無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

カテゴリー「ロードレース」の4件の記事

2015年9月15日 (火)

記録的な大逃げ

ロード観戦歴短い私ですら「異常」と言いきれる、プラサの120kmアウターギア(重いギア)のみ使用でアタック1人逃げ後続完封という凄まじいものを見せていただきました。勝利した本人ですらいかれたと言い切ってますから、あの日は神がかっていたとしか表現できません。第20ステージおめでとうございました。

総合争いはマイヨ・ロホが最後1日で勝利の女神が逃げてしまいましたね…。ジャイアント自体がスプリント・TT仕様のチームですから、クライマーのアシスト・エスケープからの合流作戦を取れなかったところで、アスタナとカチューシャの利害一致のフルボッコモードに陥落でした。特に3つ目の下りで何とか粘りきっていたところに、アスタナのアシストが体育座り待機エスケープから降りての合流後の鬼引きで一気に40秒差ついたところで心が折れて、まさかの首位から6位に転落…。デュムラン来期はどうするんでしょうかね。実質アシストなしでここまで戦えたのは事実ですから、シマノが総合系にチームカラー変えるかあくまでキッテル中心のスプリント中心を動かさず結果移籍なのか。


最終日はパレードなので変動なし…と言いたいところですが、ポイント賞がホアキンとバ師匠の差が2しかないので、モビスターガチで狙いそうですね。

2015年9月13日 (日)

終盤戦

キャロットさんの方も一段落着きましたので、終盤戦のみですがブエルタ視聴でまったりとしております。スカイの連日のトレイン集団で押し切った感のあるツールと違い、ブエルタは大接戦で秒を取りに行く動きが熾烈ですよね。正直なところ、シマノの選手が終盤でトップ走っているのことに、ロードレースの世界に疎い私でも違和感が。スプリントとTTに強い印象しかないんですけど…。一日遅れの視聴で録画消化出来るまで後2ステージですが、のんびりと楽しみたいですね。


そして、13試合ぶりの勝利のコンサドーレ。トンネル脱出まで本当に長かったですね。四方田監督就任後、直近の3試合のシュート数、その中でもon targetが4・6・4と何故これで無得点と苦笑いするしかありませんのでしたが、今回の複数得点が1つの峠越えとして突き進んでほしいですね。プレーオフ進出まで残された試合は11しかないのですから。

2015年7月30日 (木)

足踏み

ラルプ・デュエズ早く見たいです。
という訳で、家族のいただきもののシークァーサーのジュースを3日連続飲んだところ、見事に血圧が下がり過ぎでダウンした結果のお預け状態です(苦笑)

その間にシルクさんの日帰りツアーが定員超えになってしまったのは誤算でしたね…。

2015年7月10日 (金)

一週目終了

ツールの第7ステージが終わり、マイヨ・ジョーヌ着用のカンチェッラーラとマルティンがリタイアと魔物の仕事早すぎだろという展開に。

第3ステージでマイヨ・ジョーヌを含む50人が集団落車した際に踏む気全開だった某チームには怒りを覚えましたが、レース再開後の道路のポール撤去していないのが出てきて、フクアリのチ○○クラッシャーを思い出し少し冷静になりました(苦笑)

しかしTTTとピレネーがまだなのにリタイア続出のこの状況、今年は黄色が呪いの色とならなければよいのですが…。