナ→しがらきさんでじっくりとリフレッシュして体重増に成功。
エクディス→しがらきさんに到着後、じっくりと問題なく動かせている。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


タイムレスメロディ→明日10月2日にしがらきさん移動の予定でしたが、明日は道内大荒れの為恐らく数日延期。

ブレイクエースの想定以上の回復ペースの早さは牧場スタッフさんと獣医師さんをはじめとする牧場の皆さまのお陰で深く感謝を申し上げます。
マカレアもかっとしなければ調教タイム比較で勝ち負け期待出来そうですよね。
レアパルディナはトレッドミル調整でリフレッシュしながらも動かして460kgまで増えて、マカレアも順調に環境に馴染みました。

タイムレスメロディもじっくり調整が上手くいって、あれだけ小さかった仔がトモの下辺りの筋肉が特に立派になっての459kg出発見込みで、レースは430~440で使えそうな気配は嬉しいの一言に尽きますね。


ここまでは良いのですが、ロードさんどうしましょうか…。
ロードアルティスタは実戦での体力不足で最後脚が干上がってましたから、地方でじっくり戦えば中央復帰の可能性は感じました。ただ、2戦して結果出なければと以前記載しましたので、再ファンドは希望しないでクラブに返信しました。

そして、ロードデスティニーなんですけど、同じ場所に裂蹄再びはもうなんと言えば…。来週更新が個人的なヤマ場です。


追記 オルレアンローズ、ドラフトに神経尖らせていた間に9月18日にノルマンディーファーム小野町に移動して調整中ですね。ローズさん気づかなくて申し訳ございませんですね(汗)

2015年6月11日 (木)

ラストピースの欠片?

9294f3a8201552982629ec14bdd2ac0_e


マカレア(ワイオラの13)

5/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本登坂しています。ここまで進めるにあたって問題となる部分はありませんし、いい状態で調教を進めることができています。精神面で更に大人になってくれると進めやすさも増してくるのでしょうが、そうした面は時間が解決するところもあるでしょう。高いスピード能力を感じさせる馬ですし、こちらも常に高い期待を持ちながら接しているところです。

5/15  NF空港
馬体重:419kg 

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本登坂しています。小柄な馬ではありますが、筋肉が付いてきたことでボリューム感が増し、繰り出す動き自体もかなり大きくなってきました。一生懸命に走るタイプですので馬体の使い方が更にわかってくれば素晴らしいフォームで坂路コースを駆け上がってくれそうです。体調面に関しては丈夫で不安はありませんし、今もっとも変わり身を見せてくれつつある1頭と言えそうです。


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


以前様子見馬終盤戦をご覧になってくださった方、大変申し訳ございませんでした。
大穴どころか欄外からのまさかの出資となりました。

ツアーの時は小柄の牝馬本命が既にいたので対象外だったのですが、5月の更新辺りからレオパルディナと同じで小さいけどダイナミックに真っ直ぐ走れているような…と感じだし、見学ではレオパルディナのような愛嬌は少々欠けてましたが走りに前向きな面が好感を持ちました。


気にする部分の血統面も父ダイワメジャーに母父サドラーズウェルズはマイナスだと思いますが、今回は小柄に出たことで祖母の血が作用されているのならスピード感ある血筋で、きっちりノーザンダンサークロスも入っていますから夏の終わりにデビュー出来れば面白い存在だと判断して出資させていただきました。


そして、タイトルの欠片? の部分は、ミリオンウィッシーズの13か格安ダート牡馬に対してです。限界ギリギリまで様子見出来そうですから、ここまで来たら最後まで見守ろうと思っています。
14年産の募集は近いですが、最後まで様子見出来るのは出資する側に対してリスク軽減になりますから。

その他のカテゴリー

J J1 J2 POG ウィッシュノート(デイトユアドリームの14) ウェブログ・ココログ関連 エクディス(マギストラの13) オルレアンローズ(テンザンローズの13) カラドゥラ(カニョットの15) グルメ・クッキング ゲーム サッカー サートゥルナーリア(シーザリオの16) サーブルノワール(マイネナデシコの14) シーザリオの16 スプランドゥール(ブルーラスターの12) スポーツ セダブリランテス(シルクユニバーサルの14) セドゥラマジー(ウイッチトウショウの15) タイムレスメロディ(アコースティクスの13) バトナージュ(フェートデュヴァンの12) ブレイクエース(キューの12) ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12) ホマレ(ドゥオナーの15) マカレア(ワイオラの13) マギストラの13 ラグナアズーラ(シルキーラグーンの14) ラプトレックス(レックスレイノスの15) ルーカス(メジロフランシスの15) レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12) レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13) ロードアルティスタ(エルテアトロの12) ロードレース ヴィーヴル(レディブラッサムの12) 一口馬主 募集馬検討 出資馬 北海道コンサドーレ札幌 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 競馬 血統・配合勉強対象馬 音楽 FMシリーズ

カテゴリー

ウェブページ

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31