無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

カテゴリー「マカレア(ワイオラの13)」の5件の記事

2016年12月 8日 (木)

先週末のレース結果並びに今週の出走予定

レオパルディナ

12/7  NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は流れは向いたのですが、前も止まらない馬場でちょっと残念な結果になってしまいました。ただ、着順ほど差はありませんし、差す競馬が徐々に板についてきていると感じますので、また次で巻き返したいと思います。ちょっと背腰に疲れも出ているのでいったん放牧に出して、放牧先での状態次第で番組を考えていこうと思います」(高橋康師)


12/3  高橋康厩舎
3日の中京競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。直線は大外に持ち出されるとジリジリ脚を使い7着。「意識して後方で脚を溜める競馬を試みていますが、力みがあっては終いに響きます。今日はひとハロン延びたにもかかわらず、道中はリラックスした状態で走ることができていましたし、ペースが流れていたので『これは嵌まったな』と思いつつ直線に向くことができました。結果的に前には届きませんでしたが、開幕週の馬場でこれだけ脚を伸ばすことができたことは大きな収穫と言えます。こういう競馬を覚えさせ、継続していくことができれば展開ひとつで前進は十分可能だと思います」(古川騎手)

「この中間にもお話していましたがとても具合が良く、今日はそれをキープした状態で送り出すことができました。道中は結構いいペースで流れていたので上位に来れるんじゃないかと思って見ていましたが、直線入り口で前に1頭出てきたことで余計に外を回さざるを得なかったのはちょっと痛かったですね。それでも最後はしっかり差を詰めてくれましたし、こういった競馬が板についてくればやれる感触を得られたのは何よりでした。今のいい流れを結果に繋げるべく、今後もできるだけリラックスした走りができるように取り組んでいきたいと思います」(高橋康師)

オーブンで好走歴があるだけに1000万へ降級した後の成績にはもどかしいものがありました。その中で試みた脚質転換でしたが、見るべきところがある走りを見せてくれたことで一筋の光が射し込んできたように思えます。まだ教え込んでいく部分は残りますが、何とか2歳時の輝きを取り戻していきたいところです。このあとはレース後の様子を見た上で判断していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


タイムレスメロディ

2016/12/07 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:中京12月18日 芝1400m(若手)か桑名特別・芝1200m

高野友和調教師「レース後も状態は特に変わりありません。今週一杯は状態を確認しながら軽めに調整し、このまま使っていけそうなら来週の中京で出走させたいと考えています。番組的には1400mなのですが、若手騎手限定となるとなかなかいい乗り役が空いていないかもしれないので、同じ日の桑名特別も視野に入れてジョッキーを探したいと思います」


2016/12/05 <レース結果>
タイムレスメロディ
 12/4日(日)中京8R 3歳上500万下〔芝1,400m・18頭〕5着[8人気]

まずまずのスタートを切ると、やや行きたがるところを見せ、道中は8番手辺りを追走、直線は狭いところからよく脚を使って追い上げ、5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「スタートしてから前進気勢が凄くて、ハミを噛んで行きたがっていましたね。それでも最後は前が開くと、しっかり脚を使って伸びてくれました。調教の時からハミにモタれて走るところがあるみたいですし、普段から抜いて走れるように教えていき、レースでも道中ハミを抜いてリラックスして走れるようになれば、もっと良い走りができるようになると思います」

高野友和調教師「前走と違い、今回は気持ちが走る方に向き過ぎてしまいましたね。道中は宥めながらの追走でしたが、それでも最後まで脚を伸ばしてくれたので、もう少しリラックスして追走することができればもっと良い脚を使ってくれると思います。直線は少し馬群を捌くのに時間が掛かったところもありましたから、それを考えればよく5着にきてくれたと思います。このクラスでもだいぶ堅実に走れるようになってきていますし、条件が揃えばチャンスが出てくるでしょう。権利を取ることができましたが、この後はトレセンに戻って馬の状態を確認してから今後の方針を検討させていただきます」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


両馬共に最後似たような展開になってしまいましたね。レオパルディナは、リズムよく追走し後は最後の追い出しというところで2着馬がカット気味に前に入られてしまい、点火寸前で更に外に回されましたのが痛かったかなと。最後物凄い脚でしたから、すんなり回れば掲示板内で馬券内もあったかもしれません。ですが、1400という距離も問題なく伸びた面は収穫でしょう。

タイムレスメロディは直線で前5頭くらい?壁になった時点で、うん無理だねこれと。それでも壁が少しばらけた隙間から追い出してこの仔もラスト伸びて優先権取れてますし、展開合えば500万突破しそうな雰囲気です。


マカレア

12/8  高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-39秒7-26秒0-13秒1)。8日は軽めの調整を行いました。「水曜日はいつもどおり坂路を1本軽いキャンターで上がった後に、併せてしっかり追い切りました。先週が単走の追い切りで終い重点でしたし、今週は併せてビシッとやっていますが、抜群の動きとまではいかないものの、最後までしっかりした脚取りで気配はいいですね。もともと仕上がりに手間取らないタイプで、十分動ける態勢は整いました。今回は昇級戦ですし、ここでどこまでやれるかこちらも楽しみにしています。今回、鞍上は坂井騎手にお願いしています」(高野師)11日の中京競馬(犬山特別・芝1400m)に坂井騎手で出走いたします。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


セダブリランテス

2016/12/08 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで7日に時計
次走予定:今週土曜の中山・D1,800m〔内田博幸〕

手塚貴久調教師「7日の追い切りには内田騎手に騎乗してもらい、南Wコースで追走から内に併せて行いました。先週しっかりやっているので、今週は半マイルから馬なりですが、良い感じで動いていましたし、良い状態でデビュー戦を迎えられると思います。デビュー前としては、兄のモンドインテロよりもしっかりと攻め馬を行うことができています。芝でもやれそうな雰囲気はありますが、相手関係を考えるとダートの方が楽でしょうから、まずは初戦からしっかり結果を出したいところです」

内田博幸騎手「折り合いはスムーズですし、馬を気にすることなく馬体を併せていきますから、癖がなく乗りやすいですね。こちらが少しモーションを起こすとスッと反応してくれます。芝も走れそうですが、ダートでも大丈夫だと思います」

2016/12/08 <出走情報(確定)>
セダブリランテス
 12/10(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・14頭〕55 内田博幸 発走12:45
2016/12/07 <調教タイム>
セダブリランテス
 内田博 12. 7南W良 53.3- 37.9- 13.3[6]馬なり余力
  キープレイヤー(古1600万)強目の内0.1秒先着

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


マカレアは3か月の休み明けの出走ですが、メンバーの方は降級馬は1頭いますが平均レベルのメンバーでしょうか。ルーキーで24勝と若手有望株の坂井騎手の手綱に期待ですね。

セダブリランテスは、調教では古馬準OP馬相手にガチでやり合えてますのでかなり上位人気になりそうな気はするのですが、新馬は走ってみて初めてメンタル面が分かってくるのでまずは無事にでしょうね。

2016年7月20日 (水)

先週末の結果

今回は時間かかりましたが、完調というわけではありませんが復帰です。あはは、ツールまだ第一ステージしか見てないわー。カヴェンディッシュがマイヨ・ジョーヌ獲得初というのは驚きでしたけど。


タイムレスメロディ 7月16日 中京9Rタイランドカップ 芝1400m 11着
出遅れもありましたが、コンディションが前回より劣る中、内が荒れて力の要る馬場だったので今回は向きませんでしたね。じっくり焦らず力を付けていきましょう。

マカレア 7月17日 函館3R3歳未勝利 芝1200m 5着
YOUは何度後方チラ見すれば気が済むんです? としか言えませんね。単勝ぶっこんでいた方怒り心頭だったかなぁと(苦笑)

2016年2月25日 (木)

3月レース予定他

痛みの方はおかげさまで良くなったのですが、代わりと申しますか事故のショックが影響したのかうわぁと思わず呻いた検査数値に。というわけで、投薬量増加につきいつものアレな日常に。
うん。コンサの試合TVで見るの絶対無理ですね。


3月の登録予定馬

ブレイクエース→3月5日(土) 小倉1000万以下 早鞆特別
マカレア→3月6日(日) 小倉未勝利1200m牝馬限定
 

コンサ開幕戦に向けてのつぶやき
SB・WBが本職ジュリーニョ、獲得した時点でいきなりスクランブルのOMF・FW起用になると予想した方いなかったでしょうね…。当時からSBとしては攻めあがるの好きで戻ってこなくね? とは言われてましたけど。

2015年10月 1日 (木)

さて、どうしよう。

ブレイクエース

9/30  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンターを2本登坂しています。「ゲート練習後も調整は順調に進んでいます。廣森調教師も言っていたように長期休養明けだけにまだ少し重さはありますが、しっかり負荷をかけることで態勢を整えていければと思います。今のところ、始動戦は来週を予定しています」(空港担当者)10月6日の門別競馬(美唄焼き鳥記念特別・ダ1700m)に出走を予定しています。


マカレア

10/1  高野厩舎
4日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に菱田騎手で出走いたします。

9/30  高野厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒7-25秒0-12秒4)。「今朝は最終調整というつもりで、坂路でサッと追い切っています。先週速い時計を出していますし、今朝は55秒程度でいいと思っていたのですが、ほぼ馬なりで53秒台と思ったよりも出てしまいました。もちろんまったく無理はさせていませんし、追い切り後もケロッとしていましたよ。デビュー戦を迎えるにあたり、十分いい仕上がりで臨めそうですし、能力的にはいきなりから楽しみなのですが、ひとつ気がかりなのが気性です。同厩舎の馬たちには仲間意識があるせいか問題なくふるまっているのですが、他厩舎の馬には気の強さをあらわにして向かって行くんです。もしかすると実戦で我を忘れてしまうかもしれませんが、うまく闘争心につながってくれれば楽しみです」(高野師)10月4日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に菱田騎手で出走を予定しています。


レオパルディナ→しがらきさんでじっくりとリフレッシュして体重増に成功。
エクディス→しがらきさんに到着後、じっくりと問題なく動かせている。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


タイムレスメロディ→明日10月2日にしがらきさん移動の予定でしたが、明日は道内大荒れの為恐らく数日延期。

ブレイクエースの想定以上の回復ペースの早さは牧場スタッフさんと獣医師さんをはじめとする牧場の皆さまのお陰で深く感謝を申し上げます。
マカレアもかっとしなければ調教タイム比較で勝ち負け期待出来そうですよね。
レアパルディナはトレッドミル調整でリフレッシュしながらも動かして460kgまで増えて、マカレアも順調に環境に馴染みました。

タイムレスメロディもじっくり調整が上手くいって、あれだけ小さかった仔がトモの下辺りの筋肉が特に立派になっての459kg出発見込みで、レースは430~440で使えそうな気配は嬉しいの一言に尽きますね。


ここまでは良いのですが、ロードさんどうしましょうか…。
ロードアルティスタは実戦での体力不足で最後脚が干上がってましたから、地方でじっくり戦えば中央復帰の可能性は感じました。ただ、2戦して結果出なければと以前記載しましたので、再ファンドは希望しないでクラブに返信しました。

そして、ロードデスティニーなんですけど、同じ場所に裂蹄再びはもうなんと言えば…。来週更新が個人的なヤマ場です。


追記 オルレアンローズ、ドラフトに神経尖らせていた間に9月18日にノルマンディーファーム小野町に移動して調整中ですね。ローズさん気づかなくて申し訳ございませんですね(汗)

2015年6月11日 (木)

ラストピースの欠片?

9294f3a8201552982629ec14bdd2ac0_e


マカレア(ワイオラの13)

5/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本登坂しています。ここまで進めるにあたって問題となる部分はありませんし、いい状態で調教を進めることができています。精神面で更に大人になってくれると進めやすさも増してくるのでしょうが、そうした面は時間が解決するところもあるでしょう。高いスピード能力を感じさせる馬ですし、こちらも常に高い期待を持ちながら接しているところです。

5/15  NF空港
馬体重:419kg 

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで2本登坂しています。小柄な馬ではありますが、筋肉が付いてきたことでボリューム感が増し、繰り出す動き自体もかなり大きくなってきました。一生懸命に走るタイプですので馬体の使い方が更にわかってくれば素晴らしいフォームで坂路コースを駆け上がってくれそうです。体調面に関しては丈夫で不安はありませんし、今もっとも変わり身を見せてくれつつある1頭と言えそうです。


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


以前様子見馬終盤戦をご覧になってくださった方、大変申し訳ございませんでした。
大穴どころか欄外からのまさかの出資となりました。

ツアーの時は小柄の牝馬本命が既にいたので対象外だったのですが、5月の更新辺りからレオパルディナと同じで小さいけどダイナミックに真っ直ぐ走れているような…と感じだし、見学ではレオパルディナのような愛嬌は少々欠けてましたが走りに前向きな面が好感を持ちました。


気にする部分の血統面も父ダイワメジャーに母父サドラーズウェルズはマイナスだと思いますが、今回は小柄に出たことで祖母の血が作用されているのならスピード感ある血筋で、きっちりノーザンダンサークロスも入っていますから夏の終わりにデビュー出来れば面白い存在だと判断して出資させていただきました。


そして、タイトルの欠片? の部分は、ミリオンウィッシーズの13か格安ダート牡馬に対してです。限界ギリギリまで様子見出来そうですから、ここまで来たら最後まで見守ろうと思っています。
14年産の募集は近いですが、最後まで様子見出来るのは出資する側に対してリスク軽減になりますから。