無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

カテゴリー「サートゥルナーリア(シーザリオの16)」の8件の記事

2019年9月27日 (金)

キャロットクラブ様2019年募集馬応募結果とサートゥルナーリアの次走

この度は2019年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

 9.シユーマの18               1口   一括   ×    
20.ヒルダズパッションの18          1口   一括   ○    
31.マンドゥラの18              1口   一括   ×    
42.ポロンナルワの18             1口   一括   ×    
51.バイラオーラの18             1口   一括   ×    
68.ツィンクルウ゛ェールの18         1口   一括   ×    

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

一般抽選全て落選は少々凹んでいますが、本命のヒルダズパッションの18当選
にはほっとしましたので、満足度90%の結果ですね。


そして、サートゥナーリアは次ジャパンカップだと思っていたので天皇賞秋は正直驚きました。
前走ダメージなかったようですし、ステップレース→天皇賞秋→ジャパンカップの3歳秋中距離王道ローテ
に挑戦かもしれませんね。

2019年5月22日 (水)

サートゥルナーリア最終追いきり

サートゥルナーリア

 

19/5/22  角居厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手を1馬身ほど追走して、並びかけるところでは敢えて触れるぐらい近づいていったのですが、冷静なまま折り合っていましたよ。直線を向いてからはスッと反応して最後は楽に抜け出しました。思惑どおりの追い切りができましたし、ここまで順調そのものです。あとはレースまでしっかりコンディションを整えていきます」(小滝助手)26日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)にレーン騎手で出走を予定しています。

 

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

 

 

関係者の皆さまのご尽力のおかげで心身ともに素晴らしい状態で週末を迎えることができそうですね。
私自身は緊張で落ち着かない日々ですが、自分の出資スタイルでこんな機会を味わうことが出来るのは早々ないことですので、喜びと感謝を忘れずに勝負の日を待ちたいですね。

 

 

2018年12月28日 (金)

サートゥルナーリア、無傷の3連勝でGⅠ初制覇。

サートゥルナーリア

18/12/28  中竹厩舎

28日の中山競馬では抜群のスタートを切るも、道中は前に馬を置いてリズムを整える。直線では狭くなったが難なく抜け出して見事優勝。「ゲートを出て一度先頭に立ちましたが、初めての条件だったので慎重に運びました。道中の折り合いは問題なかったですし、しっかりと控えてリズムを整えられました。最後は狭くなったけど、本当に強かったですね。馬体は増えていたようですが、調教の時から太い感じはなかったので、成長分でしょう。来年も楽しみですね。今日は寒い中、応援ありがとうございます」(M.デムーロ騎手)

「初めての長距離輸送でしたが、落ち着いた状態でレースへ臨めたと思います。2000mの距離やコーナー4つなども何ら問題なく、素晴らしい走りを見せてくれましたし、来年も本当に楽しみですね。レース後の曳き馬の際に右前肢の落鉄は見られたものの、極端に気になることはなかったですし、まずはトレセンに帰ってしっかりとレース後のケアをしていきます。今日は優勝、誠におめでとうございます」(上村技術調教師)

初めての長距離輸送や条件でしたが、この馬のポテンシャルの前には要らぬ心配だったのか、直線では狭いところから楽に抜け出して堂々先頭でゴール板を駆け抜けてくれました。今日の走りからも来年がさらに楽しみになったと言えるでしょうし、このままいい流れを保って来年のクラシックに向かっていきたいです。今後はレース後の心身の状態をしっかりと確認してからリフレッシュ期間を設ける考えです。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


嬉しすぎて、強い勝ち方だったとしか言えないです。私の語彙力では。
レースのレベル・全体のラップ推移等詳しい分析は、データサイトにお邪魔してまたゆっくり浸りたいと思います。
昨年のセダブリランテス重賞初制覇の時と同じように、涙は勝手に流れてくるものなんですね。


2018年12月27日 (木)

2年連続のホープフルS出走

サートゥルナーリア

18/12/26  中竹厩舎

26日は軽めの調整を行いました。「ホープフルSに向けて月曜日に最終追い切りを行いました。単走で4ハロン52秒5-37秒6-23秒8-11秒9です。先週ジョッキーを乗せてしっかりやっているので、今週は月曜に坂路単走でサラッとやるというのは当初の予定どおりです。多少馬体には余裕がある印象なので、あまり負荷が軽くなりすぎないようにだけ気をつけて乗りましたが、最後はとてもいい反応でしたよ。ここまで前走とほぼ同じステップで調教を重ねてきたのですが、前走よりもさらに精神的にどっしりして落ち着いていると感じますし、万全に仕上がったと思います」(吉岡助手)28日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


昨年のルーカスに続き2年連続の出走、出資馬のG1出走は3頭延べ5度目のレースになりますね。
レオパルディナの阪神JFから4年が経って初の勝ち負けを期待されるオッズですから緊張してます…とシンプルな感想しか思い浮かびません。何よりもまず当日は無事にレースを終えることを祈ります。

2018年6月13日 (水)

サートゥルナーリア札幌2歳Sへ。

サートゥルナーリア

6/13  角居厩舎
13日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。期待はしていましたが、初めての実戦で何が起こるか分からないという不安もありましたから、きっちり結果を出してくれて心からホッとしました。レース後は競馬を使った後とは思えないほどカイバ食いが旺盛で、ソエひとつ出ず元気いっぱいです。最後抜けだしてからの1ハロンぐらいしかまともに走っていませんし、ダメージも少ないのでしょう。この後はちょうどいい番組もありませんし、いったん放牧に出す予定です。今のところは北海道まで戻してしっかりリフレッシュさせ、札幌2歳Sも視野に入れていくと聞いています」(吉岡助手)14日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


ブレイクエース

6/13  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「今年上半期の疲れをしっかりと癒すために時間をかけていますが、ここまでの過程は悪くないように思えます。夏のうちに始動するのか、秋からにするかはまだ検討中ですが、前回からの流れを維持していきたいので慎重に判断していきます」(戸田師)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


サートゥルナーリア、リフレッシュ後もう一度判断すると思いますが、予定としては札幌2歳Sになりましたね。昨年のルーカスの新馬戦が当時思わしくなかった体調から自重しましたので、今度こそ観戦の思いが個人的ではありますが強くなってきました。

エース君は暑さが苦手というのもありますが、只今リフレッシュ中です。ひとつ疑問なのが、暑さに弱いなら夏の新潟か秋の中山じゃなく、夏の函館・札幌の方が気温マシのような気も…。

2018年6月10日 (日)

サートゥルナーリア、新馬戦優勝。

サートゥルナーリア

6/10  角居厩舎
10日の阪神競馬では好スタートも周囲を見ながら好位の内を追走。そのまま直線へ向き、前が開いたところで抜け出しを図るとそのまま後続を突き放して優勝。

「ありがとうございました。すごく強いですね。ちょっと行きたがりそうな雰囲気だったので、スタートはポンと出てくれたけれど、折り合いに専念して運びました。途中物見をしているような感じでうまく気持ちが抜けて落ち着いてくれたので、あとは直線どこが開くかだけでした。最後は楽でしたよ。これからが楽しみです」(M.デムーロ騎手)

単勝1.1倍と圧倒的な支持を受けてのデビューになりましたが、見事期待に応える走りを見せてくれました。パドックでは1頭古馬のような落ち着きでしたが、競馬ではいい活気もあり、ポテンシャルの高さを感じるレースだったと思います。この後についてはまず馬体をよく確認してから検討していきます。 

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


まずは無事に走り終えてほっとしました。
内容自体も素人目線ですが、好スタートとテンの速さであっさりと先頭立てたのでそのまま馬なりに逃げていけばもっと着差をつけることができたかもしれませんが、競馬教える為に馬群の内コースで番手追走、最後の直線で行き場無くしかけましたが前が空いた瞬間にスッと反応して一気に先頭に立ってそのまま流してますから、消耗少ないうえにレース経験積めた素晴らしい内容だと思いました。

2018年6月 8日 (金)

サートゥルナーリア、6月10日デビュー。

サートゥルナーリア

6/7  角居厩舎
10日の阪神競馬(2歳新馬・芝1600m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

6/6  角居厩舎
6日は栗東CWコースで追い切りました。「先々週、先週としっかり時計を出してきてほぼ馬は仕上がっているので、今朝はもう速い時計は必要ないということで、ジョッキーを乗せて感触を掴んでもらう程度の調教を行いました。併せ馬で馬なり程度という内容でしたが、普通キャンターのような楽な走りでもラスト1ハロンは12秒台をマークしていました。ジョッキーも『すごいパワー』と驚いていましたよ。びっくりするぐらい何も心配事がなくここまで来ることができましたし、あとは競馬に向けてしっかりコンディションを整えていい状態で出走できるように努めていきます」(吉岡助手)10日の阪神競馬(2歳新馬・芝1600m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


当日は9頭立ての発走になります。贅沢かもしれませんが、無事に走り終えることに加えて新馬戦の勝利を願っております。

2018年6月 1日 (金)

サートゥルナーリア一週間前追いきりでアクシデント?

5/30  角居厩舎
30日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝もCWコースで3頭併せを行いました。道中はゆったりしたペースから直線終い仕掛ける程度の内容でしたが、ゴール前でちょっとごちゃついたとはいえ1頭だけ楽に抜け出してさすがという動きでした。僕は併せた方の馬に乗っていたのですが、最後はいくら追っても追いつかないなというぐらいの手応えでしたよ。ここまでは順調そのものと言っていいでしょう」(前川助手)6月10日の阪神競馬(2歳新馬・芝1600m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

18/5/30
(水) 助手
栗東CW・良 84.7 - 67.6 - 52.1 - 38.0 - 11.8
トーセンビクトリー(古オープン)直強目の内を0.5秒追走5F併0.6秒先着 一杯に追う(7)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


今週出走予定の川田騎手騎乗のペルシアンナイト含む池江先生の馬達とたまたま併せた形になって、ペルシアンナイトからは最後遅れたとはいえ食らいついてましたね。
これだけ動ければ来週のデビュー戦一番人気必至でしょうねぇ…。

その他のカテゴリー

J J1 J2 POG ウィッシュノート(デイトユアドリームの14) ウェブログ・ココログ関連 エクディス(マギストラの13) オルレアンローズ(テンザンローズの13) カラドゥラ(カニョットの15) グルメ・クッキング ゲーム サッカー サートゥルナーリア(シーザリオの16) サーブルノワール(マイネナデシコの14) シーザリオの16 スプランドゥール(ブルーラスターの12) スポーツ セダブリランテス(シルクユニバーサルの14) セドゥラマジー(ウイッチトウショウの15) タイムレスメロディ(アコースティクスの13) バトナージュ(フェートデュヴァンの12) ブレイクエース(キューの12) ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12) ホマレ(ドゥオナーの15) マカレア(ワイオラの13) マギストラの13 ラグナアズーラ(シルキーラグーンの14) ラプトレックス(レックスレイノスの15) ルーカス(メジロフランシスの15) レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12) レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13) ロードアルティスタ(エルテアトロの12) ロードレース ヴィーヴル(レディブラッサムの12) 一口馬主 募集馬検討 出資馬 北海道コンサドーレ札幌 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 競馬 血統・配合勉強対象馬 音楽 FMシリーズ

カテゴリー

ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30